明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

紅蓮 106

高層ビルの眼下を見下ろしながら、眉の付け根を二本の指で解した。


宗谷の胸の奥に芽生えた小さな疑念は、日増しに大きく膨らんでいく。


思い出すのは、以前、司に投げられた言葉の数々……
言われた当初は、つくしを取り戻すための心理作戦だと思い込んでいた。
だが……

「宗谷さんは、何でも良くご存知でいらっしゃる__ならば、設楽先生の奥様が、美繭さんがお亡くなりになられた時に近くに居た事ご存知ですよね」

「__彼女、あの海の近くで事故に遭われたんですよ」

「彼女どうやら一旦、脳死判定を受けていらっしゃるようですよね」


「……何事も順調に進められる宗谷さんが珍しく人の言う事をそのまま信じるのですね?それとも……二階堂氏からの報告書ですかね?」


そして……設楽が自分に話した数々の言葉。

「宗谷さんは、完璧な伴侶が作られたいと思いませんか?」

「奥様を自分好みに躾てみられたいかがでしょう」

「僕の愛する妻は、事故に合い死にましたよ__」

「……今僕に寄り添っている妻には、事故のショックで記憶が失われていますがね。それに……顔を怪我したので僕好みに顔を少々弄らせて貰ってますけどね」


そればかりか、玲を産むのと引き換えに設楽玲久は、この世を去ったという。

司の言う通り、玲久が死んでいたとしたら? それに美繭が関係していたとしたら?

そんな事は無いと何度も打ち消す。
でも……一度首を擡げた思いは、頭から離れない。

だが……何のために?
何が目的で?

ソレを行う意味が分からない。

宗谷は、そこまで考えてから、己の身を振り返る。
どこで何の恨みをかっているのかなんて、分かりはしないだと……
現に己とて、美繭の死の一端をあの二人司とつくしに転化しているのだから。

それに……設楽なら全てが可能な筈だ。

「……間違い…ない」

理由はわからないが、設楽玲が生物学的には自分の子だという事。

「遺伝か……」

決して自分に似ているわけではない。

ただ……ウェヌスのえくぼが、お前の子だと、そう告げているのだ。

腰の部分のえくぼだけなら、たまたまだと言えただろ。だが、自分の母と同じ瞳の色が、あの時の状況が、我が子だと告げているのだ。

皮肉な事に、愛しい我が子は他人つかさの子で……自分の遺伝子を受け継いでいるのが設楽の子供としてこの世に生を受けているのだ。


「これが……設楽ヤツの復讐…なのか……」

宗谷の脳裏に永久の笑顔が浮かぶ。自分を父と呼び懐く愛しい我が子。永久が出生の秘密この事を知ったなら……

初めて自分が招いた罪を知る。


ビルの谷間を8の字を描きながら、ツバメが飛んでいる。
関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

asu  

さとちゃん

今は苦悩でしかない現実ってところでしょうか?
ウシシッ

2018/06/24 (Sun) 13:37 | EDIT | REPLY |   

asu  

yukiちゃん

そうそうそうまさしくそうなのよ

凄いそうの量だけどw

愛する美繭が産んだと知ったら?
それ以前に美繭が生きてる知ったら?

どう出る?

2018/06/24 (Sun) 13:35 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/17 (Sun) 15:30 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/16 (Sat) 10:11 | EDIT | REPLY |   

Add your comment