明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

No.021  jalousie by 凪子さま

Special Thanks ビー玉の瞳  凪子さま

 

嫉妬は恋を彩るスパイスのよう__
 いいえ___二人を蕩かす媚薬のよう






※ jalousie...嫉妬、やきもち

ドスドスドスドス...ダン!



『もうっ///!』



突然現れたのは

今にも弾けそうにパンパンに膨らんだ

まるで真っ赤な風船...



― おい、どうしたんだ?

― 知らねぇよ…まぁ、穏やかじゃねぇなぁ...



少しの刺激でも

すぐにでも割れてしまいそうな
真っ赤な『彼女』を

男達は 愛しげに眺める


針を刺すでもなく つつくでもなく

ただ触れてみたくて...


だからいつものように

側でそっと 受け止めてやるだけ...




「どうした、牧野?」

「随分とご機嫌斜めじゃん?」


『煩い!ほっといてよっ///!』


真っ赤な風船は、もっと真っ赤になって

艶々の柔らかそうな頬を 膨らます





その瞳に 少しの充血を見たとき


ドキリ、と

僅かに覚える 胸騒ぎ



― これは、アレだな...

― あぁ...多分、原因は...



「喧嘩でもしたか?」


聞けば


『べ、別にっ///!』


明らかに挙動不審にふわふわと揺れて


全く、なんてわかりやすい奴...

これだから、いつまでも
眺めてるのを止められないんだ


だから


こんな時はそっと

背中を押してやるに限る


パンパンに膨らんだ空気を抜いてやるのは...

俺でもこいつでもなく

それはあいつの役目だから




「類なら、いつもの場所に居るぞ?」



悔しいついでに、

その可愛い頭をくしゃっと触ると


『...////!』


ククッ、止めろよ

いくら睨んだって
そんなの煽るだけなのに...



『…別にっ//類と喧嘩した訳じゃ、ないもん//…』


はいはい、そうかよ…

やっぱりな…お前をそんな顔にさせるのは...
あいつだけ

そんで、一番の笑顔にさせるのも...



チクショー、しゃーねぇなぁ...


「何があったか知らねぇが...
本人に直接話せば、すっきりするだろ?」


…って、大抵のマダムは、
ここで堕ちるんだけどねぇ...


まぁいいさ、お前の行きたいとこに

俺達は背中を押してやる



やがて

俺らの想いが染み込んだのか


『…かもしれない///...ありがとう、二人とも///…』


赤い風船が、ゆっくりと

はにかんで笑った


で、やっぱり幸せそうな顔で

一番行きたいとこに

フワッと飛んでくんだな...



― 行っちまったな…

― ったく、相変わらず世話のやける…



そう言いながら、

あいつの笑顔が目に焼き付いて...


今もニヤついてるのは、

お互い様だろ?




*


♪~

『今からそっちに風船が飛んでくから、
しっかり捕まえとけ』

『捕獲したら、ちゃんと空気抜いとけよ』



― 何これ?


あきらと総二郎から同時に届いた
不可解なメッセージ


その時

カチャリと開いたドアの向こうに...



― プッ、あんた、何その顔?
そのしかめっ面、絶対なんかあったよね...


『類...//起きてたんだ...』

「ん...どうした?」


っていつも通り、聞いてみただけなのに...



『…何でも…ないっ///』


嘘だろ...

何でそんな、真っ赤な風船みたいに...


...て、そっか、さっきのLINEって...




「...成る程ね...」

『何がっ//!?』


ハァ、だからそんな風に睨んだって
ちっとも怖くないんだって...

その上目遣い
男を煽るだけだって、あんたわかってる//?


ま、とりあえず...


『な、何っ///!?』

「ここ、座ろ?」


こうなったら、無理にでも座らせて

頑固なあんたが口を割るまで
俺諦めないよ...


って、あんた何見てるの?...あぁ、


「忘れてた、はい」


そう言えば、これを預かってたんだっけ...

...って、何固まってるのさ?


