明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

明日咲く花~前編〜 by 凪子さま

Special Thanks ビー玉の瞳  凪子さま


あたしの心の支え__それは?






世間を巻き込んだ大恋愛の末
その恋を失った彼女に、

俺は一体、何ができるんだろうか......


あの日から
牧野は心から笑ってはいない


―『土星のネックレスさ... 突き返してやったよ...』


そう言って、弱々しく笑った彼女は
明らかに強がっていて...

そして悲しいほど、綺麗だった......



あれから―――

あきらは時々、牧野を自分の邸に誘ってる。
あきらの母親の夢子さんや妹達に囲まれて、牧野はケラケラと、よく笑っているという。

でも

―『新作のケーキがすっごく美味しくてさぁ…
あ!今日は、バラの花束までお土産に貰っちゃったんだ...。凄いよね~、ホントに、うちになんか似合わないのに...』

そう言って、俺の前では必ず最後に弱々しく微笑む彼女をみると…
ツキンと心が痛むのは、何故なんだろう


総二郎は...
毎週必ず決まった曜日に、牧野を茶の稽古に誘っている。

牧野の気晴らしと…芸は身を助けるでは無いが、今後も習っていて決して損は無いんだと、どうやら真剣に説得したらしい。
その気持ちが通じたのか、働き始めた今も西門通いは続いていて、それはとても、良いことだと思う。

でも...

―『お茶室に居るひとときってね… なんだかいろんな事を忘れられるんだけど... 外に出たときに、ふと思っちゃうんだよね... あぁ、私は"非現実"の中に、居たのかもなぁ~、ってさ...』

ヘラヘラと心無い笑いを見せられて...
俺はなんと、答えれば良かったんだろう


そして

俺はといえば...

ある日、宝石店の店先で、偶然彼女に似合いそうなネックレスを見つけた。

チューリップのモチーフにパールが一粒、凛として光輝く可愛らしいペンダント...

思わず牧野の笑顔が浮かんで、気付いたらすぐに手に取っていて、


「あ、そのままで... 袋に入れてくれる?」

プレゼントの箱まで取っ払って、ただ、小さな布の袋に入れて貰い、そのままポケットに忍ばせる。

俺は浮わついた気持ちで、彼女の元に向かった。

ただただ、
これを付けて喜ぶ、彼女の笑顔が見たかったから...

だけど


『あれ?…花沢類... また来たんだ...』

玄関を開けて、疲れたようにそう言った彼女の顔を見たとき、俺は、自分の選択が誤りであると悟る。

今の彼女では、こんなもの、喜ぶ筈もなくて......

ネックレスの変わりに、
違う言葉が口をついて出た。


「…ねぇ、今度さ…チューリップ畑、観に行かない?」


*


『すっごーーい///!!こんなにたくさんっ//!!』

久し振りに、彼女の笑顔を見た。
屈託の無い、昔みたいな、弾けるような笑顔を…


「あんまり遠く行かないでよ?」

『大丈夫~//!子供じゃないんだからさっ//』

色とりどりのチューリップに囲まれて、その中を嬉々として跳ねるように歩く牧野は、本当に無邪気で...

どうしてもっと早くここへ連れてきてやらなかったんだろうと、自分の馬鹿さ加減に呆れながらも
弾けるような牧野の笑顔が、ただ、嬉しくて...

久し振りにのんびりと、あの頃の非常階段のような時を過ごす。

帰りに立ち寄ったお土産コーナーでは、
必死に球根を見ている彼女。


『ねぇねぇ、これ、今から植えたら春に咲くかな//?…ほら、小学生のとき、学校で育てたりしたけどさ、考えたら自分一人で家で咲かせたことって、一度も無いんだよね~//』

意味がわからなくて、首を傾げれば

『えっ!?…やだっ!花沢類、学校で鉢植えで育てなかったの//!?』


学校で、鉢植え??

「別に…ガーデニングの授業とか、無かったし...」

思ったことを答えただけなのに、何故か牧野は大爆笑した後、やがて腰に手を当てて、俺を叱った。


『あのねぇ!…そもそも自分でチューリップ育てた事も無いなんて//!小学生にだって笑われるわよっ//!?…これだからお坊っちゃまは//…』

とかなんとか、ブツブツ言いながら...
何故か俺も一緒に、チューリップを球根から育てる羽目になる。

クスッ、そういえば、牧野の大きな独り言も、久々に聞いた気がするな…

いつの間にか、昔みたいに心地好い空気が流れて...
自然と肩を寄せ合い、何色が良いかと、二人で球根を選びながら...


