明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

No.056 これからもよろしく by あお様

Special Thanks  あおいろ あお様

誰もが羨む彼女を手に入れて
 誰もが羨む恋をして.....

なのに、なのに___
うーーん 
 頑張れあきら




*あきつくコラボ【いなくなったお仕置きな】総二郎目線

牧野家 in 西門邸内
牧野晴男 西門の植木職人


*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*


夜遊びを終え機嫌よく邸に帰る俺。
明日の稽古がなけりゃALLで遊んでたんだがな。。
まっ、仕方ねぇ。 
ふふ~ん♪ なんて鼻歌を歌いながら自分の部屋に行くと、、
誰もいるはずのない俺の部屋に・・・・明かりがついている。。

《・・・・・・・・・・・又かよ。 てかなんで俺の許可なく部屋に入れるんだっつーの!》

部屋のドアを開ける前、大きなため息を1つ吐いて諦めモードで部屋に入る。

『遅い!!』

  《今日はお前かよ。。。》

『何なんだよ、今日は!』

何かあると俺の所に来る奴ら。。 本来なら、そんな事、俺の役目なんかじゃなかったはず。。
俺の鼻歌も何処かへ飛んでき、どうせ面倒な事を吹っかけられると ドカっっとソファに腰を降ろす。 
俺の目の前に居るのは、幼馴染で親友の美作あきら。 
そして牧野の彼氏。 F4の中でも穏やかと言われる男。。。 なのだが!!

『牧野が拉致られた。 返せ』

  《返せって。。?》

『どいつもこいつも隙あらば牧野をかっさらいやがって・・・』
『又いね~のかよ、牧野』

あきらの気持ちも解らなくもない・・ 
なんせ、週末、金曜になると 《牧野つくし争奪戦》 が繰り広げられ、それはもう、多くの奴らが、いろんな所からそれに参戦する。

『で、今回は誰にやられた?』
『・・・・・・・・・・・・・・・・・・晴男、さん』

『はぁぁぁ~? 晴ちゃんかよ? んじゃあ仕方ねえだろ、牧野の父親なんだから』
『・・・と、右近と左近。 お前んとこの奴らだろうがっ』

はいはい、そっちが許せねぇんだな。 あの3人、しょっちゅうつるんでるからなぁ・・・。
牧野んちがウチの邸に越してきて、右近と左近と晴ちゃんと、、これまたどうして気が合う気が合う。
あの2人は本家に来たら、あっちで寝泊まりする程だかんな。 
牧野んちも増築されて部屋も増えてるし?

『さっさと出せ』

はいはい解りましたよ。 

あきらは以前、牧野の事が心配でSPを付けた。
が、それを、、牧野にひょんな事で見つけられてしまい、牧野から大目玉。

《SPを付ける必要なんて私にはない! 信じてないの!? 美作さんなんかキライッ! 別れる!》

だのなんだの周囲を巻き込んで大変だったなー。

あきらは平謝りで許して貰ったんだよな。
で、普段ならそんな事、気付かない牧野なのに、

《携帯のGPS機能なんて設定しないからっ!》

なんて言ってよ。

あきらは、あっちやこっちにすぐ行ってしまう(拉致られる)牧野を、これからどうやって探せばいいんだ!! って頭を抱えてたワケ。


でもだな、、

ウチの親父とお袋が、既に牧野に渡していた GPS機能搭載のキーホルダーの存在は まだバレてなかったんだよなぁ、これが。 牧野の小銭入れに付いてるキーホルダーがそれ。
携帯を、携帯の電源を落としたままで入れるのを忘れても、小銭入れは必ず持ってる牧野の。
親父とお袋の目のつけどころが素晴らしい。
お袋と千恵ちゃんと牧野と3人お揃いだって喜んでる。
奈良の支部長、左近のおっさんがプレゼントした 《ちりめんの鹿のキーホルダー》・・・。
俺にはゆるキャラの良さが全く解らねぇ・・・


で、あきらが牧野の行方が解らなくなると、俺んとこに来るってワケ。


『箱根だな。。』

『・・・・・』



『行くのかよ』

『当たり前だ。 牧野を取り戻した後は、お前が奴らの面倒を見ろ』


奴らって、、 晴ちゃんもその内の1人に入れていいのかよ。。 牧野の親父だぜ?

