明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

baroque 37

bonne chance
 人は皆口々に

bonne chance
 あなたは幸運よね

bonne chance
 そう言うんだ



つくしが筒井の邸に着いたのは未明過ぎだった。

筒井の邸に戻ってきたつくしを黒崎が迎え入れる。
「十時には弁護士が参りますので」
そう言い残してつくしの部屋を去って行った。

車の中で眠ったせいか__つくしは、ぼんやりと外を見ていた。立ち上がり棚からアルバムを出す。アルバムの中には楽しそうに笑うつくしと薫が写っている。

パタンッ
アルバムを閉じて棚に仕舞う。

ベッドの中でまんじりともせず、世の中が朝を迎えていくのを見ていた。
夜が明けて空が白み始める頃、そろりとベッドから起き出してシャワーを浴びて髪を洗った。髪を乾かしながら色んなことを思い出す。

つくし付きのメイドが部屋をノックしながら声をかけてくる。

「つくし様、ご朝食はこちらにお持ち致しますか?それともダイニングの方でお召し上がりになられますか?」

「食欲がないから__お茶だけ淹れて貰える?」

「畏まりました」

メイドの後ろ姿を見送りながら、本来ならば間違いなく自分は向こう側の人間な筈だったのにとふいに思った。傅かれる側よりも傅く側の人間だった筈だ。それなのに__つくし様と呼ばれ日常生活の面倒を見て貰っているのだ。

いま自分が身に着けているものだけで、世間的にみて決して低くないだろう彼女の月給を上回わっているのだと......ぼんやり考える。

「多分__憧れなんだろうな……」

ポツリと呟く。
いまつくしの置かれている状況は、女の子なら一度は憧れるお姫様のような暮らしだ。
広く美しい部屋、クローゼットの中には普段着と言えない普段着がシーズン毎に替えられて並んでいる。
栄養もカロリーも計算された美味しい食事、好きな事を学ばせてもらえる環境。
欲しいものが見つからなくなる程に様々なものが与えられている。

萩に居た時とて窯元の娘としなに不自由なく育てられて来た。だがここ筒井とでは全ての格が違った。
筒井の邸に来てから、ありとあらゆる贅沢な品々がつくしを取り囲んだ。いまではすっかり当たり前になってしまったが身体を洗うソープ一つとっても、ビックリするほどの価格のものだった。

そして何よりも......つくしを愛してくれる王子様のような薫の存在。
薫は誰が見ても非の打ち所の無い人間だ。容姿端麗、眉目秀麗__その手の言葉は全て薫の為のような言葉だとつくしは思っている。
それに加えて宝珠を継ぐ人間__いいや宝珠だけではなくゆくゆくは筒井をも継ぐ人間なのだから。
本来ならば出会わなかった人……それが薫だ。
なんのイタズラかつくしは薫に出会い恋をして……剰えその恋が実ってしまった。

「ふふっ」
つくしは哀し気に笑ってから

「憧れは憧れのままのが幸せなのにね」
小さな声で呟く。

トントンッ ノックの音が聞こえて来る。

「はーい」
返事と共に、日本茶を持って来たメイドと共にインディゴちゃんが部屋に入って来た。

「おはよう。つくし」

「あれっ?いつ来たの?って言うか何しに?」

「あらっ、何しになんて失礼とねー。あんたのお誕生日に合わせて態々帰って来たんよ」

「だってぇ、久しぶりなんだもん。忘れられたかと思ってた」

「つくしを忘れると?無理無理。小学生の頃から知っとるつくしのこと忘れられるなかとよ」

「ふふっ、そうだよね。で、こんなに早くお爺様にご挨拶?」

「弁護士業務兼教育係としてのご挨拶にきたと」

「えっ?……あぁ……そっか……十時に弁護士が来るって言ってたもんね。インディゴちゃんがするんだ。ねぇ、ところで教育係りってなに?また誰かの家庭教師するの?」

「アタシの下でつくしを預かる事になったとよ」

「へぇーー雪乃さん、素早くそこまで決めたんだ。凄いね」

「凄いねって、他人事みたいに__あんた覚悟して受けたんじゃなかと?」

「覚悟……かぁ……覚悟って言うか、うーーん、二者択一って感じ……かなぁっ?」

「かなって、なんで自分の事なのに何で疑問符と!! いったい何があったと?」

「うーん、痴情の縺れ?」

「痴情の縺れ?って誰が誰と」

インディゴちゃんが怪訝な表情でつくしを見つめる
「アハッ あたしが薫と……」

「あんたと薫が?薫が浮気でもしたと?うーーんするワケなかとね。うーーん いったい何があったと?」

「聞きたい?」

「うーーん、悩み所かな。つくしは話したい?」

「色々聞いても見捨てない?」

大きな漆黒色の瞳がウルウルとなりながらインディゴちゃんを見つめた。




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ




ありがとうございます♪
関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

asuhana  

ろんどさま

ヒャンっ 嬉しい♡
インディゴちゃんも男?女冥利につきる事でしょう。

って、薫×インディゴちゃん ww
それいいーーって一瞬思った私をどうかお許し下さいw





ろんどさんが不快なコメント? ないないないですよぉー
いつも元気の元を頂いております。


というか、asuに対する 不快コメント自体は皆無とは言いませんが
オリキャラ満載。つくし色々バンバンやってる率からしたら(この表現もどうよですが)
凄く少ないかと思います。
多分、明日咲く花にくる方って心広いんでしょうねと推測してます。

プラスして、自分宛に頂いたのは、うわっ、うわっ ぐらいなんですよ。
段々と図々しくなりますしねw



2017/01/16 (Mon) 21:56 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/16 (Mon) 19:42 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

コリエッタさま

熟女!いい響きですねーw
くくくっ

あっ、ありがとうございます♪
ははっインディゴちゃん好きがココにも
嬉しい♡


愚痴りに、ご心配ありがとうございます。
自分宛なのは、あんまり頭には来ないんですけどねー。
取り入りつつ他の人を落すことをする人は嫌いなんです。



2017/01/16 (Mon) 18:37 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/16 (Mon) 18:25 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

ノエノエさま

弁護士インディゴちゃん 筒井で働くの巻きでござりますぅ。

《覚悟》どんなんでしょうかね
少しずつあきらかに

薫贔屓ありがとうです♪
うふふっ♪

2017/01/16 (Mon) 18:10 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

yukikoさま

おぉーなかねなんですね。
サンキューです♡
あっ、インディゴちゃん弁護士免許はもってますが
普通に会社勤めというか、筒井の関連で働いておりますぅ



昨日はどうでした?楽しんできましたか?
むふふっ

2017/01/16 (Mon) 17:28 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/16 (Mon) 14:51 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/16 (Mon) 01:56 | EDIT | REPLY |   

Add your comment