明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

愛を込めて花束を 前編 by 凪子さま

chu.jpg

special thanks ビー玉の瞳 凪子さま




violet, indigo, black and blue
flame, yellow, purple, sky blue,
pink, yellow green, ash, brown...

あなたに贈る色は...?



*



『寒っ…//』


寒いのが苦手なあなたは
やっぱり冷たい海風に肩を竦める

それでも
あたしが此処に来たいって言ったら
いつも二つ返事で


―『いいよ?あんたが行きたいとこなら…』


そう言って必ず笑って頷いてくれる
世界一あたしだけに優しい人

もう流石に
かなり甘やかされてるっていう自覚あるけどね...


それでも
今まで肩肘張って生きてきたあたしが
素直にただの一人の女の子で居られるのは

あなたの前でだけなんだから...


だから今日改めて、
きちんと言葉で伝えたいって、
そう思ったんだ///...




*


「ね!?写真撮ろうよ//!」

『……写真?』

「そ//二人でっ//!」


何故かこの時期に
冬の海に行きたいと言った彼女は...

いつも以上に元気でノリノリで
着くなり俺の腕を引っ張って、波打ち際へ...


しかも

彼女から「二人で写真を撮りたい」なんて
いつも照れ屋のあんたにしては、かなりのレア物で…


「ねっ?…いいでしょ//ダメっ??」

『…ん、いいよ』


クスリと余裕ぶって
笑って誤魔化してみたけど


どうしたの//?

急に可愛くねだられたら
流石の俺でもドキドキするし...

だってなんだか、今日のあんた…
妙に素直で、可愛くて...//



そんな風に

いつも以上に牧野に参ってた俺は

彼女がこっそり立ててた計画なんて
ちっとも気付かなかった


*


彼がボーッとしてる間に、

あたしは素早く通行人のお姉さんを掴まえて
写真を頼む

スマホで自撮りも良いけどさ?
たまにはカメラで

だって今日の1枚は、
ちょっとだけ特別なモノにしたいから...



『…あんた、随分用意良いね』


うっ//…
流石に怪しんでるけど
ま、気にしない気にしないっ//♪



―「…じゃ、撮りますよー//?」


「はいっ!お願いしまーす//!」


ハイ、チーズ!…の瞬間に


ほんのちょっとの勇気を持って...//

あたしから、ギュッと
『彼女』らしく//あなたの腕に絡み付く

フフッ//…どうだっ//♪
あたしだって、やる時はやるんだからっ//!


チラリとその長い腕の主を見れば
その綺麗な顔が、ちょっと吃驚したように...


あれ?少し耳まで…赤いかも…

うわっ///♪レアですなぁ///♪
うんうん//♪これはレア物っ///♪


って、嬉しくなってつい調子に乗ってたら…


『…牧野、顔赤い...ククッ//』


なっ///!…しまった///...
これはミイラ取りが...
ミイラになりそうな予感///??

いやっ//今日は負けないからね!?

いつもはあなたに
ドキドキさせられっぱなしのあたしだけど

今日はとっておきの切り札、あるんだから...///!


ってふと我に返ると
お互いくっつき合って、見つめあってる状態で///…


…ハッ//!
これじゃ完璧なバカップルじゃん…///


あたしは慌てて
彼の笑顔に惚けているお姉さんからカメラを貰い

お礼を言って、さよならをした///…


*


吃驚した

いつもは照れて、外で自分から腕を絡めるなんてあり得ないのに...

今日のあんた、なんか積極的だよね//

いつも俺の想像の斜め上で
突飛な事をたくさん考えつく彼女だけど

今日はどうやら、かなり機嫌が良いみたい...//



そのまま二人
穏やかな波打ち際を歩いて

ふと周りの景色を見渡せば...

いつか見たことのある、その景色に...


「…なんだか… 懐かしいね//…」


振り向いた彼女の漆黒の瞳
冬の太陽が映り込んで、キラキラ光を反射する...

不意に訪れる
デジャブみたいな浮遊感...


ねぇ

今のあんたにはこの景色...
一体どんな風に映ってるの?

やっぱりまだ
アイツの事、思い出すのかな...