ドカッ!!

うぉっ! 俺の気に入ってるソファに蹴りいれてんじゃねーぞ!
ったく、牧野もいい加減学習しろってーの。 何でホイホイ付いて行くのかねぇ。。




箱根に着いたのは夜の11時。。 仲居に案内させ、部屋に向かう。
時間的に、、晴ちゃんと右近と左近は・・相当出来上がってるはず。

《遅くに申し訳ございません。 東京より、西門様、美作様がお見えです。 お通ししてよろしいでしょうか?》

仲居が部屋の内玄関まで入り声を掛ける。
中からの返事は無く、、俺は仲居に下がる様に言い、スパーンっと引き戸を開け中に入る。
そこには酔っ払って抱き合って寝ている右近と左近と、晴男ちゃん。


『つっくしちゃ~ん❤ もう、一、献!』
『ワシとぉ結婚しよー❤ 美作のボンなんぞアカ~ンアカン!』
『つくしは嫁にはや~らへんでぇ。 なぁママ?』

と一塊になって好き勝手な事をほざいている。。 意識、無いだろ? 千恵ちゃんはいねぇつーの。
あきらは呆れる俺の横を通り過ぎ、右近と左近に軽くケリを入れ、晴ちゃんには近くにあった茶羽織をそっと掛け、辺りを見回し牧野を探す。

広縁の椅子に体育座りしている牧野。
片手にコップを持ち目がとろ~んとしている。
かる~く酔っ払いってか?

あきらは牧野に近づき、頭を撫でる。

『つくし?』

そこらじゅうの女がバッタバッタ倒れそうな蕩けそうなあまーい表情を牧野に、、たぶん向けているだろう。 俺にはあきらの後ろ姿しか見えねぇがな。

『あっ、美作さ~ん。 来るの遅いよぉ』
『ん、遅かったか?』

酔っ払いの牧野は甘えん坊に変身ってか? ほぉ~♪
あきらがいつも俺らの前で牧野を酔わせないのは、そんな牧野を見せたくないから?
今夜はじっくり見せて貰おうか? 

『牧野? 東京に帰ろうか』
『なんで~? 明日は休みれしょっ。 ここね、どのお部屋にも露天風呂があるんだ~よ~。 パパ達に誘われたけど、美作さんと入りたくてずっっっと! 待ってたんだぁ。 一緒には、い、ろっ?』

牧野の奴、あきらを上目づかいで首を傾げて見てやがる。

おっ? あきらの動きが固まった? 一緒にお風呂はまだってか? 

牧野、爆弾発言を落とした事、わかってないだろ~な。
左近と右近と、、晴ちゃんと、露天風呂に入っても良かったのかよ?
 
『・・・・・・なら、この部屋は晴男さん達に譲って、俺達は別の所に行こうな』
『ん~? パパ達、お~い~て~?』

あぁ、あきらのお仕置き決定か?

『総二郎がいるから大丈夫、安心して?』
『う~ん、そうじろー。 お願い~』

・・・・爆弾発言×2。 
自分の男も呼び捨てにしねーのに、俺を呼び捨てにすんじゃねぇよ。
覚悟しろよ、牧野。 

『・・・・仕方ないな、くくっ』

大切に牧野を抱きかかえ、牧野は幸せそうにあきらに抱かれてる。
ちょっとばっかし牧野イジメてやろうか? あきらも余裕じゃん?

『自分の男を呼び捨てにする前に、俺を呼び捨てにすんじゃねぇよ』

あきらに抱かれてる牧野に向かって軽~く言ってやる。 ふふん。

『2人の時は 《あきら》だもーん。 ねぇ、あきらぁ、だーいすきだよー』
『俺も、、大好きだよ』

その牧野の一言で、爆弾発言×2はチャラってか? 

