明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

30

2015

Happy Halloween 前編 類つく

「イベント毎は家族で沢山楽しもうね♪」って、子供が生まれる前に2人で決めた。約束のお陰でいっぱいの写真と思い出が増えたよね…「ハァッー 田村はさぁーなに考えてんの?家族を危機にさらせたいワケ?つくしと俺が別れれば良いとでも思ってるの?もうね、俺お前を信じられないって感じでいっぱいだよ…裏切りだよ裏切り」「ル、ル、類様…」「ハァッー 音と奏の事を可愛いなんて嘘だったんだね…明日はハロウィンだって言うのに、...

30

2015

Happy Halloween 後編 類つく

「類様 おはようございます」「……田村は随分と晴れやかだけど、夕方には東京に着くように予定はちゃんと組みなおしたワケ?」「その事でございますが、昨晩つくし様が類様とご一緒されたいとお電話がございまして‥…夜9時頃になるそうですが、こちらにお越しになられるとご連絡頂いたのですが…」「えっ” つくし来るの? 昨日はそんな事言ってなかったけど」「ハロウィンなので、類様をビックリさせたいとおしゃっておりました……...

31

2015

Happy Halloween おまけの夜 R18

「…つくしいたずらしてよ。」俺の可愛い天使ちゃんは、どんないたずらをしてくれるのかな?「…」少女の様に真っ赤になって佇む、幾つになっても初心な俺の天使ちゃん。「チュッ」「えっ”” これでお終いなの??」あまりに可愛い俺の天使 美しい黒髪を撫でながら、髪に頬に唇に軽く口づけをする。両手で君の顔をはさみ、熱い口づけを交わす。赤い舌を絡めとりながら、舌と舌を絡み合わせる。白いうなじに唇を這わせ、耳朶に吐息を...

07

2015

get back  1  類つく

「専務 専務 專―務ーー起きてくださーい。花沢専務ーーー仕事の時間ですよーー」全く起きやしないこの男... チッラ「牧野ぉーー 王子様はお姫様のキスで目覚めました…だよ」「…っつーか、起きてるでしょうが!ホラホラ 仕事です仕事!!次の予定が沢山詰まってるので、冗談抜きに仕事始めて下さい。」「ぅうーーん キスしてくれたら一発で起きるんだけどなぁーあぁー今日も残業になっちゃうかもよぉ…俺、知らなっいっと♪...

07

2015

get back  2 類つく

はぁっー    久しぶりのこの空虚感はぁっーー   牧野がいないとやる気が出ない。「専務、お顔の色がすぐれないみたいですが大丈夫でしょうか?」ジロリッ「…あんたの香水のせい。なんとかしてくんない。臭くてたまんないよ」「も、も、申し訳ございません。」だから、嫌だったのよぉー 専務見てる分には最高に最高に格好良いけど、秘書として近くで同行するとなるともの凄く扱いにくいんだものぉ。あぁ…あの時グーさえ出さ...

08

2015

get back  3 類つく

「つくしぃ~」あっ、来ると思った瞬間には時既に遅く...いつもの如くいつもの様に抱きついてくる滋さん。いつもと違うのは、桜子の変わりに秘書の柳田女史が助けてくれる事。ゼェエゼェゼッ「し、滋さん…げ、げ、元気そうだねーー」「うん。つくし久しぶりだよねー 桜子ももう少ししたら来るから。ゆっくりしてて~」「今日はありがとうね。お陰で無事に交流会行けるよ~」「類君、つくし独り占めしてるもんねーーー滋ちゃん...

13

2015

get back  4 類つく

あれよあれよと言う間に 燦然と輝くダイヤはあたしの薬指にすっぽり嵌ってた‥…「あ、あ、あのさぁ‥…類」流されてはいけないと‥… 必死の抵抗を試みて慌てて薬指から指輪を外そうとした瞬間「牧野ー 光にかざしてご覧、ダイヤがキラキラ光ってすごく綺麗なんだよ。」一向に手のひらをあげようとしないあたしに、しびれを切らしたのかムンズっと 手をとり、光に無理矢理かざす。「ねっ、綺麗でしょ‥…」この男が熟知してるであろう...

15

2015

get back  5 類つく

和やかに歓談が続き‥… 美味しそうなディナーが用意されていく。女中頭の松木さん 執事の横井さん、皆が嬉しそうに晴れやかに微笑んでいる。って、あたしの心の中は、大嵐‥…目の前の料理は殊更美味しい。こんな時に味わうなつくし。でもでも美味しくって、ついつい頬が緩む。いや、この場で頬を緩ませてたら、結婚が決まって嬉しがってる人にしか見えないよね?美味しがってる場合じゃないのよ つくし。つくし、現実をきちんと見...