『…これって...///桜子、から///...』

「あぁ、そう。何だ、知ってたんだ?」


牧野の手を取って、

預かってたピンク色の袋をのせる


「なんか、なかなかタイミング悪くて会えないから、牧野に渡しといてくれ…って...」


俺の言葉に、何故かみるみる赤くなる牧野


『...えっ!?これ、あたしに///?
...類に///じゃ、無くて?...///』


あんたは ひとつひとつ

言葉を噛み締めるように、フワフワと揺れる


「何で俺が、三条から?」

『...だって//...今日って///...』


ん...?

あぁ、そういう事...


もしかして、俺が受け取ってるとこ見てた?

それであんた...


みるみる
ばつの悪そうなカオに変わるあんたを見て

確信する


ねぇ、それって、


― jalousie?


『…え?今、なんて...//』

「クスッ、フランス語」

『もうっ//…そんなの解ってるけど!
…類の意地悪///!』


あぁ、ちゃんと勉強してるから、単語くらいは聞き取れたのかな?

でもさ

「そんな事より...」


その細い頤に手をかければ

漆黒の瞳を潤ませて
益々赤くなる、俺の可愛い風船



「その顔、あきらにも見せたの?」

『…え//...その顔って、何言って///...』



「ねぇ、それでこの可愛い頭も、
総二郎に触らせた訳?」


『え//...っと///...』


ほらね?

ビンゴじゃん...



― アンタヲダレニモ サワラセタクナイ



「お仕置きだね...」

『えっ//...んっ///...』


今度は「しまった」って顔で、
みるみる色を無くす可愛い『彼女』に

そっと唇を重ねる

何度も何度も、

愛を込めて
啄むように口づけを贈れば


― …ん///...ハァ//...


ほら、甘い声で、空気が少しずつ抜けてきて...


あんたは堪らなくなって

俺の胸に顔を埋める...


「…ねぇ、解ってくれた?
俺、牧野以外はみんなおんなじなんだけど...」


『...///!...知らないっ///
...だって類は、モテるんだもん////...』


さっきのパンパンに膨らんだほっぺは何処へやら...

すっかりしおらしく萎んじゃって...


なにそれ

そんなの、可愛すぎるでしょ//...




― あ、そうだ


俺は胸の中に彼女を抱きながら、
片手でスマホを開いた

不思議そうな彼女の前で...


「…『任務完了』、っと」


それだけ打って、すぐに電源を落とす

あいつら後々煩いから、
とりあえず報告だけね?




「...さて」

『...///?』


まだ足りない想いを込めて、じっと見つめれば

また赤くなる可愛い風船



「そんな可愛い事言うなら、覚悟して?」

『...///え?...ちょっ////...ん///...』


返事を待たずに、また唇を塞ぐ



今度はもっと深く

優しく

あんたを味わう



まだまだだよ


あんたには、もっと

俺の愛と

蕩けるような極上の口づけを...



そう



― Qui aime bien châtie bien...
(人は愛する程、意地悪をする...)









全てが愛おしくて君を困らせる

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ



Reverse count 79 Colorful Story 応援してね♪
関連記事
スポンサーサイト

12 Comments

凪子♪  

さとぴょん様♪

わーい♪さとぴょん様から貰っちゃった❤(*ノ▽ノ)笑
そうそうっ♪空気抜かれた~い(*´ω`*)❤
…って思ってたらグフッ!爆笑
ライトセーバー!光っちゃう!?笑笑

さとぴょん様のコメはきっと絶対面白いと思って、予想を裏切らないこの嬉しさっ❤爆笑
また是非是非~❤
書きたくなるようなお話♪頑張りまーす❤笑

どうもありがとうございましたっ(*´ω`*)❤

2016/12/02 (Fri) 08:52 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/01 (Thu) 23:09 | EDIT | REPLY |   

凪子♪  

りおさん♪

はい♪嫉妬です、嫉妬っ❤笑
類くん相手なら、きっと嫉妬に絶えないでしょ?(^^;
ましてや、レアな桜子とのツーショットなら、きっと見た目も絵になる筈??

