明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

イノセント 03 司つく

酷く蒸し暑い夜だった__七時を過ぎても涼しくなるどころか、気怠い暑さが続いている。

店を出たばかりだと言うのに、汗で身体がべとつきだしている。

「蒸すね」
「一雨来るのかな?」
「あぁ、凄く蒸してるもんね」

そんな会話を交わしながら雅哉が予約した店にタクシーで向かう。


着いた先は、都内でも屈指の高級料亭だった。
食い道楽の雅哉は、時折とても高級な店につくしを連れて来るのだ。

「ここはね、東京なのに美味しい鱧を食べさせてくれるんだよ」
「へぇーそうなんだ」
「うん。去年は忙しくて一緒に来れなかったからさ、今年は是非一緒に来たいって思ってたんだ」

出されたおしぼりで手を拭きながら、雅哉が話す。2人の座る席から、中庭の池がライトアップされていて中々の風情を醸し出している。

「離れがあるんだね」
「あぁ、離れは社用で使う人も多いみたいだよ」

一杯、二杯と盃を重ねる。大学、新入社員時代と随分と鍛えられたつくしは、昔と違い少々のお酒では酔わなくなっていた。
年月は、好むと好まざるとに関わらず、川の流れと同じで少しずつ色々な事を変えていくのだ。

食事も済みデザートの氷菓を口にした時、後ろから

「雅哉さんじゃあらへまへんかぁー?」

恰幅の良い男性が、雅哉に声をかけてきた。

「これは、北原専務じゃないですか。いつ東京に?あっ、牧野さん、こちらAKARIの北原専務だよ」

北原と呼ばれた男につくしは、慌てて名刺を出して挨拶を交わした。

「ほぉー、立川設計さんにお勤めであらはるんですね。牧野つくしさん__かぁ‥‥‥ほぉっ、どうぞ先生に宜しゅうお伝え下さい」

「こちらこそ、どうぞ宜しくお願い致します」

世間話を幾つか重ねたあと

「では、雅哉さん、牧野さん、また」

そう言いながら男は去っていく。

「立川先生とは確か__高校迄同じだった筈だよ」

「そう言えば先生、もともとが関西の人なんだもんね」

「うん。つくしちゃんは、高校も神奈川だったんだっけ?」
「__あっ、うん‥‥」


司が記憶を失い、NYに旅立つ頃__つくしも英徳を辞め、両親に伴い神奈川に引っ越しをしていた。

高額な授業料を払わなくなって良くなった事と、両親が定職に就く事が出来たので、なんとかこうとか人並みに生活を送れるようになった。そのお陰で、バイト生活は相変わらずだったが、国立大に進学する事も出来たのだ。

新しい土地、新しい学校で、新しい交友関係を築いた‥‥‥

英徳での思い出は、全て捨てた。
司との思い出は勿論、F3、桜子、滋との思い出も全てを捨てた

まるで‥‥全て最初から存在していないかのように。

高校時代の話が雅哉から出て__
昔の事が頭を過ったのだろうか?つくしの顔が一瞬曇る。

全てを追い払うかのように、プルッと首を一度振りした。

「つくしちゃん、どうした?」

「ううん。ちょっと冷えたみたい__あっ、そう言えば今日、ユッコがね‥‥」

つくしは、話を逸らすかのように共通の友人の話題を出していた。

「へぇーーユッコちゃんって相変わらだね」

「ねっ」

微笑みながら、お茶を啜る。

「どっかで少し飲み直そうか?」

「あっ、うん」

「じゃぁ、タクシー呼んで貰おうか」




外に出た途端__ムワッとする暑さが襲って来た。

待たせていたタクシーに乗り込もとした瞬間__誰かの視線を感じて、つくしが後ろを振り向いた‥

先程挨拶を交わした北原が会釈をしているのが見えた。雅哉とつくしは会釈を返してタクシーに乗り込んだ。

__北原の後ろの人影がチラリと動いた気がして、つくしは小首を傾げた。


じっとりと暑さが纏わりつく夜だった……
 
 運命の歯車は
少しずつ動き出していた。






↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ





♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

10 Comments

asuhana  

kachiさま

前向きで後ろ向きww
この表現、最高ですww

記憶喪失になった方って割合いるらしくて
全く記憶がなくなっちゃう人。一部だけ記憶がなくなっちゃう人
様々みたいですよね。

脳梗塞も人が変わっちゃう人がいますもんね。

脳はデリケートだからね。

2016/10/04 (Tue) 13:46 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

サクラさま

こんにちは♪
初ダーク なので、上手く書けるとなぁーとドキドキです。


嫌な奴に書けるように頑張るぞーw

2016/10/04 (Tue) 13:43 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

さとぴょんさま

背後霊ww
そっちの怖い話も好物です。

あっ、でもちょい違うかぁーw

2016/10/04 (Tue) 13:31 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

じゅんこさま

記憶が無い故に、固執するのが何故なのか?
良くわかってない坊ちゃんだったりw

むふふっ

2016/10/04 (Tue) 13:29 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

yukikoさま

むふふっ さすがyukikoさん
透視してない?ww

むふふっ

2016/10/04 (Tue) 13:28 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/03 (Mon) 18:48 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/03 (Mon) 16:08 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/03 (Mon) 12:12 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/03 (Mon) 10:23 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/03 (Mon) 09:54 | EDIT | REPLY |   

Add your comment