『決めたっ//!絶対にあんたより綺麗な花を咲かせて見せる//!』

と鼻息荒く意気込んでいる牧野に、何故だか鼻の奥がツンとしてくる...

良かった...
久し振りに、ホントのあんたに逢えて...

きっともう、大丈夫だね―――――



次の春が来たら、
どっちが先に花を咲かせるんだろう。

そうして少しのときめきと切なさと一緒に...
俺は生まれて初めて、チューリップの球根を育てることにしたんだ。


**


あのチューリップ畑に連れていってくれた日―――

彼はどうして
何も言ってくれなかったんだろうか...


ある日突然、花沢類は居なくなってしまった。


急な仕事の都合でフランスへ転勤になったと、
後から美作さんが教えてくれたけど......

―何でよ//!?
道明寺だけじゃなく、花沢類もなの//!?


あたしは、
始めは何も言わずに去ってしまった彼を恨み、
自分の孤独を恨んでいた。



その怒りが、どこから来るのか...
本当の気持ちは、一体何なのか......


強い苛立ちと悲しみの源を、考えもせずに
ただやり場の無い気持ちに、途方に暮れたのかもしれない。


そして、花沢類が消えてしまった後も...

そんなあたしに気を遣ってか、美作さんや西門さんは、相変わらず優しい。
それでも、何故か彼らには、花沢類へするようには自分の弱味は見せられなかった。
だから、顔は笑っていても、あたしの胸は押し潰されるように、苦しかったんだ...


そんな中、10月のある日...

突然彼から一通のメールが届く。

驚いて開ければ、何もない鉢植えの写真で...


― 『今日、チューリップを植えたよ』


メッセージは、たったそれだけ...

花沢類らしい、シンプルなお知らせメール...


それなのに

あたしは一人、わんわん泣いた。

あたしは馬鹿だ。
向こうに行っても、"彼"は何一つ変わってなんかいなかったから...

それがなんだか嬉しくて、
今、彼がここに居ないことが、無償に切なくて...

一体何の涙なのか、わからなかったけれど
死ぬほど涙を流して、初めて気付く

花沢類が居なくなってから、あたしはずっと
涙を溜め込んでいたんだと...


その日から、あたしに心の支えが出来た。

小さな小さな、チューリップの鉢植え...

育て方を調べて、彼に遅れまいと慌ててチューリップの球根を植える。

そして急いで、彼のアドレス宛にメールを送った。


―『こっちも植えたよ!絶対に、先に咲かせて見せるからね!』


PCに文字を打ちながら、久々に自然と笑っている自分自身に気が付く。

ちょっと楽しい…//
ワクワクする…///

どうやらチューリップは、まだ芽が出ない冬場も水をやり続けなきゃいけないらしくて...

それから毎日、
朝起きるのが少しだけ楽しみになった。



明日咲く花〜中編〜は明日0時〜

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ




♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

凪子♪  

No title

yukiko様♪

丁寧にお読み頂き、ありがとうございます❤

実はこの類くん、いつもと(?)違ってあまり強引では無いんです(^^;

司と別れても、すぐにはいかない...
まどろっこしいくらいかもしれませんが 苦笑

つくしへを想ってはいるけれど、ちょっと天然?
のんびりタイプにしてみました(^^;


そしてそして、凪子は何をトチ狂ったか、asu様のお部屋で長々と全3話に渡ってしまうこのお話...

実はasuさんへの、遅れたバースデープレゼントのつもりなんです(^^;

以前、asuさんのお部屋と同じ名前の歌を見つけて♪いつかプレゼントしようと歌詞だけチェックしてまして...

で、それがなぜか、全3話になっちゃって...(^^;

でも今回、懐の深いasuさんに、ドドンと受け取って頂きましたm(__)m❤笑

まだまだまどろっこしい二人の変化を、yukiko様にも楽しんで頂けたら嬉しいです(*^^*)

どうもお粗末様でしたっ!&コメありがとうございましたっ(*´ω`*)♪

2017/04/04 (Tue) 22:53 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/04 (Tue) 10:35 | EDIT | REPLY |   

Add your comment