18

2015

get back  6 類つく

願い虚しく‥…気がついた時には来週のパーティの段取りが決まっていた。新製品の発表ドーンつづいて婚約発表 ドーン らしい。横で微笑んでいる天使の笑顔の悪魔のあいつ‥…無性に腹が立つ。このままやられっぱなしじゃいられない。そうだそうだ。あたしは雑草のつくし。立て、立つんだ、立ち上がれ!!悪魔に対抗すべくは、そ、そうだ他者の反対だ。うふふっ、いい事思いついーた♪やるな つくし。やれば出来る子 賢い子うふふっ...

22

2015

get back  7 類つく

恋人同士なら、幸せいっぱいの婚約発表の話し。あたしには、他人事のように頭の上を過ぎていく。だって、あたしは類の恋人じゃない。だって、あたしは類と愛し合っていない。だって、あたしは‥…花沢社長と夫人に見送られ、類と車に乗り込む。*****「つくし‥… なにか怒ってる?」「‥…‥…怒ってる?って、怒ってない方が普通じゃないよ‥」類に一言言ってやるつもりだったのに‥…あたしの目からは何故か涙が一粒零れてしまった。...

22

2015

new beginning 1 類つく

すったもんだの挙げ句、晴れて恋人同士になった2人。ちょっと覗いてみましょうか?*****「専務 専務 專―務ーー起きてくださーい。花沢専務ーーー仕事の時間ですよーー」相変わらずの寝坊助ぶりのこの男。夕寝って、あり得ないでしょ?10分だけ寝せてーーー と、言って早20分。仕事も溜まってる‥…そろそろ起こさないと、今日のノルマが達成出来ない。だけど‥このままだと、キスとか言い出してくるんだよね。この男は‥…そぉ...

22

2015

new beginning 2 類つく

ピロリーン メールの着信を告げる音。同期で仲良くしている、裕美ちゃんからのメールだった。同じ秘書課に属しているので、類との事は勿論知っている。*****つくしちゃん夜遅くにごめんね‥…今日は、会えなくて残念だったけど、つくしちゃん来なくて大正解だったよ〜花沢専務との婚約がなんでかバレてて、大変だったんだよーーー来てたら間違いなく、つくしちゃん槍玉にあげられてる所だったよーもしかして、専務知ってたのか...

22

2015

new beginning 3R 類つく

怒って帰ってしまった彼女。週末の夜は2人で過ごす筈なのに‥…独り寝は寂しくて、ウィスキーを飲むRRRR  つくしからの着信音に慌てて電話にでる。聞けば、いま邸の前に居るんだと言う。こんな夜道に、何を考えてるんだと慌ててつくしの元へ走る。今にも泣きそうな顔をした、愛おしい君が立っていた。夢でありません様にと、俺の胸の中に抱き寄せる。「ごめんなさい」と、謝るつくしに、キスをねだる。背伸びして、唇に触れるか触...

02

2015

new beginning 4 類つく

愛を順調に深め合う二人‥…なのに、なのに、あれ?あれ?あれれ*****「オレ、ちゃんと言ったよね‥…」「えっ”” 聞いてないってどう言う事? つくし、はい。って返事してたよね?」ひゃっ、ひゃっ、ひゃー 怒ってるよね?怒ってるよね?間違いなく怒ってるよね‥…で、で、でも‥…聞こえなかったんだもん。類が何か話した後、梨花お母様が 「そうよね〜」 なんて嬉しそうに、おっしゃるから、ついつい「はい。」って、言っちゃ...

06

2015

ヤドリギの下  類つく

牧野つくし 22歳 ただいま社会人一年生。毎日、毎日...目の前の事を我武者羅にただただこなす。失敗だらけの連続に、トホホの毎日もやっと過ぎ少しだけ落ち着いてきた10月だったのに...ちょこっとだけ戦力になるようになったあたしは (エヘンっ)諸先輩方から...「牧野ーーーー」「つくしちゃーんこっち手伝って」「牧野さーん」「つくし、こっちもだ」仕事を目一杯頼まれる。明らかにキャパ超えてない?と思うの...

06

2015

天使ちゃん  類つく

「あぁーーーーーもう! だぁれ、ここのお菓子食べたの〜」朝から元気だなぁーなんて、つくしの大きな声を聞きながら目が覚める。うーーーん 眠い。「っん?」天使ちゃんが俺の隣でお眠り中。いくら見ても見飽きない俺等の天使ちゃんチュッってしちゃおうかな?お鼻つまんじゃおうかな? それともくすぐっちゃおうかな? さぁてチュッってしてみる‥… まぁこれくらいじゃぁ起きないか‥…鼻をつまんでみる‥…  「うぅーーーん」...

07

2015

new beginning 5 類つく

「もう可愛くて可愛くて仕方ないの~♪」聞き捨てならないつくしのセリフ‥…「チューって、してくれるんだよ♡滋さんと桜子のところはどう?」えっ”いま何て言った??もしかして‥…浮気?いやいや‥つくしに限ってそんな訳ない。婚約パーティーだって先週終わったばかりだ。結婚だってあと半年もすれば‥…で、で、でもここ2週間くらい慌てて帰ってるし、俺の家に泊まって行かなくなった。つくしの部屋にもこの頃泊まらせてもらってない...

16

2015

new beginning 6 類つく

うーん、久しぶりに良く寝た。昨晩は遅くまで‥…つくしを堪能した。迎え酒‥いやいや、迎えつくしで‥もう一度‥と隣を見る。「にゃーおーん」ビーたんだけ?? ビーたんがまだ早いよぉーとでも言いたげに、目を閉じる。釣られて、俺もまた目を閉じて夢の中。***「つくし様ーーここは、私どもで致しますから‥」「えぇー‥…松木さん‥…意地悪ぅーー」「意地悪だなんて、クスクスっ。 類様に後で私どもが怒られても宜しいのですか?」...

18

2015

天使ちゃん いちごになる 類つく

「ッパ,おかえんしゃーい♡」可愛い天使ちゃんが僕を出迎える。嬉しそうに僕を出迎‥…「ッパ、あーちゃん はいどうじょは?」天使ちゃんが出迎えてくれたのは、俺ではなくて俺が持ち帰るお土産‥…トホホッ「あーちゃん はいどうぞ。」今日のお土産は、リクエスト通りカナールのインペリアル。あーちゃんの大好きな苺がふんだんに使われたケーキだ。あーちゃんは、包み紙を見ただけで箱の中身がなんだか解ったようで‥…「ッパ、あー...

25

2015

あのさぁ  類つく

ねぇ牧野、俺あんたのこと好きだよ。うたた寝している牧野にそう呟きながら、一緒に寝転んだ。あんたは、いつも子供みたいに無防備で、その無防備さが俺を悩ませる。「ふわぁ~」いつの間にか、類のベットでうたた寝していたあたし。隣には、いつものように可愛い子猫ちゃん。いやいや大きな天使くん陽の光でキラキラ光る類の髪の毛を、ゆっくりと撫でてみる。ねぇ類、あたし類が好きだよ。 小さく囁く友達以上、恋人未満。それ以...

28

2015

不惑 魅惑 困惑 蠱惑   類つく

不惑の四十‥…人は言う。40を迎えたら本当に悩みはなくなるの?あたしは悩んでばかりの39才最終日。ふぅーーー あたしの人生。なんなんだ。道明寺に振り回され踊らされ続けた、10代、20代ジェットコースターのような恋の終焉は、実にあっけなく終わってしまって仕事に没頭して、気が付いてみたら30代に突入していて、ちょろっと恋もしてみたけれどいつの間にやら終わっていて、気が付けば、40の誕生日を一緒に祝おうとの約束も...

30

2015

new beginning 7 類つく

「‥… るーい るーい 類 起きろぉ〜」どこかからつくしの呼ぶ声がする。うーーん、もう少し寝てようよ? ねっ むにゃむにゃ「折角の日曜日、寝てたい所だけど、今日はダメだよぉー」「っん?なんでだよぉ」「今日は、なんの日?」「っん 日曜日‥…」「もぉーーー類 今日はあたし達の結婚式だよ。起きないなら違う人のお嫁さんになるぞーー」俺は慌てて飛び起きる。飛び起きた先には、満面に笑うつくしが居て、たまらなく幸せ...

05

2016

天使ちゃん キラキラ光るお正月 類つく

除夜の鐘がなる‥… 107つ新しい年を迎える鐘がなる 最初の1つ108つの鐘がなる‥… 全ての煩悩を取り去る為に‥鐘がなる。「‥むにゅ‥むにゅ‥…あーちゃん‥もうたべりゃれませんよぉー‥あっいちごしゃんはべつでしゅ」ククッ 僕の天使ちゃんは、新しい年から煩悩でいっぱいのようだね。もう一人の僕の天使ちゃんは?うとうとうとうと‥… ビーたんと共に微睡んで、睡眠欲と戦闘中。「類、あけまして‥…お‥」あえなくベットに撃沈...

