明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

三角波 8 総つく 完 

西門さんが部屋から出て行った後‥ダラダラダラダラと夜通し泣いた。身体の水分が無くなってしまうくらいに泣いた。
人間ひとって、こんなに泣けるんだっていうくらいに泣いた。

午前中に、引っ越しを済ませた。
引っ越しと言っても‥自分の身体と段ボール7つの引っ越しだ。
レンタカーを借りて、新しい部屋に全てを詰め込んだ。
この部屋からは、海が見えない。波の音が聞こえない。
荷物を移動する間にも、涙は流れる。ダラダラダラダラ涙は流れる。

泣き過ぎて、夏風邪をひいた。すゞやかに電話して‥もう2、3日お休みしてもいいですか?と聞けば‥女将と、遊びに来ていた梢さんが、あたしの好きなものを沢山抱えて、新しいアパートにお見舞いに来てくれた。

エアコンさえついてない何もない部屋と、ぐしゃぐしゃの顔のあたし。

「つくしちゃん‥悪いけど、もう一度引っ越し」
えっ?と言う間もなく‥女将の家に引っ越す事が決まっていた。
「住み込みみたいで申し訳ないけど、いいよね?」

返事をする前に熱と疲労と暑さで、熱中症になっていたあたしは‥倒れたらしい。

目覚めた時、女将と梢さん、慌てて駆けつけたママとパパにしこたま怒られた。

女将さんとママ達が何やら話しているのを、眠りの中で聞いていた。

ママが驚いた顔をしながら盛んに
「…そう言う事でしたら‥お願いします」
そんな風に、頭を下げていた気がする。

念の為に2日程入院してから、女将の家に戻った。

淡々と日々が過ぎて行く。
変わったのは、女将の元で生活を開始したのと、西門さんと会わなくなった事くらいだ。

西門さんと会わなくなって、気が付いた事が2つ。

一つ目は
他の男に抱かれたいと言う欲求が、劣情が、とうの昔に消え失せていたと言う事。

二つ目は
香道に、茶道に‥心を奪われたのは、西門さんの影響だったんだと改めて思い知ったこと。
彼を失っても、なんとか立ち直れたのは、香道が茶道があったお陰だろう。

彼を愛することによって、あたしの核が出来上がった。
揺るがない核が、今のあたしを支えてくれている。

年が明け幾日が過ぎた頃、
話があるから奥の座敷にと言われ、訪れてみれば‥いつの間に来たのか、パパとママが居て‥驚いているあたしに‥

「つくしちゃん、私達の養女になってもらえないかしら?既にご両親には、話させて頂いたのだけど‥」

女将さん夫婦には、子供がいない。一人っ子同士の結婚で、姪や甥もいない。ご主人の会社は、社の優秀な者に任す事が出来たとしても、自分が大切にして来た すゞやか を他人に任すのは忍びない。
出来るものなら、自分達の娘になって、すゞやかを継いで欲しいと頼まれた。
暮らしは何も変わらないからと懇願され、春が来る頃、正式に女将さん夫婦の娘になった。

季節は移り、もうじきこの街にやってきて、3度目の夏がやって来る。


「お母さーん、梢さんとの待ち合わせ時間に遅刻しますよ」
「はいはい」
「お母さん、はいは」
「1回だったわね」

勢さんが、主催される茶会に正客として、養父母と共に呼ばれたのだ。

迎えの車に乗り込み、勢さんの屋敷に向かった。車の揺れに身を任せていたら、連日の疲れもあって、いつの間にかコクリコクリと眠っていた。

「つくしちゃん、着いたわよ」
パチリと目を開けて、あまりのお邸の大きさにビックリする。

「裏門からのが近いから、いつもこっちからなんだけど、正門に回るともっと立派で驚くわよ」
なんて事を涼し気に話す。


裏木戸を潜り、呼び鈴を押せば、梢さんがにこやかに待っている。

「あら、綺麗。うふふっ」

ご機嫌な梢さんの後について歩く。梢さんがくるりとあたしに振り向いて

「そうそう、今日はお茶会の前にお見合いなのよ」

お見合い?誰のお見合いなんだろう?
養母の顔を見る。ニッコリと笑ってあたしを見てる。
へっ? あたし?

「梢ちゃんの息子が、つくしに惚れたみたいでね。どうしてもと懇願されただけだから。嫌なら断っていいのよ」

えっ‥やっぱりあたし?

あたしに惚れてる?梢さんの息子さんが?
ってか‥‥
梢さんの息子さん?どこで会ったけ?
えっ?もしや‥どこかでオイタした相手?
いやっそれは‥こ、こ、困るよね?
頭の中を沢山の?が飛び交う。


梢さんが、ゆっくりと振り向いて
「つくしちゃんが娘になって、爽ちゃんとも親戚になれたらなんて…夢のようで嬉しいけど、嫌なら断っても構わないからね。ただ…愚息なんだけど根は優しいのよ。この頃は随分と素行もいいみたいだしね。それに親が言うのもなんだけど…とびきりのハンサムで、将来有望よ」
はんなりと微笑んで、あたしに言う。

頷きながら…好条件だけど‥食指が動かないって言ったら嘘になるけど‥なんてお断りしようそんなことだけを考えていた。


襖が開かれた瞬間‥‥



美しい悪魔が‥ううん‥愛しい男が微笑んでいた。


あたしは、総と恋におちる。
周りに祝福された恋におちる。









にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ





♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥




三角波に最後までお付き合いありがとうございました。
予想通りの結末になりましたでしょうか?それとも?

総ちゃん側からの感情は、是非妄想してみてください。
多分ですが(笑)
3年の月日は、計算済みだと思います。

きっと、お式には‥キタも呼ばれて、
美しいつくしを見て、
ほろ苦い想いを抱えながらバンバンと背を叩く筈です♡




asuhana
関連記事
スポンサーサイト

10 Comments

asuhana  

りくさま

ひゃーーーひゃーーーーー
書きたくなったって ぐふふっ 読めるのですね

りく様の総つく大好きの私にとって 嬉しいお知らせ 
いやーん’ ありがとうございます。

幸せだー 幸せだー 幸せだー

首を長ーく長ーく楽しみにお待ちしております。

2016/08/27 (Sat) 23:35 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/27 (Sat) 22:52 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

yukikoさま

うふふっ、上手い事 駒 が動いてくれたと言う所でしょうかね。
むふふっ♪ 人魚も私の手元のものはちょっと先にお話が進んでます。
楽しみにしててねー

2016/08/19 (Fri) 17:52 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

ANさま

むふっ、CP表記がある時は、大概がハピエンです(笑)
総ちゃんサイド‥是非ぜひ妄想してみて下さい♪

2016/08/19 (Fri) 17:50 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

haruwoさま

うふっ ありがとうございました。
あの2行。

あの2行の下にも実は、お話が続いていたんですが何度か消して書いてを繰り返したので、
ここに ほろりって嬉しいです。


総ちゃんサイド♪ 是非ぜひ妄想をーーーーーー♪

2016/08/19 (Fri) 17:46 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

たろささま

しっかり袋に入れ(笑)くくっ大笑いさせて頂きました。
うふっ、しっかり甘くなったかな?

あははっ、お後を美しくまとめて頂いてありがとうございます♪

2016/08/19 (Fri) 17:44 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/19 (Fri) 15:53 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/19 (Fri) 15:01 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/19 (Fri) 12:27 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/19 (Fri) 12:22 | EDIT | REPLY |   

Add your comment