明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

23

2018

無花果の花は蜜を滴らす 06

「うーん やっぱりつくしちゃんには、こんな風な柔らかい色合いのドレスが似合うわね。ねぇ、万里そう思わなくて」「うん。この方がつくしらしいよね」髪をフワリと巻かれて淡い色合いのシフォンのドレスで身を包んだあたしは、作り物の笑いを浮かべている。櫻之宮の屋敷の中にいると、あたしはあたしらしく笑えなくなる。「そうそう、つくしちゃんにプレゼントがあるの。万里、つくしちゃんに付けてあげて」瞳子おば様は、ベルベ...

05

2018

手練手管で恋をする 総つく

手練手管で恋をする。自分の中にこんな欲があったなんて……西門さんを好きになって初めて知った。諦めがいい人間なのかもしれないと思ったのは、恋を失った後だった。泣いて、泣いて、泣いて、死ぬほど泣いたら自分の中の恋に終止符が打てた。いい恋をしたって笑って言えた。なのにこの恋を、この男を失いたくなくて……手練手管で恋をしている。色恋を見せたら側にいられない。好きを見せずに側にいた。もしうまくいっても、家柄を重...