明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

スタートライン 後編

「王子様」
なんて声が聞こえて……あっ、牧野起きたんだーなんて思ったら、俺の顔を見つめて、頬を触る。牧野の指先の感覚を楽しみたくて、眠ったふりをする。俺の名前を呼んだあとに、ピタッと俺にくっ付いた。

牧野の香りが俺の脳天を直撃する。クラクラクラクラ

次に聞こえてきたのは、大きな溜息とダダ漏れの独り言。溜息がもう一度聞こえてきた瞬間……

「つくし」名前を呼び抱き締めていた。

もう、歯止めはきかない。
髪をかき上げ、頸に舌を這わせる。耳許に吐息を吹き上げる。ビクリとつくしの肩が震え
「る、類……」
「だめ、責任とってもらう‥つくし愛してる‥‥」
耳許で囁けば、ビクリビクリと肩が震える。

耳を舌先で弄べば、つくしの目が潤む。指先で首筋を背を撫であげる。
初めての刺激に、戸惑いながらも頬を上気させている。唇に舌を這わせて、ゆっくりとゆっくりと唇をこじ開ける。歯茎をなぞりあげながら……舌先を絡めとる。

つくしの可愛い吐息が漏れる。俺の身体の芯は、痺れ上がっていく。
キャミソールの肩紐を外し、ブラのホックを外す。小ぶりだけど綺麗な形の胸が現れる。手の平で胸全体を揉みしだいてから、指さきで乳輪に向かっって螺旋を描く。頂きを優しく摘みあげた瞬間……「あっ」小さな声が漏れる。唇に乳首を含ませる。吸い上げて、摘みあげて、転がせば、つくしの声に艶が出る。丹念に入念に攻め上げる。

「……あっ……あぁ…ぅうっ…る、る、るい……」

つくしの声がよがり声に変わっていく。可愛いくて堪らなくて、抱き寄せてキスをする。恥ずかしがって、目を閉じる。

「つくし、恥ずかしがらずに、俺を見て、俺を感じて」

瞼を舐め上げれば、眼を開いて、大きな瞳で俺を見る。蠱惑的な瞳に俺が俺だけが映っている。
瞳を見つめながら、太腿に指を這わせて撫で回す。キスをしながらもう片方の手でショートパンツを脱がせる。一瞬だけ驚いた顔で、つくしが俺を見る。乳首をコロコロと舌で転がせば、眼を薄く閉じ感じはじめる。ショーツの上からなぞり上げ花蕾を摘み上げる。

「あっ…ぅぅっ…あぁ……あっ」

ショーツの脇から、指を入れ花芯を弄る。花蜜が溢れ出す。ショーツを脱がせ、生まれたままの姿にさせる。モジモジと脚を閉じようとする。

「よく見せて」

「恥ずかしいよ…」

恥ずかしがるつくしが可愛くて全身に口づけする。全て俺の俺だけのもの。つくしの肌が俺の全てを狂わせる。
花芯を口に含み花裂をなぞりあげる。花壺に舌先を押入れる。

「る、るい、そんなところ…き、汚いよ……あっぁあぁ…」
「つくしの此処は、とっても綺麗だ。それにとっても美味しいよ」

花蜜から蜜が溢れ出していく。

「指挿れるよ」

花壺の奥に指を挿れれば、肉襞が俺の指に絡み付く。
花壺は蜜を溢れ出させる。螺旋を描きながら花壺を堪能する。指を二本に増やす。つくしの躰がビクビクと陸に上がった魚のように仰け反りだす。

「あぁ…あぁっ…る、る、類……」
「俺の身体にしがみ付いて」

つくしの手が俺の背に回る。嬌声がつくしの口から出る。大きな波がつくしを襲う。

「あぁあぁっ……」

初めて見るつくしの牝の貌は、淫らで淫らで美しい。

「挿れてもいい」
そう聞けば、小さく恥ずかし気にコクンと頷く

「ありがとう……ちょっと痛いけど我慢してね」
充分に潤った花壺を一気に貫ぬく。

「うぅっ」
つくしの顔が苦痛で歪む。
可哀想に思うのに、肉襞に絡め取られ動くのを止められない。

理性が狂っていく。
死んでも構わないほどの快楽の渦に巻き込まれ、俺は果てる。
つくしを抱き締め

「愛してる」
ありったけの想いを込め囁く。

「あたしも愛してる」
俺の胸に顔を埋める。愛おしい愛おしい女。

「つくし、約束だよちゃんと責任とってね」

俺の言葉に小首を傾げる。

「はいは?はいって言ってよ」
笑って言えば、つられて笑いながら「はい」と言う。

それは、新しい俺ら二人の幕開けで……

あのあと、公言通りつくしに責任を取ってもらうことにした。


そして今日、真っ白なドレスを纏い俺の前に立つ可愛い花嫁。
そう、今日が俺らのもう一つのスタートラインだ。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ







♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥


ビー玉の瞳 凪子さま サイトオープンプレゼント♪
関連記事
スポンサーサイト



4 Comments

asuhana  

kyoroさま

了解です♪♪
ご期待に添えるように頑張りますぅ

2016/09/11 (Sun) 20:05 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/11 (Sun) 07:52 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

kyoroさま

ありがとうございます♪

うふふっ、このお話はここでお終いですが
リク頂ければですぅ♪

2016/09/10 (Sat) 21:33 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/10 (Sat) 18:17 | EDIT | REPLY |   

Add your comment