明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

月夜の人魚姫 41 総つく

西門さんが遊に、そっとケットをかけてから
「お茶淹れてもらってもいいですか?」
そう聞いてくる。
「あぁ、はい」

2人でソファーに座ってお茶を飲み、一口啜って優しく笑う。

「未悠さん、未悠さんは本気の恋ってしたことあります?」

深く黒い瞳があたしを見つめる。
この瞳には、嘘がつけなくて‥あたしはコクンと一つ頷く

「__ちょっと長いけど俺の話に付き合って貰ってもいいですか?」

もう一つコクンと頷けば

「俺__すげぇー惚れてた女がいたんですよ‥あっ、違うか__今も昔もすげぇー惚れてる女がいるんですよ‥‥か」

「ずっとですか?」
そう聞けば

「__えぇ、悔しい事にそいつの顔しか思い浮かばない。幾人、女を抱いても満足しないんですよ」

「__そんなに好きなのに……他の方を抱かれるんですか?」

「俺も男ですからね__」
そう言った後に、ククッと一つ笑って

「これまた違いますね。そいつが消えて‥‥寂しくて寂しくて‥‥一人で居ると頭が狂いそうになるんですよ。身体は満たされても、心は満たされないって解ってるのに‥バカですよね」

心が満たされないから、次から次へと身体を満たそうとする。余計に虚しく寂しくなると解っていても‥‥

西門さんを見つめる‥‥次の瞬間、彼の口から
思いがけない言葉が出る。

「__未悠さん‥‥俺と勝負しませんか?」

「勝負?」

「えぇ、勝負です」

「なんの勝負ですか?」

ニヤリと笑って
「未悠さんが俺に落ちるかどうかの」

「それって‥私にメリットあるんですか?」
そう問えば

「うーーん、噂の色男と付き合える?」

「えっ?」

「じゃぁ、噂の色男を玩具に出来る。女に箔がつきますよ」

「ぷっ、それがメリット?」

「えぇ、それがメリットです。勝負の間、アッシーでもメッシーでも何にでも自由に使って下さい」

「それって、うちの会社の広告塔とかにもなってくれたりします?」

哀しいかな……こんな時だと言うのに企業人の顔がちらっと出てしまって……

「えぇ、勿論。なりますよ」

「その話し、乗ったーーーー」


「「えっ“」」

声のした方を振り向けば‥‥

「ふわぁ~」
いつの間にか起きたのか欠伸をしてる遊だった。

「じゃぁ、決定ってことで」

いつの間にか‥‥あたしと西門さんの間に勝負が成立していた。

って‥‥勝負って‥‥お付き合いするって事だよね?

なんだか‥‥色々な事があり過ぎた一日であたしの頭は、少々お疲れのようだ。

「じゃぁ、遊も起きたみたいなので‥あたし寝ます」


カチャリッ
そぉ~っと、蒼の部屋を開ければ

前のめりになった2人が倒れ込んで来る。

「お、お母さん‥京子さんまで何やってるんですか」

えへへっ と言いながら蒼の部屋から出て行く。
一瞬、京子さんの顔が嬉しそうに微笑んだ。
あっ、あたし、京子さんって言っちゃったって‥‥思ったけど‥‥
なんだか、色々あり過ぎて、それ所じゃなくって

「お休みなさい」
そう言って、バタンッとドアを閉めた。

蒼の寝顔を見ながら‥‥色々あり過ぎてショートしそうな頭をプルッと振った。


火、水、金、土、日 0時更新 

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ




♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥

関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

asuhana  

たろささま

総ちゃん、一気に攻込む筈?
うん。筈。w

2016/10/04 (Tue) 13:30 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/03 (Mon) 11:46 | EDIT | REPLY |   

asu  

yukikoさま

うふふ、ミュウも抱かれてるからお互い様でいいかも
じゃないと、他の理由でまたウダウダ考えちゃうからね(^-^)

何処からどこまで、気が付いてるのかな?ムフフ

2016/10/02 (Sun) 08:16 | EDIT | REPLY |   

asu  

haruwoさま

色男……たしかに自分で言って許されるのは、そうちゃんだ!(笑)

2016/10/02 (Sun) 08:13 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/02 (Sun) 01:50 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/02 (Sun) 00:14 | EDIT | REPLY |   

Add your comment