明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

シーソーゲーム 56 類つく

目の前から、愛おしい人が連れ去られて‥
一之宮と如月の提携、つくしと柊さんの婚約のニュースが街を駆け巡り。

ゆみさんからは「類君、ごめんね」そう謝られて‥‥
全て泡になった事を知る。

あの日、会いに行かなければ良かった?
違う‥‥もっと前からだ。柊さんは入念に計画を立てたのだろう。


もう遅過ぎるのだろうか?
俺の心の中を、空虚という風が流れて行く。



年が明けた後‥‥柊さんから一度会いたいと連絡が入る。
何を今更?訝しがる俺の気持ちを察するように 

「類とは、一度きちんと話したいと思っているんだ」
そう最後に言葉を添えてくる。

約束の場所は、緑溢れる逗子の別荘だった。

「遠くまで悪かったね」
そう言いながら、ドアを開ける。

お茶が出されたあとに‥まるで今日の空模様を話すように唐突に言葉が放たれた。

「類、つくしを抱いたよ。あれから何度かね」

つくしを抱いた。つくしはそれを受け入れた?
色々な事がぐるぐると俺の中を回る。血の気がひいていくのがわかる。

「婚約も整ったあとだしね。あっ、そうだ婚約のお祝いは、言ってくれないのかな?」
しばしの静寂が訪れる。

静寂を破ったのは‥
「ここはね小ちゃな頃から、つくしと良く来たんだ。如月の意向で、つくしは社交界とは無縁で生きて来た。加えてあんな性格だからね、自然の中が大好きでね‥‥」
嬉しそうに愛する者の思い出を語る。

「3つの頃ね、つくしは初めて俺以外の男の子の事を話しはじめたんだ。あたしその男の子お嫁さんになるんだってね‥6つだった俺は、その言葉に激しく嫉妬して、その時初めて気が付いたんだ。つくしは妹じゃないってね。あの日から17年間‥俺はつくしだけを愛して、つくしだけを見守ってきたんだ」

お茶を一口啜りながら、話を続ける。
つくしが、英徳に来た経緯。そして‥去って行った経緯を。

「類、お前に激しく嫉妬したよ」
ソファーの手摺を、指でコツーンコツーンとならす音が響きわたる。

「それでも‥どんな理由であれ、つくしは再び俺の元に帰ってきた。それだけで充分だった。人生は長い。その間に俺を愛してくれればいいと思っていたからね。それに‥ちゃんとした初恋くらいあっても、青春の思い出にいいかなと思ったんだよ。俺も甘いよね。」

コツーンコツーン‥一定のリズムで音が響く。美しい瞳に陰が刺す。

「‥‥蛹が蝶になる‥凄い言葉だよね。正しくそれを体感させてもらったよ。つくしの持ってる魅力が一斉に花開いて行く。類、君に抱かれた日だよね?」

俺の目をじっと見る

「気が狂うかと思ったよ。慈しみ愛してきたものを一瞬にして奪い去られる気持ち‥お前にわかるか?相手の男を殺してやりたいと思ったよ」

でも‥そんな言葉のあとに続けたのは

「無かった事にしたんだ。つくしが再び俺の手を掴んでくれたからね‥‥‥それなのに‥‥この有様だ」

目の前の男は、つくしをどれだけ慈しみ愛して来たんだろう? 
俺の知っている柊さんは、いつでも自信に満ちていた筈だった。
今、目の前にいる男は、ただただ愛を乞うている。

「類、知らなかったんだろう?知らなかったんだよな?だから出来たんだろう?知ったらもういいよな‥つくしをつくしを俺に返してくれ」

「柊さん‥俺‥つくしを愛してるんだ」

「愛してる?愛してるなら何をしてもいいのか?」

指の音が止み、俺の目を真っ直ぐにみる。

「類、俺はつくしを憎んでいるよ。殺してやりたい程にね。それと同時に愛してるんだ。気が狂いそうな程愛しているんだ」

「俺‥‥柊さんになんて言われようと、なんて思われようと‥つくしを諦められない」

「つくしは、俺の元に囚われているのに?俺に毎晩のように抱かれているのに?それでも構わないんだ‥ククッ」

小さな笑いが高笑いに変わっていく。
話は終わりだとばかりに、ソファーから立ち上がり‥

「渡さないよ‥」
そう言い残し、席を立つ。


俺は、再び立ち上がる決心をする。

つくしをこの手に取り戻すために。
今出来る精一杯を‥


これは、負けられないシーソーゲーム‥
でも敵は他の誰かじゃなく、自分自身との戦いだ。





類つくは月火木金12時更新予定☆お話も残す所あと7話♪


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ





♥ありがとうございます。お話の励みになります♥
関連記事
スポンサーサイト

14 Comments

asu  

さとぴょんさま

あとちょっとざんす!

2016/08/23 (Tue) 18:59 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/23 (Tue) 15:29 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

たろささま

天馬くんの目元の黒子‥くぅっーー
でもでも、天馬くん、しっかりものの類で評判らしいですよ(笑)

儚しい‥なんだか悲しいですね。


愛おしい‥うちのマック‥バージョンがふるいからか、
いとおしいは、愛おしいしか変換されません(w)

2016/08/23 (Tue) 13:36 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/23 (Tue) 07:56 | EDIT | REPLY |   

asu  

マノンさま

はい。反撃開始といきたいところですが(笑)
さてさて~、でも最後はハピエンです♪

2016/08/22 (Mon) 18:55 | EDIT | REPLY |   

asu  

3児の母さま

快諾ありがとうございます(*^^*)
リンク、ありがとうございま~~す

類、はい生きてましたよ(笑)
えへへっ

2016/08/22 (Mon) 18:54 | EDIT | REPLY |   

asu  

ぐみありさま

ちょっとかけ違うと、永遠にかけ違えちゃうんでしょうね。
もてすぎるのも大変というところですかね

2016/08/22 (Mon) 18:47 | EDIT | REPLY |   

asu  

yukikoさま

ゴングが鳴って、さぁどうなるのかな?
類頑張ってくれるはず。

2016/08/22 (Mon) 18:45 | EDIT | REPLY |   

花男ラブ  

ノエノエさま

うふっ、ノエさ~ん 柊兄ぃびいきだ(笑)
美しい男に愛されるつくしちゃん……裏山

あっ、本人は類にだけでいいのかな?

2016/08/22 (Mon) 18:42 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/22 (Mon) 11:41 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/22 (Mon) 11:37 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/22 (Mon) 09:27 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/22 (Mon) 09:21 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/22 (Mon) 07:11 | EDIT | REPLY |   

Add your comment