明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

明日咲く花~後編~ by 凪子さま

Special Thanks ビー玉の瞳  凪子さま


あたしの
 俺の

一番は___


PCの前...

ひとりぼっちの部屋で、膝を抱える。


「…っ…花沢類のバカっ…」

―…~ン


「グスッ、何で返信、くれないのよ…」

―…ンポーン


「ヒック、何でここにっ… 居ないのよぉ...... 」


―ピンポン、ピンポーン!


「…っ!…るっさいっ//!もおっ//!人の気持ちも知らないで//!?」


さっきから五月蝿いぐらいに鳴り響く、チャイムの音に…

どうせ宅配便かなんかだと
あたしは涙をゴシゴシっと擦って、印鑑片手に玄関を勢いよく開ける。

―ピンポン、ピンポン、ピンポ~ン!

―ガチャン!


「そんなに何回もピンポン押さなくてもねぇっ//!
今出ますっ!!…か…ら...... 」


突然

ドアを開けたあたしの目の前に現れたのは
鮮やかな紫色のチューリップで...


「駄目だよ、女の一人暮らしですぐに玄関開けたら…」

耳を擽る、柔らかくて懐かしい声...

嘘......

「…な… んで//...... 」


「ほら?俺のも咲いたんだ。…なんかやっぱり、牧野に直接、見せたくなって…」


ニコッと鉢植えの後ろから
のほほんと、綺麗な笑顔を向ける人...


逢いたくて
逢いたくて
堪らなかった...


「…によ…//」

「…え?」

「何でよっ//!」

「わっ!ちょっと//!?」


彼は突進してくるあたしを見て、慌ててチューリップの鉢植えを片手に掲げると、飛び込んできたあたしの身体をもう片方の手で… 受け止めきれずに…


「…っ//!!」
「うっそ//!?」


―ドッシーン!!


あろうことか、花沢類に思いきり飛び付いたあたしは...

そのままの勢いで、彼に酷く尻餅をつかせて
自分はちゃっかり…彼の身体の上に......///


*


「イテッ//! …テテテっ//…牧野...は、怪我はない//…??」


俺は、そのまま無様にコンクリートの床に転がりながらも、なんとか抱き止めた彼女の無事を確かめる。

ハハッ、我ながら、なんて格好悪い再会//…

だけど...


「プッ//!やっぱり牧野最高っ//!…」

突然行って驚かせるつもりが、まさか飛び付かれてこっちが転ばされるなんて!

「ごめんっ//!ヤダッ//…大丈夫っ//!?」

「…ククッ…ん、支えられなくて、ごめんな…?」

どうやらすっかり元気になってる牧野が嬉しくて、
こうして、今ここに久し振りの彼女が、何故か俺の胸の中にいることも、嬉しくて...

笑いながら、そう言ったのに


あれ... 牧野...?


「花沢類のバカっ//!!」

「......... 」


そのまま起き上がるでもなく、しがみつくように俺の胸に顔を埋めて...


「…なんで返事っ、くれなかったのよっ//!?」

「...ん... 」


震える彼女の頭を、そっと撫でる


「髪、随分伸びたんだね...」

「…切ってくれる人、居ないもん//…!」

「…そっか」

「そうだよっ///…グスッ//」

愛しいな...
あんたが愛しくて、堪らない...


「…いつだって//...勝手にさっ//…」

「…ん」

「…寂しかったんだからねっ//…」

「…ごめん」

「…もう何処にもっ//!…行かないでよ///…っ//」

「…あい」


スーツがしわくちゃになるほど、ギュッときつく手を握りしめ、今までの彼女の想いを絞り出すような声...
その震える肩を、俺はしっかりと抱き締める。

だっていつの間にか、チューリップの他にも...

彼女の中に育っていた、"思いの丈"があったなんて
この時俺は、初めて知ったんだから...


「…牧野」

「…ぐすっ…//」

「ただいま…」

「…ふえっ//…おかえり//…」



花沢類の懐かしい香りに包まれて...

その暖かな胸の中で
あたしはわんわんと、声をあげて泣いた

でもこれは、紛れもなく"嬉し涙"...


「うっ…おかえりっ//… おかえりなさいっ//…」


何度も何度も
何度言っても足りないくらい...


あたしの元に今やっと
"春"が、帰ってきてくれたから...


*


翌朝から―――

あたしの部屋の窓際には、2つの鉢植えが並ぶ...

あたしのピンクと
花沢類の紫色

仲良く並んで咲いたチューリップは
楽しそうにキラキラとお日様の光を受けて、
真っ直ぐに空へと伸びていく。


あれから…

あたし達は、離れていた時間を分け合うように
朝方まで互いの一年間を話し続けて


そして、今は//…


「…きの…」

ムニャムニャと、あたしを抱き締めながら呟く彼の寝言が、すぐ側にある幸せ...


