明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

大嫌い!司ver byロキさま

daikirai.jpg



「アンタなんて大っ嫌い!!!」

牧野はそう言って、走っていった。
俺は呆然とそれを見送っていた…。

***



二人とも社会人。お互いに仕事を抱え、忙しい。特に俺は世界中に散らばる道明寺の拠点を駆け回る毎日だ。牧野は中小企業の一般職。やっと仕事を覚え、新人を下に迎えて、自分の仕事をしつつ、先輩としてルーキーの面倒を見ている・・・らしい。

ゴールデンウイークなんて日本の休みは俺には関係ない。6月に入り、やっと一日休みが取れたから、牧野と会うべく、連絡を入れた。ほぼ1ヶ月ぶりに聞く声。思わず声が弾む。

「道明寺?」
「ああ、俺だ。あさって休みが取れる」
「そうなんだ・・・」
「会おうぜ」
「うーん、その日は予定が・・・」
「あ、そんなの俺が優先に決まってるだろ!」

いったい何日会ってないと思ってるんだよ!
俺より重要な用事って何なんだ!

「同じ部署の新入社員の子がね、相談があるっていってて、会社では相談しづらいっていうから、外で会おうか、って言ってて・・・」

そんなもん、会社のことなら、会社で相談すればいいだろうが!

「うん、そう思ったんだけど、他の社員には聞かれたくないからって、藤田くんが・・・」

は?!そいつ男か!なんでそんなんの相手するんだ!
ほかの男と外で会う?
何考えてるんだ!

この危機感のない鈍感ボケボケ女!
怒って電話を切りやがった!

その憤懣をそのまま、あきらにぶつけた。
実は、牧野が就職したのは、美作商事の関連会社で、牧野はそれを知らずにいたのだった。がんがん怒鳴る俺の声を聞いたあと、あきらは言った。
「お前なあ・・・俺にどうしろっていうんだよ」

それでもあきらは牧野に連絡してくれて、あさっての午後の時間は俺と会うことを約束してくれた。そして、ついでにその前に会う“藤田くん”というヤローのことも調べてくれた。

藤田安弘。藤田総合保障の当代社長の次男坊。いずれは会社に入るが、今は他に修行で出されている。気のいいスポーツマンタイプ。同期の中では抜きんでた存在。

「・・・で、親切で明るい先輩に一目惚れってわけ」とあきら。
やっぱり!!!

***

当日。牧野と会うのは午後1時。遅いランチを一緒にとる約束。藤田くんとやらには、11時にあって、話を聞いてから、メープルに向かうと言っていた。(あのあとちゃんと話をした)。男には気をつけろと言っても、ただの後輩だよ~という返事。くそっ。

そして俺は、顔をつきあわせて話をしている牧野たちを、少し離れたところからのぞき見ている。そばにはあきら。
「なんで、俺がこんなことしなきゃならないんだよ」とぼやいているが、半分面白がっているのが見え見え。
チェーン店のマズいコーヒーをすすりながら、やきもきと二人を見ていると、いきなり藤田のヤローが牧野の手を握った!びっくりしてのけぞる牧野。何か一生懸命かきくどいている藤田。牧野は、なんか言ってるけど・・・。
「あー、これは告られてるな」という、のんびりしたあきらの言葉。
見てられっか!

突如現れた美麗な男。カツカツと靴音も高く、カップルのテーブルの横に立った。
「ど、道明寺・・・」
「道明寺さん・・・?!」
そのまま店の外に牧野を引きずり出していく。
呆然としていたが、慌てて藤田もそれを追いかけていく。
「お前ってヤツは、キョトキョトしやがって!」と怒鳴りつけた。

そして・・・

「アンタなんて大っ嫌い!!!」

牧野はそう言って、走っていった。
俺は呆然とそれを見送っていた…。

***

「あの・・・」
と藤田とかいうやつが、おずおずと声をかけてきた。
ぎろっと見返すと、びくっとしたが、おじけずに話そうとする。
ふんっ、根性はあるってわけか。
「あなたが、牧野先輩の好きな方なんですね」

藤田は牧野に告ったが、あっさりとふられたらしい。
牧野は言ったんだそうだ。つきあっている人がいる、と
なかなか会えないし、我儘で強引なヤツだけどって。
そんな風に語る牧野先輩はとてもかわいらしくて。
今から久しぶりに会うんだって、おしゃれしてて。

「おーい、司。にやけてる場合じゃないぞー、牧野いっちまうぞ!」

はっとして、全速力でおいかけた。
牧野!
牧野!
牧野!

俺をいい気分にさせるのも
俺を落ち込ませるのも
みんなお前だ。
俺をおいていくな!

やっと捕まえた牧野は、怒っているより悲しそうで。

なあ、怒鳴りつけて悪かった。
お前はちゃんと断ってくれたんだよな。
俺のことを“付き合っている人がいる”って。
そうやっておしゃれしてきてくれたのは、俺のためなんだろ?
すっげぇ、かわいい。
俺のことあんなふうにおいていかないでくれ。
大嫌いなんて言わないでくれ。
なあ、牧野・・・。

必死でいいつのる俺にぎゅっと抱きついて。
「バカ」
「横暴、俺様、勘違い男」
「くるくるパー」

なんと言われようと、腕の中にいる牧野が愛しくてたまらない。
「あんただけが好きなんだからね、このバカ!」

お前の言うバカは好きって意味だよな。
・・・最高の殺し文句。
久しぶりのぬくもりを離すまいと、きつくきつく抱きしめた。

FIN





ロキさま
素敵なお中元を有り難うございました♪
めっちゃ嬉しいです♪


大嫌い! 類ver  類♡だ~い好き

大嫌い!総二郎ver 空色の時間

大嫌い!あきらver 駄文置き場のブログ


関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

ロキ2017  

kachiさま

いつもありがとうございます。
そうですね。つくしちゃんのこととなると俺様でばかりはいられない司くんが可愛く思えます。

あきらくんは、鉄板の役割、世話焼きです。
二人に振り回されつつも、半分面白がってるんだと思います。

大嫌いは大好きの裏返し。
お楽しみいただけたならうれしいです。

コメントありがとうございました。

2017/07/16 (Sun) 22:48 | EDIT | REPLY |   

ロキ2017  

さとぴょんさま

いつもありがとうございます。
細かく読み込んでいただいて、うれしかったです。
突っ込んでいただきたいところを、きちんと見ていただいて。

はい、つくしの大嫌いは大好きの裏返しです。
司が「ワンコロ」のようだ、というのは、けだし名言です。
つくしが何を言っても、腕の中にいれば、可愛く思えてしまうでしょうね。

コメントありがとうございました。

2017/07/16 (Sun) 22:41 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/15 (Sat) 22:16 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/15 (Sat) 21:11 | EDIT | REPLY |   

Add your comment