明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

10

2017

悲しみの味は蜜の味? つかつく

花束を君に〜21の翼〜 ありがとう企画第一弾。...

05

2017

紅蓮 101 つかつく

お帰りなさいませ沢山の使用人が一斉に頭を垂れる。宗谷に抱きかかえられながら「とぉしゃま、ココは?」 「うんっ?ここはね、父様の育った屋敷だよ」「そだぁった?」「あぁ、父様は、ここで生まれて、ここで大きくなったんだよ。そうそう父様と母様が出会ったのもここの屋敷だったんだよ」「であった?」「そうだよ。いまの永久くらいの時に、父様と母様は出会ったんだよ」「とぁしゃまとかぁしゃまが?」「あぁ、だからここに...

18

2017

紅蓮 100 つかつく

「ちょ__う、き…れ…ぇ」 美繭の口から久しぶりに出た言葉に、後ろに居た男が嬉しそうに答える。 「あぁ、綺麗だね。美繭は小さな時から蝶が好きだったもんな」 男は青いアゲハを見つめる。アゲハは、美繭の周りをヒラヒラと美しく舞う様に飛んでいる。 精神が壊れた美繭の顔は、闇の世界の美容整形医の手によって、眼球に施された人工虹彩は抜き取られ、玲久と似せるために施されていた鼻と顎の人工プロテーゼが取...

17

2017

紅蓮 99 つかつく

動きを止めていた歯車が一斉に動き出す。 車椅子に座った女の周りをヒラヒラと青いアゲハが舞っている。 女は、青いアゲハに指を伸ばしニッコリと微笑む。 その顔には、苦悩も悲しみも___なにもない。 そこに居るのは美しく綺麗な人形…… 辛い事も 苦しい事も全て忘れ、 ただ微笑んでいる人形だ。 __玲を出産した美繭は、出産の影響からなのか? 作り上げ植え付けられた玲久の人生全てを忘...

16

2017

紅蓮 98 つかつく

「パパ〜」美しい髪をサラサラと靡かせながら、玲が近づいて来る。満面の笑みで両手を広げて「玲」愛しい息子の名を呼び抱き上げる。「パパ、おひげがくしゅぐったいよ」クスクス笑う玲の頬に顎を態と擦り付ければ、「もう、おかえし」そう言いながら小さな手で首もとをくすぐろうとする。誰が教えた訳じゃないのに___玲久が俺にした事と同じ事をする。恨んだ神に感謝をしたのは、玲が産まれた瞬間だった。玲は不思議な事に生物...

16

2017

紅蓮 97 つかつく

クルクルな髪? 遺伝子? 何を言っているのかが理解出来ずに、スマホを持ったまま阿呆のように類を見つめれば 「……司、俺、そっちの趣味はないからあんまり見つめないでよ」 類が大袈裟に眉を顰めながら口にする。 「あっ、ワリィ」 冷静に考えれば俺全くもって悪くなんてないのに、そう口に出して謝っていた。 「司が素直に謝るなんて___虹色の太陽が出ちゃうかもね。クククッ」 何が可笑しいの...

11

2017

紅蓮 96 つかつく

「……つくしが……娘を…連れて……帰って…くる……」 類の言葉を反芻するように繰り返えせば 「牧野の産んだ子、娘らしいんだけど。牧野以上に外に出さない。もうじき3つになるらしいんだけど……一度も正式にお披露目は無し。お披露目が無しどころか、写真一枚出回らないし、娘の世話をするのも限られた者のみらしいよ。宗谷家の極秘事項って...

08

2017

紅蓮 95 つかつく

「奥様はお幸せでございますね」 この言葉を言われる度にあたしは、どこか宙ぶらりんな気持ちになりながら俯き微笑む。 言葉を放ったものは、それを恥じらいとでもとるのだろうか?至極満足げに微笑みながら頷くのだ。 そう、あたしは〝幸せ〟なのだ。 夢物語のように小ちゃな頃の初恋が実った。若くして莫大な富と名声を持つ夫がこよなく愛する妻という立場。美しく利発に育っている娘。 誰もが羨む 〝幸せ〟 ...

