明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

月夜の人魚姫 40 総つく


「___生きてるのに何故伝えようとしないか‥ですか?」

「えぇ、そうよ。生きてるのに何故伝えないの?」

「伝えたら、何かが変わるのですか?」

西門さんの言葉を受け止めて、雪さんがゆっくりと首を振る。

「そうねー、変わらないかもしれないわね。__でも,変わるかもしれない。伝えずに変わらぬ事を待つよりも、変わると思って伝える事も必要なんじゃないのかしら?‥‥だって伝えない限り変わりようがないのよ?」

伝えない限り変わりようがない__

察して欲しい。気が付いて欲しい。挙げ句の果てには、気が付かないあなたが悪い。
ついついそう思いがちだ。だってそうすれば、責任転嫁が出来るから。誰かのせいにしてしまえば、自分が傷つかなくて済むから。

「京子さん、京子さんもそうじゃなくて?大切なら大切だと大好きなら大好きだと伝えたらどうかしら?」

京子さんがコクンと一つ頷いて、西門さんに向き直る

「総二郎さん、私はあなたが大切で大好きよ。今更遅いと言われても‥‥私はあなたが大好きよ。だから幸せを諦めないで頂戴」

「__母さん‥‥」

西門さんが小さく震える京子さんの肩を抱く。

「‥うぅっうぅっうぅー」
どこからか、啜り泣く声がして___声の方を振り向けば
遊が涙を出しながら泣いている。

デカンタを見れば‥‥あちゃっ_この短時間の間にいつの間に飲んだの?っていうくらい減っている。

「良い話だ、良い話だ。そうだ‥そうだ‥生きてるんだもんな。うん。俺ら生きてるんだもんな。なっミュウ‥そうだよな‥‥俺ももう一度」

こうなった遊は___始末に負えない。

「ゆ、遊君?__ぷっ」
雪さんが笑い出し、西門さんと、京子さんもつられて笑い出す。
あたしも何だか楽しくなって笑い出していた。

「ミュウ__」
遊があたしの名を呼び抱きつこうとした瞬間‥
西門さんの手が伸びて、あたしを抱きしめる。

「えっ?」
「他の男に触れさせたくないんで‥‥倉科さん、欲しいものは欲しいって言っていいんですよね?」

雪さんに向き直り__そう聞いている。

「えぇ、勿論よ」

えっ?えっ?えぇーーーー

「だそうなんで、俺のもんになりませんか?」

頭が付いて行かないあたしを尻目に、雪さんと京子さんが飲み出して‥‥遊は?と見れば、床に倒れて高鼾だ。

「長期戦で構わないんで‥宜しくお願いしますね」
西門さんが艶やかに笑った。

「未悠さん、いいですよね?」

いいですよね?そう聞かれて‥‥コクンと頷いてしまっていた。

パチパチと2人が手を叩く。

「ママ~、おしっこぉー」
寝ぼけ眼の蒼があたしに声をかける。
西門さんの胸の中から慌てて抜出して、

「はい。はい。こっちよ」
蒼をトイレに連れて行く。

トイレから出た蒼は、ニッコリ笑ってから
「蒼、ま、待って」
あたしの制止も聞かずに居間に向かって駆け出した。

カチャッ
「バァバァ、京子さーん」

「蒼、もう遅いんだから」

「えぇっーーーママ達だけずるいじゃん」

「ママ達は、大人だから」

ぷくぅ~っと膨れる蒼に

「うふふっ、じゃぁ、バァバァと京子さんが蒼君のお部屋でお話し聞かせてあげるわ」

蒼を真ん中に手を繋いで入っていった。

残されたのは、西門さんとあたしの2人。

「フンゴッ‥」
あっ、高鼾かいてる遊もだから3人か__




火、水、金、土、日 0時更新 

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ




♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

asu  

haruwoさま

自己完結(*^^*)
あははっ、まさしくですよね。

お利口なようでいて……ふむ。
考え過ぎちゃうのかな?


2016/10/02 (Sun) 08:11 | EDIT | REPLY |   

asu  

yukikoさま

うふふ!久しぶりにヒューヒューだ\(^-^)/

選択するときって悩みますよね。yukioさんにとって、いい結果が出ること願ってます。

2016/10/02 (Sun) 07:50 | EDIT | REPLY |   

asu  

さとぴょんさま

良いですか?
グフッお許しも得たことだし、突っ走るか(*^^*)

2016/10/02 (Sun) 07:47 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/01 (Sat) 21:40 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/01 (Sat) 02:53 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/01 (Sat) 00:39 | EDIT | REPLY |   

Add your comment