明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

小っこいの~私を愛したスパイ  司つく

気が付けば___小っこいのが俺を見てる。
ジィーっと、ジィーっと俺を見てる。

視線を小っこいのに向ければ__慌てて視線を逸らして吹けもしない口笛を吹く。

口笛? いやっ ありゃなんだ?口真似?
唇尖らせて
「ヒュゥーーー」
って言ってるだけだからな……

あれはなんて言うんだ?

いやいや、今はそんな事じゃなく__
あの視線は、なんだ? そっちだ。そっち。

子供等が寝静まり__つくしと2人愛を語らった後__

「なぁ__結、なんかあったか?」

つくしに聞けば、気怠気な表情で
「っん?なんで?」
そう聞き返して来る。

「この頃、ジィーっと俺を見てるんだ」

「プッ、今度は司にもしてるんだぁー」

「俺にもしてるって?他にもしてるのか?」

「うん。最初は、あたしと翼で……それからタマ先輩」

「へぇ__何やってんだ?」

「うーーん、なんかね、探偵ごっこ?家政婦は見たごっこ?って言うのか、うーーん、なんて言うかみたいよ」

「ほぉっーー で、それは、何すんだ?」

「あぁ、どうやら情報を渡してるみたいよ」

「じょ、情報を渡してる? なんのだ?って、誰にだ?」

「あははっ、ウサギのユミキチに」

「ウサギのユミキチ?」

「そうそう、ピンクのウサギのぬいぐるみよ。あの子が探偵事務所だかなんかのボスみたいでね。あの子の名前が〝ユミキチ〟なの」

「ほぉ__そうなんだ。あいつも面白い事思いつくな」

「ねぇーー ふぅわぁー 眠くなったみたいぃ。お休み」

幸せそうな顔をしてつくしが眠りにつく。つくしの額に口づけを一つ落として俺も眠りについた。

チュンチュンチュンチュンッ 小鳥のさえずりで目を覚ます。
「うーーーん いい目覚めだ」

っん?視線を感じて薄目を開ければ、細く細く扉が開いていて
「7じ おーたん おっきでしゅ」
そう小さく呟いてから何やら書いている?
書き終わったのか?俺がベッドから起きたからなのか?クルリと踵を返す。
すげぇ、気になって小っこいのの後をそぉーーとつけた。

っん?ここは、あぁ、ぬいぐるみ園か。
ぬいぐるみ園っつーのは、ぬいぐるみ大国になっていて、大小様々なぬいぐるみで部屋の中が占められているのだ。感心するのは、机のぬいぐるみやら、椅子のぬいぐるみなんつぅーものまである事だ

小っこいのがキョロキョロと辺りを見回してから

カチャリッとドアを開け部屋に入っていった。
扉に耳をつけ中の物音を聞く。

「ユミキチボス。7じおーたんおっきでしゅ。ごきげんにおはようでしゅ。あーたんも ごきげんにおっきでしゅた いじょうでしゅ。あっ、しょれかりゃ おーたんとあーたん れんあい けっこんでしゅ。いじょぉー ほうこくでちた」

ご機嫌に起きてるって__あははっ そりゃご機嫌だ。
恋愛結婚__あぁ、今世紀最大の恋愛結婚だ。
くぅーー思い出すなぁー あのめくるめくる愛の日々。
ってか、今も愛だけどな。ぐぉー俺のナニがなんだか熱くなって来る。いやいや朝からいかん。いかん。
ってか、小っこいの、お前__隠密行動が中々さまになってるぞ。クククッ


隠密行動が中々さまになってる__そりゃそうだ。何を隠そうユミキチには録音機能があるのだ。
で、それをどうするかって? 同じ幼稚園の愛の伝導師__ゆみきち委員長に時たま貸し出すのだ。

ゆみきち委員長がそれを何に使うのかは知らないが……道明寺家の第三子 蓮君がいつ頃生まれるかってピタリと当てた強者だ。

まぁ、これはまだまだ未來のお話。

クククッ


↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ





♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥

委員長様お誕生日(時期外れに)に♪
関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

asu  

えみりんさま

うふふっ実は題名はつけ忘れ、つけていただいちゃいました。
結ちゃん スパイの手下でしょうかね(笑)

2016/12/15 (Thu) 18:51 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/15 (Thu) 13:56 | EDIT | REPLY |   

Add your comment