明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

No.024 エンドレス 類つく

珍しく猛烈に類が怒ってる____

ありゃりゃりゃ___ハハッ
って、なんであそこまで怒ってるんだろう。なんてボンヤリ思ったら

「俺、真面目に怒ってるからね」

うわっ、マジメが漢字の真面目で怒ってる。

「えへへっ」

「えへへっじゃない」

「でもぉー」

「でもじゃない。あっ、ついでにだってでもないから。で、他の所見てないできちんと話しを聞く!」

神妙なふりをして頷けば

「あのさぁ、俺そこまでバカじゃないから……つくしが何考えてるかって事くらいわかるよ」

あらっ、だったら早くこのお説教大会が終わってノンビリとしたいって言うのもわかるよね?

「つくしがきちんと反省するまでダメだから!」

うわっ、そっち方面に来ちゃいましたか。
うんうん。いいとこついて来るねー 伊達に長い年月付き合ってないよね

「あんたさ、なんかさっきから色々ブツブツ五月蝿いけど……ちゃんと聞いてんの?」

ちゃんと聞いてるの?って大概失礼でしょ。もうちゃんと聞いてるでしょうが

「プンスカしてるけど__それって、お門違いだからね」

うわっ、御主いつから読心術を使うようになったんじゃぁー

「ふぅっーーーー 読心術じゃなくて全部駄々漏れだよ」

「えっ?」

「ハァッーーー えっ?じゃないよ」

ジロリッと一睨みされたあと

「あんたはどう思ってるか知らないけど__俺は凄くショックだったよ」

エンドレスラブ__いいやエンドレス説教だ。さっきから3度目のお説教が始まって__黙ってたら間違いなく4度目の…いいや5度でも6度でも延々のお説教だ。

牧野つくし__不本意ながら謝らせて頂きます。
オッとその前に、先ずは…….

「ごめんね類」

ウルウルと瞳を潤ませ類を見つめる。

「本当に悪いと思ってる?」

壊れた首振り人形みたいに高速で上下に首を振る。

「じゃぁさ、これから言う事ちゃんと聞く?」

コレカライウコト……をですか?
と思ったものの聞かなきゃエンドレス説教が待っている。

「俺との事を誰かに聞かれたら嘘は吐かない。わかった?嘘吐いたら即刻婚約会見ね」

専務の類と一介のOLのあたしの関係なんてまさか聞いて来るひとなんていないでしょ。ぷぷっ容易い容易いそんな思いでブンブンと首を振った瞬間___

悪魔がニヤリと笑った気がした。

「うんっ? あれっ?」

目を擦れば
いつも通りの類で、いつも通りに爽やかな笑顔だった。

そんなこんなが先月の話
そうあたしはやっぱり見間違いをしてなかったんだ。ニヤリと笑った悪魔君はやっぱり悪魔君だったんだ___

皆が騒いでいる。何を騒いでるのか聞き耳を立てる。

「ねぇ、ねぇ、見た?見た?」

「うんうん。見た見た」

「やっぱ かっこいいよねー」

「うん。その上ずっと一途と来たらね」

「うんうん。応援しないワケにはいかないよね」

「ハァッ~憧れちゃうね」


アイドルかなんかの結婚発表とかあったけ?暢気にそんな事を考えていた。


ガチャッ
ドアを開けた瞬間、視線が一点にあたしに集まり

「牧ちゃんおめでとう」

「つくしっ!すごいね」

何がおめでとうで、何がすごいの? 色んな????が飛び交って


「ねぇ、ねぇ、いつからお付き合いしてたの?」

オツキアイ__? それは ダレトダレガ?


「もう、彼氏いないとか言ってたのにぃー」

そうそう……それを聞かれちゃってあの後エンドレス説教になりそうだったんだから。

「あっ、でもわかるよ。わかる。」
「だよねぇーつくしも辛かったよね」

みんな何を言ってるんだろう?
呆気にとられてるあたしを余所に勝手に周りが盛り上がっていって__

「でも、まさか専務とつくしがとは考えても見なかったわ」

えっ?
なんでなんで?なんで知ってるの?

アナタタチ ナニヲ シッテルノ?

「CR部のT.Mさんって牧ちゃんの事でしょ?」

「社内報に載ってるよ」

えっ?
何それ? 社内報って?

「花沢専務の彼女なんでしょ?」

皆の目がキラキラと輝いていている。

えっ?えっ?
 えぇーーーーーー

な、な、なんで……そう思った瞬間

いつもの習性で思わず首を横に振り

「ち、ち、違うよ」

なんて言ってた。


ガチャリッ ドアが開いて

「は、は、花沢専務———」

皆の黄色い声が飛び交った。


ニヤリと類が微笑んでから手を掴まれて「記者会見の準備整ってるから」耳許でそう囁かれた。


そんなこんなで金屏風の前に立たされて

「指輪見せて下さーい」
「2ショットをもう一枚お願いしまーす」

パチパチッとフラッシュの嵐を受けている。


愛おしい悪魔君が耳許で
「誰よりもあんたの事理解してる俺の勝ちだね。一生俺の愛の中で縛られててよ」
そう言いながら笑ってる。


ははっ これぞまさしく……エンドレスラブ?

でも__なんだか幸せだから......まっ、いいかっ

うん。いいかっ


エンドレスにあなたに愛され、エンドレスにあなたを愛する

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ



Reverse count 76 Colorful Story 応援してね♪
関連記事
スポンサーサイト

12 Comments

asu  

さとぴょんさま

そうそう類は絶対しつこいよね(笑)
ネチネチと
でも実はそれま作戦の一つ?

2016/12/05 (Mon) 19:25 | EDIT | REPLY |   

asu  

凪子さま

こちらこそありがとうございます♪

2016/12/05 (Mon) 18:52 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/05 (Mon) 12:46 | EDIT | REPLY |   

凪子♪  

マジですか❤

やたっ(//∇//)❤
超嬉しいっ♪

ありがとうございま~す(* ̄∇ ̄)ノ❤❤❤

2016/12/04 (Sun) 21:44 | EDIT | REPLY |   

asu  

空色さま

ムフフッまさしく
濡れ手で粟!

そりゃぁ伊達に花沢類じゃないもん(笑)

2016/12/04 (Sun) 19:24 | EDIT | REPLY |   

asu  

yukikoさま

策士?小悪魔?恋する男?
ムフフッ

誰よりもつくしの動向に詳しいから出来る芸当ですかね?

グフ

2016/12/04 (Sun) 19:21 | EDIT | REPLY |   

asu  

ノエさん

ムフフッ
ねぇ~(*^^*)

私も類なら怒られてみたいかな
あっ、でも面倒かな(笑)

2016/12/04 (Sun) 19:19 | EDIT | REPLY |   

asu  

凪子さま

うふふっ凪子ちゃんのjealousyからのジェラシーシリーズなのだ(笑)
嫉妬じゃなくて、小悪魔類になってしまったけど(笑)

2016/12/04 (Sun) 18:45 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/04 (Sun) 12:28 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/04 (Sun) 11:04 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/04 (Sun) 09:09 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/04 (Sun) 07:53 | EDIT | REPLY |   

Add your comment