が、そんな勘違いが二人の良いスパイスになりました❤
ホントにつくしちゃんが羨ましっ(*ノ▽ノ)笑

そして、そうね(^^;まだその先はasuさんにご伝授頂かなくては❤笑
…ってあれ?りおさんもいけますよね??(*´ω`*)❤
凪子はそのうち(?)頑張ります❤←逃げた♪笑
うふふ♪お気に召して頂き、どうもありがとうございましたm(__)m❤




2016/12/01 (Thu) 20:34 | EDIT | REPLY |   

凪子♪  

yukiko様♪

わぉ♪恐縮です(^^;❤
素敵に読み取って頂きありがとうございます❤
そうそう♪妬いちゃうんですよ❤
お互いしか見てないが為に、自分がモテることに気付いていない二人ですから♪
なかなか無いですけど、きっと類と桜子のツーショットも絵的には美しいのではと思いました(*´ω`*)
まぁ桜子には、もしかしたらつくしちゃんの視線もバレてたかもしれませんが♪笑

こちらこそ、素敵なコメ❤どうもありがとうございましたm(__)m❤

2016/12/01 (Thu) 20:23 | EDIT | REPLY |   

凪子♪  

空さん♪

はい♪桜子、もしかしたら狙って?笑
影から見てるつくしちゃんすら見えてたかもですね(*ノ▽ノ)笑

あきらくんと総ちゃんもお誉め頂き嬉しいですっ❤この二人にはどこか余裕すら感じられる、つくし愛であって欲しいかな♪笑

そうそう♪お外でね❤
だって類くんにはつくしちゃんしか見えて無いですもん♪笑
二人のスパイスって事で(*´ω`*)❤笑

お気に召して頂けて良かったです♪
どうもありがとうございましたm(__)m❤

2016/12/01 (Thu) 20:16 | EDIT | REPLY |   

凪子♪  

ノエ様♪

うふふ~♪
朝からそんな気持ちになって頂けたら、凪子本望でございます(*´ω`*)❤
asu様のお部屋なので、みんなに愛されるつくしちゃんをと思ったら、きっとプリプリと怒る様子も可愛くて仕方無いのではないかと♪笑
お互いが好きすぎるバカップル❤この二人なら良いですよね♪

こちらこそ、素敵なコメ❤どうもありがとうございましたm(__)m♪

2016/12/01 (Thu) 20:07 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

コメントお預かりしました。

ノエノエさま 空色さま yukikoさま りおりお様

コメントしかとお預かり致しました♪
凪子さまには責任を持ちまして送らせて頂きますね。


空さま
ようやっと1/5あははっ が、が、がんばるぞーw
私も読み逃げさせてもらってまーす イシシッ

りおさま
はい、ようやっと1/5 ぐししっ
年末年始♪ りおさんのお家はお忙しいのでは?
息子さんも帰省だよね。
母、張り切るだよね。


2016/12/01 (Thu) 17:49 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/01 (Thu) 12:53 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/01 (Thu) 10:12 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/01 (Thu) 10:05 | EDIT | REPLY |   

凪子  

ありがとうございました❤

asu様♪&お読み下さった皆様へ♪

凪子のお話をお読み下さり、どうもありがとうございますm(__)m

たくさんの素敵なお話の中、大変恐縮ですが(^^;

いつも素敵なお話を読ませて頂いているお礼の気持ちを込めまして、asu様のチャレンジに少しでも色(何色?類色?笑)が添えられればと❤
せめてasu様のお部屋の雰囲気に合うように、ちょっとふわふわっとさせたつもりです(^^;❤

最後に、この度は素敵な機会を下さりまして、どうもありがとうございました♪
asu様これからも宜しくですm(__)m❤
100話チャレンジ頑張れ~o(^o^)o


2016/12/01 (Thu) 09:26 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/01 (Thu) 08:53 | EDIT | REPLY |   

Add your comment