02

2017

紅蓮 94 つかつく

八の字を書きながら真っ青な空にツバメが飛んでいる。 後ろから付いて歩く母親に見守られながら、幼子がおぼつかない足取りで一歩一歩足を前に進めている。 「永久(とわ)」 幼子を呼ぶ優しい声がする。 永久と呼ばれた幼子は目をキラキラと輝かせながら上を見上げ、満面の笑みを浮かべながら手を伸ばし抱っこをせがむ 「とぉしゃま」 とぉしゃまと呼ばれた男は、手を伸ばし永久の身体を宝物を抱くように抱...

15

2017

紅蓮 93 つかつく

頷かなければ良かった。 でも、黒真珠のような大きな瞳で真っ直ぐに見つめられれば、頷くしかなかった。 玲久の瞳が好きだった。真っ直ぐに俺を見る瞳。 違う。玲久の全てが好きだった。髪の毛一本だって玲久のものなら愛おしかった。 玲久、玲久、玲久___会いたい 会って抱き締めたい。 玲久、玲久、玲久  *-*-*-*-*-* 美繭が己の命を断とうと手首を切ったあの日あの時、設楽夫妻は宗谷の...

14

2017

紅蓮 92 つかつく

美繭の腹に手を当てながら__♪おろろん おろろん おろろんおろろん おろろんよおろろん おろろん おろろんおろろん おろろん おろろんよ♪玲久がよく口ずさんでいた子守唄を歌う。これから生まれる玲久の血をひく子供に思いを馳せながら。玲久と最も近い遺伝子をもつ宗谷の精子がどうしても欲しかった。生まれなかった我が子の代わりに?  玲久の代わりに?自分でも解らない。解っているのは、死を許されないのならば、こ...

15

2017

紅蓮 91 つかつく

「玲久__」 何万回、君の名を呼んだだろう。 何万回、アイシテルと伝えただろう。 それでも足りずに何度も、何度も名を呼び、何度も、何度もアイシテルと伝えた。 会いたい 会いたい____ もう一度、玲久、君にアイタイ そして、君の名を呼び、もう一度アイシテルと伝えたい。 君を失ったあの日 ___俺は君だけでなくもう一つの大事なものを失った。 生きていけないと思った俺をこの世の中に引き止めた...

12

2017

紅蓮 90 つかつく

夢の中で、誰かがあたしに手を差し伸べている。この手を掴めたら、あたしは幸せになれる。そう解っているのに夢の中のあたしは、その人の手を取らない。その手を取りたいと願うのに、掴めない。夢の中のあたしは、この手の持ち主を心の底から愛してる筈なのに「あぁっーーー」「つくし、つくし、どうした?」優しく身体を揺さぶられ、あたしは目を覚ます。「凌さん__あたし、あたし、手を掴めなかったの」「何を言ってるんだい?...

10

2017

紅蓮 89 つかつく

日々大きくなるお腹を摩りながら幸せに酔い痴れる。不確かな自分の中に芽生えた確かなものの存在。それだけでなんて幸せなのだろう。このお腹の中の子は、何も考えなくてもいいと私を楽にしてくれるのだ。日本に来て体外授精を設楽から持ち掛けられた時___記憶の失った私が親になるなんて出来ないと断った。「だからこそ、確かなものを二人で築き上げていこう」そう言われて、どうせ籠の鳥ならばでも__決めて良かった。今なら...

09

2017

紅蓮 88 つかつく

宗谷が呼称を〝私〟から〝俺〟に変えたのは、何を思ってだったのだろうか?結婚してからずっと住んでいた本邸を出て、宗谷家にとっては小さな洋館に住まいを変えた。とは言え、広大な敷地の中に立てられた洋館は、一見、自由そのものに見えるのだが中から外に出る事も、外から中に入る事も宗谷の赦しを得なくては、難しい作りになっている。いつから計画されていたのか? 母屋から渡り廊下で繋がった建物の中には、最新機器の揃っ...