『へぇへぇ勝手にやってくれ』


あきらに守られ愛されどんどん綺麗になっていく牧野。
そんな牧野を見てるのもいいもんだ。
アイツらが結婚するまで、牧野が帰って来る家は西門の敷地内。
西門一門大いに楽しませてもらおうぞ。

俺と牧野は師匠と弟子。 そしてダチ以上。
そんな関係もいいもんだ。 

『つくしは嫁にはやら~~ん‼』

だってよ、あきら。  
グッジョブ晴ちゃん。 まだまだ楽しめそうだわ。
これからもよろしくな。



Fin.



なぁ、めちゃくちゃなほどに幸せになれよ。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ



Reverse count 44 Colorful Story 応援してね♪
関連記事
スポンサーサイト

13 Comments

あお  

たろささま。

職場からコメありがとうございます♪
コメは私にとって最高のプレゼントっ!
しかも、にひゃにひゃ(笑)して貰えて嬉しいな。
よしっ! 次も頑張ります!
今年もよろしくお願いします♪



2017/01/08 (Sun) 22:00 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

たろささま

あれぇーと思って色々見て見たけど
無かったみたいですぅ
(って、見落としてたらごめんね)
あおさんにはしかとお伝えさせて頂きます♪

2017/01/07 (Sat) 20:10 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/07 (Sat) 19:42 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

あおさま

色々ありがとうございます♪
今年も仲良くして下さいね。

ぐふふっ、あきらの苦悩の日々はまだまだ続くのですね。

2017/01/06 (Fri) 21:00 | EDIT | REPLY |   

あお  

さとぴょんさま。

コメありがとうございます、asuさんより頂きました♪

総二郎視点を楽しんで頂けて良かったです♪
asuさんとのコラボから始まったこのお話、書いてる私も楽しんでます。

総二郎は、あきらに降りかかる何やかんやのハプニングを愉しんじゃってるんです。多少自分に降りかかっても。笑

晴ちゃんにはやっぱり強気になれないあきらです。
つくしの父親ですからね。昔はダメダメだったけど。

これからもどうぞよろしくお願いします♪

2017/01/06 (Fri) 09:59 | EDIT | REPLY |   

あお  

凪子さま。

コメありがとうございます、asuさんより頂きました♪

頑張れみんなのあきらくんっ! です。 笑
そうなんです!! あきらだって立派な王子なんですよ!! 
過去にはマダムキラーだった事もあるんですからっ。
でも心許せる相手には・・・ あははっ。

凪子さんが、類の次にあきらを好きになってくれることを祈ります。笑
あきらファンを増やすため、頑張ります!
これからもよろしくお願いします♪

2017/01/06 (Fri) 09:43 | EDIT | REPLY |   

あお  

yukikoさま。

コメありがとうございます、asuさんより頂きました♪
楽しんで頂けて良かったです。

いろんな人に振り回されているけど、幸せなんです、あきらは。笑
つくしの相手として、晴ちゃんが認めているのはあきらだけ。
でも父親だから、いつの日か、の事を考えると切なくて。 
あきらにイジワルを?

強い晴ちゃん、いいでしょ?
天職と思える庭師の仕事に出会え幸せなんです。満たされて、強気になっちゃった!

西門一門のやりたい放題にも磨きをかけて、
《牧野家 in 西門邸内》シリーズとして又書きたいと思います。 
のんびりとお待ちいただけると嬉しいです。

yukikoさ~ん、今年もよろしくお願いします♪

2017/01/06 (Fri) 09:28 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/06 (Fri) 09:04 | EDIT | REPLY |   

asu  

さとぴょんさま

あははっ
いま、エロはないけど酔っ払いつくしを書いてたから、あまりにもタイムリーで大笑いしちゃった(笑)

2017/01/05 (Thu) 22:18 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/05 (Thu) 22:14 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

yukikoさま 凪子さま

コメントお預かりしました♪
あおさんには責任を持ちましてお届け致します♪

2017/01/05 (Thu) 20:59 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/05 (Thu) 14:33 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/05 (Thu) 10:46 | EDIT | REPLY |   

Add your comment