明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

Rival amoureux スピンオフ④ -GPS-


2021ruiBD_off04_02.jpg



スピンオフ④『花沢オートキャンプ場物語~真夜中のたんけん~』




牧野と星空を眺めて語り合って……これって凄くロマンチックなんじゃない?
今告ればきっと一生の思い出…しかも美的センス抜群!と思った時だった。


「じゃあそろそろ寝よっか?」
「……寝ちゃう?」
「ふあぁ~~、うん、眠くなっちゃった……」

「………………」

司の甥っ子、楓維を連れてきたオートキャンプ……やっぱり5歳児は早々と夢の世界に行ってしまった。
そこから始まる2人の時間、それが目的だったのに牧野まで「眠たい」なんて目を擦り始めた。
途端、さっきの夢がガラガラと崩れてく……

ーオトナはまだこれからでしょ?ー
なんて呟く俺……それを無視して「楓維くんのところに行く~」…だって。

やれやれ、仕方ない……って俺も腰を上げた。


俺のキャンピングカーはベッドが2つ。
楓維には落下防止用の柵でもしておけば問題無い。どうせ爆睡してるんだから居ないものと思えばいい。
それなら今度はここで語り合って、甘い空気に変えていけば……だからどうにかしてその状況になるように仕向けたかったのに、牧野は当たり前みたいに楓維を寝かせたベッドに……。


「………………牧野、そこなの?」

「ん?普通そうじゃない?」
「………………すぅ」←楓維

「そうなの……かな」

「だって楓維くん1人だと可哀想じゃない……ふあぁ~、類も早く寝たら?」
「………………すぅ」


どうして牧野が楓維を抱き締めて寝るかな💢!!
密着する相手が違うんじゃないの?💢💢


と叫ぶことも出来ずにベッドに寝転んだら2人に背中を向けた。
だって見たくないし!!




ヴォ~~~~ヴォ~~~~……

「……ねぇ、類……起きて?」

ヴォ~~~~ヴォ~~~~……

「……類ったら、起きてよ……ねぇ」
「…………ん?どうしたの……」

どのくらい寝ただろう……暫くしたら身体を揺すぶられて、薄く目を開けたら牧野が俺のベッドに乗っかってた。
あぁ、なんだ……やっぱり俺の方が良かったんじゃん♪って嬉しくなって両手をだしたら、今度はそれをグイッ!と引っ張られた?!

……いきなり座ってヤるの?なんて寝惚けて牧野を抱っこしようとしたら、今度はベッドから降ろされた?!


「……なに?牧野……真夜中だよ?」
「何か聞こえるの。なんだと思う?」
「どんな声が……」
「牛みたいなの。ねぇ、類…この辺には野良牛がいるのかしら」

「…………野良牛?」


野良犬、野良猫、野良牛……いやいや、聞いたことないけど?ってキャンピングカーのドアを開けたら……


ヴォ~~~~ヴォ~~~~……
ヴォ~ヴォ~~~~……

ヴォ~、ヴォ~、ヴォ~、ヴォ~……


…確かに牛の声みたいなのが聞えた。
しかもかなり近いし、1頭じゃない。そいつはどうやら近くの池の辺りから聞えてくる……ちょっとマジで不気味だった。
牧野はその声に答えるみたいに「モォ~~!!」とか言うし、俺は慌てて牧野の口を手で塞いだ!


「ダメじゃん!はっきり判らないのに呼ぶようなマネしちゃ!」
「あはは!だってあんなに鳴くんだもん~」

「随分近いみたいだけど、何かあったらヤバいから移動する?」
「え~?牛さん見ないの?」

「……そんなに見たいなら昼間に牧場に連れて行くから……」

どうしたの?What's the matter?


…ほら!楓維まで起きちゃったじゃん!