「フフっ//… 」

にやける顔をシーツに埋めながら、あたしは自分の胸元に光るペンダントをこっそり眺める。


―『…これ、つけてくれる?』


昨日の夜、1年ぶりに会った彼がおもむろにポケットから取り出したのは、一粒のパールが光る可愛らしいチューリップのペンダント。


―『…やっと、渡せる...』


心から嬉しそうに、噛み締めるように呟いた彼の言葉が、きっと随分前からあたしの為に用意してくれていたんだとわかり、胸が詰まる...

言ってくれれば良いのに//
言わないんだよね//…

そんなところも…


「…ほんっと、変わらない///...」

「ん?」

「ううん///… なんでもない///...」


振り向いて、変わらない温もりを
あたしは抱き締める。


いつでも側に居てくれたのに
近すぎて、わからなかったもの...

でも、今ははっきりとわかるよ

あなたこそが
あたしの中にある、かけがえのない"光"...


ねぇ? 類…

ここからまた、始めてもいいかな///…


不器用な牧野つくしは、きっとずっと前から...

世界で一番に
あなたを愛しています。





Fin.



※花言葉

ピンクのチューリップ… 愛の始まり、誠実な愛
紫のチューリップ… 不滅の愛、永遠の愛


お誕生日のお祝いに頂きました♪素敵なお話をありがとうございます♡ 

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ




♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

10 Comments

凪子  

No title

さとぴょん様♪

ひゃ~っ❤嬉しいっ❤(*´ω`*)

そうなんです…
ここではちょっとのんびりな類にしたので、攻めもしない、ただ待つの姿勢に皆様ヤキモキされたら&asuさんのお宅に苦情来ないかとドキドキしてたのですが(^^;苦笑

ふふっ、チューリップ…
つくしが絡んでるだけで、類はマメに育てる筈ですから…笑
多分、類も毎日せこせこ水やりして、にこにこ育ててたと思いますよ♪笑笑
って、もうそれだけで、凪子は萌えなんです(* ̄ー ̄)❤笑

そして…はいっ!類愛だけはたくさんあります♪笑笑
さとぴょん様にも暖かい春と類を、感じて頂けて良かったですっヽ(*´▽)ノ♪

最後までお付き合い頂きまして、どうもありがとうございました❤

2017/04/08 (Sat) 22:25 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/08 (Sat) 20:34 | EDIT | REPLY |   

凪子♪  

No title

yukiko様♪

うふふっ❤
ビンゴでしたねっヽ(*´▽)ノ♪

私も、類くんならば絶対に見せに行くと思いましたもんっ❤笑笑

そして宅配便…(^^;
ううっ、類なら良いのにねっ♪笑笑

まさに会えない時が、このつくしちゃんには必要だったみたいです❤
更にはお好きなカラーも加わって♪yukiko様にも楽しんで頂けて良かった!!

ずっと素敵なコメント頂き、最後までお付き合い頂きまして♪どうもありがとうございましたっ♪

2017/04/06 (Thu) 22:18 | EDIT | REPLY |   

凪子♪  

No title

Kyoro様♪

なんと過分なお言葉!
ありがとうございますっ❤m(__)m

類くんの、「やっと~」の気持ち❤
気づいて頂き嬉しいです(*^^*)♪
類は一途ですものねっ❤❤

今回asuさんのお誕生日を知り、類つく派には特別なチューリップの花を、asu様のお部屋の名前に見立ててみました♪
Kyoro様にも楽しんで頂けたようで、良かったです!(*^^*)

最後までお付き合い頂き、どうもありがとうございましたっ♪

2017/04/06 (Thu) 22:13 | EDIT | REPLY |   

凪子♪  

No title

空色様♪

ひゃ~っ❤
類らしい!ありがとうございますっヽ(*´▽)ノ♪

この度asuさんのお誕生日を知り、1週間も出遅れた上に、おそれ多くも三夜連続でasuさんのお宅でお披露目となった凪子です(^^;

そうなのよね…❤
ガンガン行って欲しい反面、気持ちを抑えちゃうところも、類の魅力なので…、まどろっこしいかなと思いつつ、じわってしまいました(* ̄ー ̄)❤笑

でも空さんにも喜んで頂けて、良かったです❤
鉢は… なんとしても死守したでしょうね 爆笑
類おっきいから大丈夫よ!笑笑

最後までお付き合い頂き、どうもありがとうございましたっ♪

2017/04/06 (Thu) 22:06 | EDIT | REPLY |   

asu  

空色さま kyoroさま ノエさん yukikoさま

しかとお預かりしました〜

空さま
うんうん。類類ですよね


ノエさん
むふふっ、突進
二人だからいいのよね〜

あっ、ありがとうございます。
昨日無事に入学式を迎えました。
なんだか初々しく可愛かったです。 

2017/04/06 (Thu) 14:11 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/06 (Thu) 10:51 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/06 (Thu) 08:49 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/06 (Thu) 05:17 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/06 (Thu) 00:41 | EDIT | REPLY |   

Add your comment