明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

No.066 柔らかな夜 byみかんさま

Special Thanks 天使の羽根 みかんさま


星空よりも
 月よりも

綺麗なものを
 俺は知ってる




「綺麗な星空が見たいなぁ〜」

無欲を絵に描いたような彼女が、なんの気なしに漏らした言葉が心に残っていた俺は、いつもの団子屋のバイトが終わる時間を見計らって待ち伏せして、びっくりして慌てふためく牧野を拉致って飛行機で3時間、フェリーに乗ること2時間半……
日本の最南端にある星の名所として名高い沖縄県のとある小島にある花沢家の別荘に無理やり連行した。

船を降りるまでは「もったいない」「わざわざこんなところまで」なんて、文句ばっかり言っていた彼女だが、陸に降りた途端に感じた南国の風に感化されたのか、あっという間に小さな憤りを投げ捨てた。

「わぁ〜〜っすごい星!綺麗だね〜」
「ん…本当だね」

別荘の庭にある小高い丘を、バスケットに軽く摘める食べ物やワインとグラスを用意して登り、草っ原の上にブランケットを敷いて、牧野と隣同士で寝っ転がって見上げている空は、天然のプラネタリウムとでもいうような、まさに降るような星空だった。

さっきまで、ぶうぶう文句を言っていた筈の彼女は、大きな瞳をそれこそ零れそうなそうなほど見開き、ぽっかりと大口を開けて空一面に散りばめられた無数の星々に見惚れている。

満天の星空の下、俺の視線は隣でしきりに感嘆の溜息を漏らす彼女の横顔に釘付けだ。

ジーッと穴が開くほど見つめる俺の視線に、
何を勘違いしたのか、牧野は少しバツが悪そうな表情をして、恥ずかしそうにボソリと呟いた。

「…さっきは、もったいないなんて言っちゃったけど……連れてきてくれてありがとう」
「ん〜どういたしまして。もったいないは牧野の決まり文句でしょ?気にしてないよ」
と、軽く揶揄うように言言い返した。
普段だったら「何それ!」とか「ひどいよ〜!」なんてすぐに怒り出す短気な彼女だが、今夜は肩を震わせてクスクスと小さく笑った。
「ふふふっ、ほんとそうだね〜」
その反応が意外で、類は上体を起こしてつくしを見下ろすと、仰向けで寝っ転がり、星空を眺めていた牧野がチラッと類に視線を流し、おもむろにあ〜〜んと大きく口を開いた。
「…くくっ、なに、大口開けてんのさ?」
その食いしん坊の子みたいな仕草が可愛くて笑いかけると、
「だって、こ〜んなにいっぱい星があったら一個くらい落っこちてきそうじゃない?」
などと、意味のわからないことを言って釣られたように牧野もケラケラと笑った。
「…ぷっ、何それ、あんた本当に食い意地張ってんね?」
再び揶揄うと、今度はさすがに拗ねたようにほっぺたを膨らませて、
「だって、綺麗な金平糖みたいで美味しそうなんだもん」
などと、類くらいにしか意味のわからないようなことを言って笑う。
「ははっ確かにうまそうだよね?なんなら月…食べてみる?」
満天の星空の真ん中にくっきりと浮かぶまん丸の月を指差しながら提案してみる。
「え〜?お月様なんて食べられるわけないじゃん」
牧野は天に向かって両手を伸ばし反動をつけて起き上がり、キョトンと不思議そうな顔をした。
「食べられるよ?」
至極真面目に答えると、「も〜いくら何でもそれは信じないよ」と、全く取り合う気配も見せない。
じゃあ、証明しよう。
よっこらせと起き上がると、2つのグラスにワインを注いで一方を牧野に手渡した。
牧野はグラスを受け取ったものの、言葉の意味がわからないと言うように俺を見返してくる。
鈍いヤツ。
にっこりと微笑みながらグラスの中を指差して囁いた。
「…そこに月が浮かんでるでしょ?」
二人で頭を突き合わせてグラスを覗き込むと……金色の液体の表面に、夜空に浮かぶ丸い月が映り、ゆらゆらと揺れていた。
「あ…………っ!」
牧野は弾かれたようにパッと顔を上げると、心底嬉しそうに類を見上げた。
彼女の黒い瞳にもまあるい月が映り込んでいた。
「こんなところにも月が浮かんでる」
牧野をそっと引き寄せ、目尻に唇を寄せ小さな軽いキスをした。

Fin


食べちゃいたいくらい君が好き

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ



Reverse count 34Colorful Story 応援してね♪
関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

蜜柑一房  

たろささん(拍手)

こんにちは!コメントありがとうございます^^

久しぶりに書いたお話なので気に入っていただけるか心配していましたが喜んでいただけてとても嬉しいです。
去年石垣島に行ったのですが、向こうで見た星空がとても綺麗で、夜が本当に暗いと、星がこんなに綺麗に見えるのかぁ〜!と感動して、そのことを思い出しながら書いてみました。
あーんって流れ星を食べるつくしちゃん・・・彼女らしいかなって思いますw

では、また、お目にかかれる日を楽しみに・・・(#^.^#)

2017/01/17 (Tue) 15:45 | EDIT | REPLY |   

蜜柑一房  

asuさん、凪子ちゃん、yukikoさま、ノエちゃん、さとぴょんさま

こんばんは!コメントありがとうございます^^
asuさん、お話を掲載してくださりありがとうございました!
本来ならば一人一人にお返事をさあ仕上げるべきところ、纏めてのお返事でお許しください。

100話SSを頑張るasuさんにエールを送りたくて、すっかりお休みボケしている脳に鞭打って、甘々とかほのぼのとか苦手なんですが一発頑張ってみました。
楽しんでいただけてとても嬉しいです。

このお話は、「君の瞳に乾杯」というベタベタ気障な台詞から妄想して書き上げたお話ですw
大都会の夜景も素敵ですが、人工の明かりのない真っ暗な場所で見る、降るような星空はきっと言葉を失うほど美しいだろうなと思います。
というか、東京を離れると星の綺麗さに驚かされます。まさに天然のプラネタリウムのようですよね。
降るような星空の下、大口を開けて流れ星を食べようとするつくしちゃんに、ワイングラスのなかに浮かぶ月を飲もうと持ちかける類君。
ロマンチックなシーンを想像して書いたのですが、よく考えたら思考はどっこいどっこいw

二人でカンパーイごくごくにしようか悩んだんですが、つくしちゃんの瞳に映るキラキラ星に見とれる類君…というオチにしてみました。
はい、もちろんこの後、ワインも月も星もつくしちゃんも美味しくいただいた筈……w

お粗末さまでした(o^^o)

2017/01/16 (Mon) 00:40 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

凪子さま yukikoさま ノエノエさま さとぴょんさま

コメントお預かりしましたー♡お伝えさせて頂きますね



凪子ちゃん
うふふっ、朝はね〜 ビックリする凪子ちゃんが目に浮かぶw


ノエさん
うわっ、凄い。今日は流石に半袖プラス長袖着て外に出て行ってましたよ。

半袖凄いナァーーーーー 

2017/01/15 (Sun) 18:30 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/15 (Sun) 18:09 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/15 (Sun) 15:29 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/15 (Sun) 10:25 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/15 (Sun) 07:44 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/15 (Sun) 07:40 | EDIT | REPLY |   

Add your comment