01

2017

紅蓮 87 つかつく

つくしが記憶を失い一月以上が経つ。 虚ろなつくしの心に、毎日のように嘘の記憶を植え付けていく。 「ご両親の都合で俺とつくしとは、一時期離れ離れになったんだよ」 「そうなの?」 キョトンとしながらつくしが聞き返せば 「あぁそれまでは、ずっと一緒だったんだよ__ ただ、そのあと直ぐに、俺も祖父母と共に居を移したから、大人になるまで再会できなかったんだよ」 「なんで__あたし覚えてないのかな__...

28

2017

紅蓮 86 つかつく

人は、愛する者を失った時、どこかに憎しみの対象をおかなければ心が壊れてしまう。宗谷にとって、己の心を守る為に憎む対象が、つくしと司の二人の愛だったのだ。切っ掛けは、美繭が羨ましそうに洩らした言葉「あんなキレイな恋……私もしてみたかったなぁ」耳について離れなかった言葉。 美繭を失った後、その言葉が何度も蘇った。その言葉を思い出す度に、自分の恋心がどれほどに邪で狂っていたかを、己の思いを遂げる事がどれだ...

25

2017

紅蓮 85 つかつく

二卵性双生児で産まれた二人の容姿は、ウエヌスのえくぼを除いて似ていなかった。性別も容姿も違う二人が双子だと知るものは、極々限られた人物だけだった。影は、玲久と名付けられ、双子を取り上げた医師と双子の母と乳兄弟であった絢子の実子として渡米した。宗谷家を継ぐものは、一人で構わないのだから。いざと言う時のスペアは、普段は必要のない影なのだ。宗谷凌は、宗谷家の跡取りとして育てられた。親の愛を殆ど知らずに成...

23

2017

紅蓮 84R つかつく

目の前で美しく笑う妻を愛していた。妻に良く似た娘が誕生し幸せの絶頂に居た。男の幸せに影が差したのは愛する娘の身体ウェヌスのえくぼを見つけた時だった__妻にも、男にもない腰に並んだえくぼ。親友だった男の腰に2つくっきりと並んでいたえくぼ。膨れ上がる疑心暗鬼の心を晴らすために、秘密裏にDNA鑑定を行った。結果は___100パーセントの親子関係の否定。愛する妻が、時折見せていた淋しそうな瞳の理由全て理解した。...

20

2017

イノセント Fin 司つく 

つくしは、司にピタリと身体をくっ付けて目を閉じる。 そんなつくしが愛おしくて愛おしくて__司はつくしをギュッと抱き締め目を閉じる。 もう暗闇は怖くない。 つくしには司が、司にはつくしがいるから。 二人の身体に、心に、穏やかな眠りが訪れる。 真っ白なお月さまが、二人の幸せそうに眠る顔を照らしている。 軽やかな二人の寝息が微かに聞こえる。 *-*-*-*-* 燦々と輝く朝陽の中、二人同時に目を覚ま...

19

2017

イノセント 78R 司つく

「……ま、ま、牧野?」 「牧野じゃない……つくし」 耳元でピチャピチャと耳孔を舐める音と、つくしの艶かしい声がする。  堕ちていく 堕ちていく  快楽に堕ちていく 「つ、く…し」 つくしは全てを包みこむように、妖しく笑いながら愛を囁く。 「司を愛してる…...」 愛してるの声が甘い麻薬のように司の耳に響く。 「つくし……」 首元をつくしの舌が蛇のように這う。 「ねぇ、司、愛して…る…愛してる…愛...

18

2017

イノセント 77 司つく

着いた先は__色とりどりの下着が並ぶランジェリーショップ 2時間後___沢山のランジェリーとナイトウェアをそれぞれが抱えていた。 「さぁ、あんま遅くなると司がヤキモチ妬くからね~」 邸に戻れば……滋の言う通り司がピキピキしながら待っていた。 「滋、遅いぞ! 周防がさっきからソワソワしてるぞ」 周防が隣りで眉間に皺を寄せながら首を振る。滋もホンファも笑いを噛み殺しながら 「まぁ...

