明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

スタートライン 前編

物事には何でも始まりがあるんだよ。そう言ったのは誰だったのだろう?

だったら、この気持ちはどこからが始まり?

幸せそうに微睡む愛しい女を眺めながら、俺は考える。

頬をツンっと指で押す。ムニュっとした感覚が指先に伝わってくる。
白い白い肌‥‥いや、夏だ、プールだ!海だ!で、今は日焼けで真っ赤の肌。

ククッ、お風呂に入る時‥ギャァーギャァー叫んでたよね。
日焼け止め塗ってあげるって言ってるのに、他の人が見てるから嫌なんて言うからだよ。

その癖して
「類、背中にローション塗って~」なんて甘えてくるんだから、始末に負えない。

挙句の果てに
「うーん、気持ちいい~」

なんて、いいながら短パンキャミソールの無防備な姿で寝ちゃうんだからね。
俺の事‥何もしないと舐めてかかってない?


* **
「ひぇー1年も付き合ってるのに?マジマジ」
驚いた顔で聞いてきたのは、同僚のカコだった。

「ねぇねぇ、それってつくし、なんかを隠すためにカモフラージュとかにされてない?」
なんて事を、言い出したのは、凪ちゃんだった。

カコと凪ちゃんに連れられて、スーポーティだけど、ちょっぴりキュートでちょっぴりセクシーに見える、部屋着を買った。も、も、勿論下着もおソロの可愛い奴だ。

どぎまぎするあたしに
「夏だ!旅行だ!2人で愛を語ってこー い」
色々な伝授付きで、発破をかけてくれた。

「ヨッシャ」
そう返事はした。

だけど、だけど……愛を語る?
色っぽい空気?
それって、なになに?美味しいの?状態だ。

なのに目の前の類は、いつもにもましてカッコ良くて……色気だだ漏れ状態だ。
あたし一人だけ、ドキドキしてる。

ビーチでも注目の的で……あっちからもこっちからも視線を集めてる。
まぁ、これはいつものことか‥‥‥

「牧野、そのままじゃ日焼けしちゃうよ。日焼け止め塗ってあげるよ」
長くて綺麗な指が近づいてきて、ヒャッとなって

「は、は、恥ずかしいから、いい、いい」
そう言って、勢いよく海に飛び込んだ。

で……真っ赤なあたしの出来あがり。
後悔先に立たずで、シャワーはヒリヒリで

「ギャァー、痛い痛い」
叫びっぱなし。

「類、ローション塗ってー」
半ベソで頼んでる始末。

色っぽい…何それ状態だ。
ハァッーーーーーーーーなんて思ってたのに、日焼けで火照った身体に冷たいローションは、気持ちよくて……あたしを眠りに誘なう。

いいや、ここで寝たら…本当に本当に色っぽい空気なんてものから、遠去かるーーーーー

なのに
クゥクゥクゥ  瞼がくっついて、あたしはいつものように夢の中。

夢の中でビー玉の瞳の王子様が、あたしの頬をツンツンしてる。なんだかとっても幸せな夢で「うっへへ」笑みが溢れる。

「ふぅ〜〜良く寝たぁー」
目が醒める。隣には……
「お、お、王子様」いやいや類がいて……あまりにも綺麗な横顔を、じぃ~~~っと見つめてしまった。
頬を触ってみた。びっくりするくらいに滑らかな肌にウットリ。

「類、類ー」声を掛けて、起きていないのを確認してから、類の横にピッタリと張り付いたんだ。
フンワリといい香りがする。
クンクンッ類の香りを堪能する。えへへっ……

でもなんだかとっても、変態チック?

ハァッーーー、牧野つくし、今回も虚しく花と散りました。
蛍の光がバックで、聞こえてきそうな勢いだ。

勘違いじゃ無ければ、多分彼氏。でも……未だにキス止まり。

べ、べ、別にエッチがしたいわけじゃない。もうちょっと、こうなんて言うのか?甘いムードがみたいなね。

あたしって魅力無いのかな?
やっぱり付き合ったものの友達にしか見れない。なんて思ってるんじゃんないのかな?だってさぁ、呼び方だって未だに〝牧野〟だよ、〝牧野〟。

一度感じた不安は、ドンドンドンドン溢れ出していく……


ハァッーーーーー




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ







♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥

ビー玉の瞳 凪子さま サイトオープンプレゼント♪
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment