明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

反則負け、反則勝ち 04 byたろさ様


「うん、いいけ………ふええええ?」

いったい身体のどこから出てくるのかわからないような不思議な叫び声に、思わず吹き出しそうになったけど。
そんなことしたらぜんぶぶち壊しになる気がして、黙ってじっとこらえた。

「ダメ?」
「ダメっていうか。お揃いって。それ………。」

とりあえずすぐにダメって言われなかったことにほっとする。
……と、目の前でみるみる朱に染まる牧野の頬を見て心のどこかがぴょんっと跳ねた。

もぎたてのトマトみたいに真っ赤になった牧野の、その赤さが俺の求める理由からならいいのにって。
切に切に。
そう願うけれど。
物事、そう簡単に上手くいったりはしないってコトはよくわかってる。
きっとこれも「からかうなんてひどい」って言われてオシマイなんだろうな。
だからせめて、抗議の声がその可愛らしい唇から繰り出される前に。

「約束。」

そう言って指を差出し、牧野の言葉を封じて。
俺は素知らぬ顔で牧野スペシャルの生姜焼きキンピラに手を伸ばした。
この世の中できっと俺と牧野しか食べたことのないこの味を。
味わえる最上の幸せは、俺だけのもの。

ねえ、牧野。
これからもずっとさ。
この味を味わわせてよ
牧野の味を、味わわせてよ。
ついでに、茶碗も箸もなにもかも。
これからずっと一緒に買いにいこ。

―――二人、肩を並べて。

そんなことを願いながら。
すぐ隣で、いつものように美味しそうにご飯を食べる牧野を眺める。
ただの“親友”かもしれないけれど。
それでも手を伸ばせば届く距離にいてくれる彼女を眺める。


どこよりも居心地がいい牧野の部屋。
誰といるより心地いい牧野の隣。
何よりも愛しい牧野の笑顔。


司と牧野が別れてもう何年にもなる。
無理やり引き裂かれた恋は、牧野の心に大きな傷を負わせて。
俺はなんとかしてその傷をこの手で癒したいと願ったけれど。
結局できたのは、ただ傍にいることだけだった。

それでもいい。
どんな形でもいい。
牧野の傍にいられれば。
牧野の笑顔が見られれば。

こわばった顔つきで痛々しい笑顔しか浮かべられずにいた牧野が、ようやく以前のような花の笑顔を浮かべてくれたとき。
俺は心からそう思った。
ホントにそう思ったんだ。

でも実際、こうしていつも傍にいて。
隣にいるのも、笑顔を見るのも、ときにはその頬に触れるのも当たり前のようになってくると。
だんだん欲が出てきてしまう。
ダメだダメだと思いながら、もっともっとと願ってしまう。
これって男の性、ってヤツ?

いやちがう。そうじゃない。
そう思うのは、これが俺にとって一生に一度の恋だから。

だから決めた。
俺がそうだったように。
牧野の当り前も変えちゃおうって。

ずっと傍にいて。
ずっと笑顔を向けて。
ずっと俺を感じさせる。
俺といるのが牧野にとって当たり前になって。
いなくなったらとんでもない喪失感に襲われるように仕向けるんだ。
そうやって牧野の心に浸食して。
深い深いところまで食い込んで。
一部が全部になるまで離れない。

それからもう一度。
好きだって言う。
愛してるって言う。
絶対に離さないって誓う。

―――牧野を俺だけのモノにする。

もう今度は誰にも遠慮しない。
どんなライバルが現れたって、形になる前にぜんぶ蹴散らしてやる。
姑息な手段を使っても。
ああ、でもそれはもちろん牧野に知られないようにこっそりと、だけど。

外堀を埋めて。
内堀も埋め尽くして。
どこにも行けないように取り囲んで。
牧野をぜんぶ俺のモノに。

そう、これは俺の――― たぶん一生一度の ―――全力勝負。




そう思って行動して、もう1年半が過ぎた。
こんなにずっと一緒にいられるのも、たぶん俺が大学生の間だけ。
だとすれば、タイムリミットはあと約半年。
ここまで追い込まれても、思う結果を出せないなんて。
まったくもって不本意ではあるけれど。

相手が牧野だから仕方ない。


………なんて、呑気に構えている時間はもうおしまいだ。


俺はこくりと唾を飲む。
拳を握る。
最上の笑みを浮かべる。



「あのさ、牧野。」





* * *





最終決戦のゴングが今鳴った。
いや、ホントはもっとずっと前に鳴っていたのかもしれない。

反則技まで繰り出され。

攻め手が勝つか。
守り手が勝つか。

いや、どっちが勝ってもどっちが負けても。



―――――たぶんそれは幸せな結末。






Fin



どっちが勝つ? どっちが負ける?
きっとどっちも勝ちのwin win 


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ





♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥ lala たろさ様より頂強奪しちゃいました♪
たろささん有り難うございます♪♪


関連記事
スポンサーサイト

7 Comments

たろさ  

さとぴょんさま

素敵なコメントありがとうございました♪
花沢類っぽいって言っていただけて
何より嬉しいです(≧∇≦)

〉静かに確実に
それこそ花沢類ですよね!

最後まで読んでくださってありがとうございました
さとぴょんさまのコメント、毎回楽しみに読ませていただきました💕
今年も残り僅か、どうぞ健やかにお過ごしください
そして新しい年がさとぴょんさまにとって益々素晴らしいものになりますように!

2016/12/30 (Fri) 08:01 | EDIT | REPLY |   

たろさ  

空色さま&yukikoさま

空色さま

拙いお話を最後まで読んでいただいただけでなく、コメントまでくださって本当にありがとうございました!

おソロのリング!!!!
そりゃもうあっという間に類くんが連れてっちゃうんでしょうね。
「あ、牧野。あれもお揃いにしなくちゃね」
とか言っちゃって。(//∇//)キャッ❤
いいなあ、つくしちゃん……羨ましすぎっ!!!

いよいよ今年も終わりが近づいてきましたね。
どうぞ体調にはくれぐれもお気をつけて。
そして何より、新しい年が空様にとって今年以上に幸せなものになりますよう❤


―――――


yukikoさま

毎回たくさんコメントくださってありがとうございました❤
yukikoさんのコメント読ませていただくの楽しみにしておりました♪

うふふ。
類くんの“決断式”。つくしちゃん相手にいったい何回やってるんでしょうね。
でもきっとそれが報われる日も近いはずっ!!!!

他愛ないお話でしたが、気に入っていただけたら嬉しいです^^
二人の幸せとともに、新しい年がyukikoさまにとって幸せであることを祈って!
よいお年を~♪

2016/12/29 (Thu) 05:58 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/29 (Thu) 01:14 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/28 (Wed) 16:12 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

空さま♡

ほんと、幸せな瞬間よね。
って、コメントしかとお届けしますね〜

2016/12/28 (Wed) 15:59 | EDIT | REPLY |   

たろさ  

読んで下さった皆様、そしてasuhana様へ

4話にもわたりasuhanaさまのお部屋を占拠してしまい、asu様ファンの皆様申し訳ありませんでした<(_ _)>
そんな暴挙を行ったにもかかわらずこうして最後まで読んで下さったこと心から感謝申し上げます。

えっと……類くんがちゃんと“結果”を出すと思っていらした皆様ごめんなさい。
「俺たちの戦いはこれからだ!」エンドでございます。
連載中頂いたコメントに「やばいやばい。どうしよう。あのラスト」と戦慄いていた…というのはここだけの秘密です。

さて。
このお話をお届けした後、asuhanaさまがなななななんと1000話突破という偉業を成されたと知り驚愕しました!
凄い凄い凄すぎですっ!
しかもどれもみんな素敵すぎるお話ばかり!
1000話突破、本当におめでとうございます♪
そのお祝いと、それからクリスマス・お年賀・御礼・感謝……諸々すべてをこめて^^
(…というにはあまりにも粗品で申し訳なさすぎるんですが)受けとってくださりありがとうございました。

asu様、そして読んで下さったすべての方に心からの感謝をこめて。
どうぞ楽しい年末を。
そしてよいお年をお迎えくださいませ。

2016/12/28 (Wed) 12:31 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/28 (Wed) 12:15 | EDIT | REPLY |   

Add your comment