遠くの海を見ながら
海風に乱れた髪を片手で押さえる彼女は

ドキリとする程
妙に大人っぽく見えた



*


今日ここに、二人で来たかったのは
あの頃の自分に、サヨナラするため...


あの日

アイツとの別れに
どうしようもなく涙が止まらなくて
もう立ってられないって思って...

そんな時、いつも側にいてくれたのは...



『…何?』

「ううん//…何でもないっ//…」


振り向けばやっぱり、あの時と同じように
優しく見守ってくれる、ビー玉の瞳...


でもね?…もう大丈夫、心配しないで...///


あたしはもう、昔のあたしとは違うんだ...//

だって、ここに来て思い出すのは
ほら…もう、あなたとの事ばかり...



「…あの時さ、類があたしに//言ってくれたよね…」



覚えてるかな…

あたしにとって、あなたの言葉は
今もこの胸にしっかりと残ってるから...


その約束を果たしに...ここに来たんだよ///…?



*


…?

俺、なんて言ったっけ...

彼女の言わんとする所、咄嗟に浮かばなくて
首を捻って考えてみる


と、目の前には不満げな彼女の顔...


「もうっ!忘れちゃったの!?…
あたしが凹んでて…「この海まで悲しく見える」って言ったら、あんたが言ってくれたんじゃない…///」


急にプイッと膨れてしまった彼女の横顔に
慌てて頭をフル回転させる

そう言えば...

鮮やかに甦るのは、涙目に濡れた
あの日の漆黒の瞳...


あぁ...

そうか


―『牧野に誰か本当に好きな人が出来たら、また海を見に来たらいいんじゃない?』


あの頃の俺

兎に角あんたには絶対に、
幸せで笑ってて欲しかったから...

たとえその相手が、俺じゃなくても...って...

その想いだけで
実はかなり必死だった自分...//


一瞬だけ
そんな切ない過去に捕らわれた俺だけど...



「…ほらっ//この時だよ…///」


突然
彼女から向けられたスマホの画面...

その中には
泣いた後のとびきりの笑顔の牧野と

その後ろで
控えめに笑って、あんたの幸せを願う俺がいて...





―『まきの、ほら?…笑って?』


彼女のスマホを奪い取って、
泣き顔のあんたを強引に少し抱き寄せ
シャッターを切った事...


たとえ"友達"同士のじゃれあいでも、
真っ赤に照れて、ムキになって怒らせてでも...

ほんの少しだけでも、笑ってて欲しくて...


―「…ちょっ//!酷っ//!目、腫れてんのに~//!?」


慌てて俺の手からスマホを奪い取ったあんたから
やっと笑顔が出たことに、少しばかりホッとして

それだけで、幸せで...

撮った写真なんて、確かめもしなかったけど...





「これね…
ずっとあたしの『宝物』だったんだ///…」


『…え...?』


こんな...
片想い全開の頃の自分の顔、突き付けられて…///

なんでこんな写真が、宝物…///?


思わずぶっきらぼうに


『プッ//...だって、まだ付き合ってもなかったし…
あんたまだ、俺の事好きじゃなかったじゃん…』

言ってから、ちょっと拗ねたみたいな自分の言葉を
格好悪いって思ったけど...


「…それは///...そうかも知れないけどさ…
でもこの写真と、この時のあんたの言葉が…
いつもあたしの背中を押してくれたから…

...だからやっぱりあたしの『宝物』なんだよ…///」


はにかんで笑う彼女の笑顔がとても綺麗で

思わずまた
ドキリとさせられる








ドキリとさせられたあとは?どうなる?続きは12時更新です。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

凪子♪  

No title

yukiko様♪

コメありがとうございますっ(#^.^#)❤

うふっ♪
大胆なつくしちゃん♪好きなんですよね~❤

そして確かに!
人によって捉え方が違う❤
…でもここでは、前向きな感じです(*^^*)
たまには可愛いスレ違いもありかなって♪

丁寧に読み取って頂き嬉しいっ❤❤
どうもありがとうございました♪

2017/02/20 (Mon) 21:18 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/20 (Mon) 10:54 | EDIT | REPLY |   

Add your comment