「…どうし…たの?」

おそらく半分寝惚けてるのだろう、
目を擦りながらモゾモゾと起きて来た楓維は、本来の5歳児らしくて…可愛いく見えるから不思議だ…


ヴォ~~~~ヴォ~~~~……

「ぁ、ウシガエルだ」
「「は?」」

「うん、ウシガエル♪」
「ウシ?」
「カエル?」

「ウシガエル、間違いないよ?僕 知ってるもん♪」

ほら♪と言って荷物の中から取り出したのはタブレット。
その中の生物図鑑を開いて見せてくれた。

「カエルなんだぁ~でも、カエルの時期には早くない?冬眠中じゃないの?」
「ここは、暖かいからじゃないかな?」


まぁ、この時期にしては暖かい場所を選んだんだけどさ…寒かったらヤダし…


「楓維くん、本当に詳しいのね~」
「僕、動物好きなんだぁ~」

「凄いねぇ~」


いやいや、感心する処じゃないよね?そこ。
キャンピングカーの周りにカエルだよ?
しかも、スッゴい声で鳴くヤツ。


「僕、見てみたいっ♪」
「「は?」」

「本物のウシガエル見たいっ!図鑑の動画じゃないつまんないし♪」
「「………………」」


***


………何で…何で夜中にカエル探して歩き回らなくちゃならないのさ…

人の足音1つで鳴き止むウシガエルを懐中電灯を握りしめて…探すってさ…


ヴォ~~~~ヴォ~~~~……

カサッ

しぃーーーーん

ヴォ~~~~ヴォ~~~~……

カサッ カサッ

しぃーーーーん

………💢💢

ヴォ~~~~ヴォ~~~~……


「あっ!あれかな?」
「ん?どこ?」

「ほら、あそこ」
「えぇ~本当ぉ~?」

池の向こう側に懐中電灯の灯りを反射する複数の光。

1匹、2匹……結構、居るんだ……
つーか 楓維!!牧野に近過ぎだろ💢


「えぇ~判んないよぉ、どこ?」
「ほら、あそこだって」


……くそっ!離れろっ!5歳児!

ちらっと視線を寄越して、鼻で嗤われた気がした。

…………💢💢💢

ウシガエルを探して小一時間、歩いて歩いて池の向こう側の光は見付けても、
その姿を見る事は出来ない。


「あのさ…もう夜中だし寝よう?カエル探しは明るくなってからにしよ」
「えぇーーまだ 探したいぃ」

「楓維くん、もう遅いから…ね、また明日探そ?」
「はーーーい」

………コイツ…牧野への返事は最高だよね💢


***


チュンチュン♪

チュンチュン♪


……朝だ…


はぁ~完全に寝不足だ……身体が重い、瞼も重い…
夜中のカエル探しと寝てからの大合唱、
………あぁ……まだ、耳元で鳴いてる気がする。

隣のベッドでは牧野がモゾモゾ…

……まだ、夢の中か……な?


「あれ?」
「ん?どした?」

「楓維くんが居ないっ!!」
「えっ?」


「つくしぃ~♪♪」

牧野は外から聞こえた声に慌てて飛び起きドアを開けると……


「つくし、おはよう♪見てっ!」

「楓維くん、どこに行ってたのっ!心配…うわぁーーーーーっ💦💦」

「牧野っ!!」

「自然教室のお兄さんと一緒に探して来た♪」
「「……………」」


元気一杯な楓維の手にはアクリルゲージに入れられたウシガエル。

そう言えば……管理棟の隣に『自然教室』の看板があったな……と、到着時の記憶を辿る。

その間も、楓維はそのウシガエルを上から下から横から、嬉し気に牧野に見せている。

一方の牧野は……一定の距離を保ちつつ引きつりぎみの笑顔で対応。

……うん、判るよ…デカ過ぎだよね…


「ねっ♪可愛いよね?」
「んーーーー」

「ほら、大きいでしょ♪オスだって!お兄さんが教えてくれたんだ♪」
「そ、そうなんだ…」

楓維は牧野の反応などお構い無し!
ウシガエルの可愛いさを力説。


「か、楓維くん……」
「うん?何?」

「観察したら、お兄さんと池に放してあげよう…ね?」
「えぇーーーやっと捕まえたんだよ?つくしに見せようと思ったんだ…」

急にションボリした楓維の様子に、牧野の肩がガックリ下がる。

…ぷっ…5歳児の説得に失敗したっぽいw

いやいや、笑ってる場合じゃない!
こんなデカいカエル、連れて帰るとか飼うとか言わないよね?
牧野は…ダメっぽいし……えっ!家に?
……都心の住宅地にウシガエル…冗談じゃないぞっ!
ご近所さんに騒音で訴えられちゃうじゃん!


「あっ!そうだっ!!」
「ど、どうしたの?楓維くん」

「僕、連れて帰って飼うっ!!!」

「「はぁーーーーっ!!!」」





おしまい🐸


↓おまけつきです♪
web拍手 by FC2
関連記事
スポンサーサイト