明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

No.086 フォンダンショコラ by四葉さま

Special Thanks ツクヅクシ 四葉さま

とろ~り とろとろフォンダンショコラ
 ほろり苦くて甘~いフォンダンショコラ




バイト帰りに、コンビニで買ったフォンダンショコラ。

お得商品、30円引。

レンジでチンすりゃ、極上の味わい。

しっとりとした外側の生地と、ねっとりと熱く溶ける中のチョコレート。

スプーンですくい、舌を火傷しそうな熱さに耐えながら、一口パクリ。

一気に唾液が噴き出してきて、生地とチョコが一体となったハーモニーが奏でられる。

そのまま、鼻で息をすれば、鼻腔にまで香りが広がり、もう一口と脳が指示を出す。

うっとりとした視線をフォンダンショコラに向けながら、エロい溜息をつく恋人に、暴君の怒りも限界を超えた。

「何、恍惚とした顔してんだよ」

「ちょっと待っててって言ったでしょ!お楽しみの最中なんだから!」

「お楽しみって、テメー、その黒いのとナニする気か?」

「わけわかんない。なんの話よ」

「ナニっつったら、ナニだ!」

一人真っ赤な顔で喚き散らす司を、つくしは冷ややかな目で見ながら、二口目のフォンダンショコラを口に入れる。

「んーたまんない」

「そーゆー言葉は、俺様にだけ吐け!」

「はぁ?馬鹿じゃないの?」

つくしは、用意してあった紅茶を飲むと、また、更に目を潤ませ、ふーっと息を吐いた。

「至福の時を邪魔しないでね」

つくしは、ツンと鼻を上に向け、細めた目で司を見る。

司は、口をへの字にして黙り込んだ。

弱みがある。

つくしが司と行くの楽しみにしていた映画を、メンドクセーの一言で断ったのだ。

まさか、つくしが、前売り券を二枚購入しているとも知らず。

「映画、そんなに見てーなら、今から貸し切って・・・」

「もういい。優紀と見てきたから」

つくしは、三口目のフォンダンショコラを口に入れた。

さっきまでの甘さは何処へやら。

苦さばかりが口に残り、ぬるくなった紅茶で洗い流す。

唇を噛み締め、スンと鼻を鳴らした。

「泣くなよ」

「誰が泣くか!こんな事くらいで!」

強がる程に、小さく身を縮めるつくし。

司は、つくしの背後に移動すると、そっと抱きしめた。

「ほんと、わりぃと思ってる」

「思ってなかったら、八つ裂きにする」

「でも、お前も最初から言えよ。『チケット買ったから行くぞ!』って」

「そんな恥ずかしい事出来るか!」

強がりばかりが上手くなり、素直になれない今日この頃。

そんなつくしに気づかず、何故怒ってるのかさえ分からなかった。

司は、はーーーーーっと溜息をついた。

「恥ずかしくても、やってくれよ」

つくしの肩に顎を乗せた司は、耳元に優しく囁く。

「俺なんか、かっこわりーとこばっか見せてるだろ?」

つくしが優紀と見に行った事を司に教えたのは類。

最初は、類を誘ったらしい。

嫉妬に怒り狂った司に類は、

「怒る相手が違うだろ!」

と怒鳴った。

つくしに誘われた類は、

「俺をお前らの喧嘩に巻き込まないでくれる?」

と素っ気なく突き放した。

ソウルメイト故に、彼は厳しさを持ってつくしを諌める。

「俺なんかと行ったら、修復出来るもんも、出来なくなるよ」

ごもっとも。

そして優紀を誘って見たものの、全く気が晴れない。

辿り着いたのは、自棄酒(やけざけ)ならぬ、自棄フォンダンショコラ。

冷蔵庫の中には、今日が消費期限のフォンダンショコラがまだ三つ入っている。

造形美の極致である司が眩しくて、せめてダイエットと思い、色々我慢してきた彼女には、何ヶ月ぶりの甘い物だった。

「映画、やっぱ、行こうぜ」

「もう、いい」

「でもさ・・・」

体育座りで膝におでこを付けてしまったつくしの顔は、司から見えない。

「もう、いいから・・・ちゃんと抱っこしてて」

見る間に頸が赤く染まり、耳までその色が広がると、司の心臓もドクンドクンと激しく鳴り出す。

「し、失礼します」

変な緊張感と共に、司は、つくしを抱きしめる手に力を入れた。

ピクンと動く彼女の肩に、司までピクンと反応する。

司は、自分の長い両足の間につくしを挟み、つくしの体温を感じた。

ちょいビターな生地の中には、熱くて甘いチョコレート。

まるで、つくしは、フォンダンショコラ。

司の腕の中の彼女は、時折苦さも含みつつ、彼を虜にして離さない。




甘くてちょっぴり苦い恋の味

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ



Reverse count 14Colorful Story 応援してね♪
関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

四葉  

コメントを頂いた皆様へ

asuさん、コメント受け取りました!
色々お気遣いいただき、何から何までありがとうございますm(_ _)m
その細やかな気配り、大雑把O型の私には、眩しいです(*´꒳`*)


Happyendingさんへ
偉い!そして、ありがとう!!私、虚ろな目をして、布団の中で読みました(笑)しかも、二度寝叶わず>_<四葉ワールドは、迷子になると戻ってこれないので気をつけて!!

HNさんへ
とってもよいよい!むふふ、褒められちった(o^^o)早起き、ありがとうございます( ̄^ ̄)ゞ早起きは、三文の徳。今日一日が、HNさんにとって素敵な一日であったら嬉しいです♪

すてらさんへ
犬は食いませんが、西田は食い付きます(笑)壁に耳あり障子にメアリー。メアリーって誰だよ!by司

yukkoさんへ
オ※ハ※ヨ※ウが、何故か、オ・モ・テ・ナ・シに見えた四葉。文字数ちゃうし!∑(゚Д゚)つくしは、素直じゃないから時々後ろから膝カックンしたくなりますよー(笑)

kachiさんへ
私の中で、類王子は、意外とハッキリ物言える大人なイメージ。ソウルメイト故に、ガツンと言えるのは類!これからも、変な方に暴走するつくしを止めてもらいたいです♪しょっちゅう寝てるけど(笑)

さとぴょんさんへ
はじめまして!そして、ありがとうございますm(_ _)m総ちゃんにも心を寄せて頂いて感謝感激♪つかつく、類つくとは違うマイナーな総つく。細々、こっそり仲間内で盛り上がりましょう♪

2017/02/04 (Sat) 20:34 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

コメントお預かりしました。

うふふっ 素敵なコメントの数々 
しっかりお預かりしております。

2017/02/04 (Sat) 19:38 | EDIT | REPLY |   

四葉  

ありがとうございました!

asuさん、ありがとうございました!とても楽しかったです。そして、コメントを下さった皆様、どの様な内容かは、非公開で分かりませんが、拙い作品に感想をくださりありがとうございましたm(_ _)m花男二次、本当に素敵ですね(o^^o)

2017/02/04 (Sat) 19:34 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/04 (Sat) 18:24 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/04 (Sat) 17:13 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/04 (Sat) 10:41 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/04 (Sat) 09:22 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/04 (Sat) 06:14 | EDIT | REPLY |   

Add your comment