17

2016

妻は何かを隠してる 類つく

気が付いたのは、ベットの上...いつもなら、スヤスヤ夢の中のつくし。いったん眠ると、朝までぐっすり寝てしまうのに窓の外を見ながら、物思いに耽っている。物思いに耽る姿が、あまりにも艶めかしくて...何だか見てはいけないものを見てしまったようで、俺は慌てて目を閉じる。朝、目覚めると...アレ? 俺夢でも見たかな? そんな事を思うほど、いつも通りのつくしがいる。ねぇ、つくし。あんたが物思いに耽るのは、何が原因?...

22

2016

Yes, I know  類つく

「だから、言ってるよね?」はい、はい‥ その言葉は、昨日も聞きました。「ねぇ、ちゃんと聞いてる?」はい、はい‥ 耳にタコが出来るほど、聞いておりますが。これ以上どうしろと?「もう、田村には伝えてあるから」へっ?それってどういう事?「明日から昼間は、佳代に来て貰うからね。」ニコッと笑う、旦那さま‥‥ってか、田村さんに伝えてある?佳代さんに来て貰う?えっ、えっ、えぇーーーー「ちょっ、ちょっ、ちょっとタンマ...

27

2016

天使ちゃん プリプリプリン 類つく

お尻フリフリ? っん? お尻プリプリかな?ご機嫌に、ご機嫌に、超ご機嫌に 現れる2人。じゃじゃーーん じゃじゃーーんじゃぁあーん じゅあぁじゃあーん 絢と目を見合わせ、いざ!Happyプッチンプリン♪♪ お皿に開ける。 どどーん「うわっうわっ」うーーん幸せ。「マモン、あーちゃん ちあわしゃでしゅ。」「あーちゃん、マモンも幸せよ。」「「ねぇ~」」ククッ、俺の天使ちゃん達は、小さな幸せを集める天才だね。ではで...

01

2016

もう一度‥恋をした 類つく

あいつはあたしの恋泥棒。とっくに過去の恋だと思っていたのに、また出逢って、類の瞳に恋をした。類の瞳は恋泥棒。あたしの心を虜にする。あんたは俺の恋泥棒。昔も今も俺の心は牧野でいっぱい。あんたに出逢って、なぁんだ〜 世の中って楽しいじゃんって知ったんだ。それから何年経つんだろうね?やっぱり、牧野あんたがいると世の中が楽しくなる。毎日、ハッピーだねって叫びたくなる。俺、知ってるんだ。もうじき牧野が素直に...

04

2016

あいたい 前編 類つく

目を瞑る‥あんたの笑ってる顔が浮かぶ。手を伸ばす‥あぁ、幻なんだって愕然とする。夢の中は幸せだ。だってさぁ、いつでもあんたに会えるんだから。牧野、あんたが消えて何年経つのかな?司が迎えに来ると公言していた4年が過ぎて、何だかホッとしていた。俺。牧野と俺はいつも一緒だった。大学院に進んだ俺と4年生になった牧野。前みたいにずっとじゃないけど、一緒に過ごしてた。ずっと、こんな日が続くと思ってた。いつだった...

05

2016

あいたい 中編 類つく

あたしが、もう一度類を好きだって気付いたのは何時だったんだろう?道明寺が迎えに来る約束の4年目に「あと1年待ってくれ」って言われて、ホッとした時かな?ううん、違う。その時も、認めなかった。認めたくなかったから。だって司と類は、親友同士だから。認めてしまったら、あたしは類を失ってしまうから。類と過ごす時間は、穏やかで緩やかで‥失いたくなかったからあたしは、認めなかった。自分の気持ちに気が付かない振りを...

06

2016

あいたい 後編 類つく

10年ぶりの日本は、すっかり様変わりしていて‥見るもの聞くもの目新しい。新しい家族。姪っ子の花ちゃんに会いに行く。「ね、ね、姉ちゃん??」幽霊じゃないって。「あははっ、そうそう。進久しぶりだね。花ちゃんに会いに来たよ。うーーん可愛いね。」「ありがとう。」「うーん。進がお父さんなんて不思議だね」「俺は、今の姉ちゃんにビックリだよ。」「あははっ そう?」「「つ、つ、つくし〜?」」「パパ、ママ、不義理して...