17

2017

イノセント 76 司つく

天井のファンがカタカタと音を立てながら回っている。窓越しにはアスファルトからゆらゆらとした陽炎が上がっているのが見える。 つくしは、ぼんやりとその光景を眺めながら、外は今日も、うだるような暑さなんだろうな……そんなどうでもい事を考えていた。 黙り混むつくしはお構い無しとばかりに 「でもさぁ、皆の話しを追憶してあの日の純粋な気持ちを取り戻したんだから、ある意味凄いよね」 「あらっ、追憶...

16

2017

イノセント 75 司つく

「つくし?大丈夫?気分悪くなった?」 ホンファが心配そうにつくしの顔を覗き込む。 「ううん。大丈夫__あたし、雅哉さんの事、道明寺を吹っ切るために中途半端に受け入れてたんじゃないかって……結果的にそんな気持ちが雅哉さんを追い詰めたんだって、申し訳なくて仕方なかったの」 「つくし___」 「……ホンファさん、千里さんに会ったら__ありがとうって伝えておいてくれないかな」...

15

2017

イノセント 74 司つく

「で、で、で、司の事で相談ってなに?」 バナナの皮に盛られたブリヤニライスにフィッシュ・ヘッド・カレーをかけながら、滋がつくしに聞いて来る。 「うーーん。ま、ま、先ずはカレーを食べてから。あっ、ホンファさんあたしに何か話しがあるって言ってたけど」 「ぁあ、うーーん、それこそ私の話しは、カレーを食べてからがいいかな」 「あらあらっ、二人とも歯切れが悪いんだ。 あっ、コレ美味しいね~」 「あ...

13

2017

イノセント 73 司つく

「つくし~」 滋とホンファの声がして司が軽く眉を顰める。その様が可笑しいと後から来た周防が笑う。 つくしが目覚めてからよく見られる光景だ。 「ドウミョウジ、心配しないで__ラブラブな二人の邪魔をするほど飢えてないから」 ウィンクをしながらホンファがイタズラ気に笑う。 「……でも、つくしがその気なら私は何時でもつくしを受け入れてよ」 ホンファがつくしに向き直り優しく...

12

2017

イノセント 72 司つく

「道明寺__?」 つくしが司の顔を心配そうに覗き込み 「どうした?なんかあった?」 司は柔らかく笑い 「お前と一緒に居れて、すげぇー幸せだなって」 「えっ」 つくしの頬が赤らみ__司の胸にそっと顔を埋める。司がギュッとつくしを抱き締める。 「風呂入るか?」 「うん」 司は、つくしを抱き上げてバスルームに連れて行く。最初は恥ずかしがっていたつくしだが、司がつくしの事を人任せにするの...

11

2017

イノセント 71 司つく

つくしは、再び目を覚ます。 暖かい吐息を、人の温もりを感じながら目を覚ます。 目を開ければ愛おしい人が自分を優しく抱きしめている。心がふんわりと優しく包まれる。つくしの顔に笑顔が広がっていく。 司が目を覚まし、つくしと視線が重なった。 「牧野、牧野、牧野か?」 慌てる司の声音が可笑しくて、つくしは思わずクスリと笑って 「き、こ…てる」 「あっ、ごめんっ」 司は、ゆっくりと起き上がっ...

10

2017

イノセント 70 司つく

パタンッ静かにドアが閉められて滋が部屋を出て行く音がする。開け放たれた窓から風が吹き、パタパタとシフォンのカーテンを揺らしている。椅子を引き楓は、つくしの隣りに腰掛ける。「こんな姿であなたに会うなんて……皮肉よね。ねぇ、牧野さん、私に啖呵を切った貴方はどうなさったの?もう一度あの勇姿をお見せなさい」そんな言葉を皮切りに「ずっと、お待ちしていたのよ__いつ私の前にもう一度来て下さるかって。私ね、嘘つき...

09

2017

イノセント 69 司つく

天上の調べが聞こえる。 甘く蕩けそうな声が唄を奏でている。 暖かな温もりがつくしを包む。 幸せな温もり。 いつまでもこの温もりに抱かれていたい。 深く深くつくしは、眠る。 眠りを揺り動かすように柔らかな風が頬にあたる。 「おっ、きょ…は、かおい…がい…な」 バリトンの声がしてふわりと優しく包まれる。 誰だろう?  もしかして__道明寺? うふふっ、...