明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

花いちもんめ  総つく

勝って〜嬉しい 花いちもんめ♪ 負けて〜悔しい 花いちもんめ
あの子が欲しい‥ あの子じゃわからん 相談しよう そうしよう

あの子は、だぁれ? だれの事?


毎週繰り広げられる、争奪戦。
ほら、ほら 今夜も、皆が競い合っている。


「ですから、さっきからもお伝えしてる通り、あの流暢なフランス語は、類のお陰でしてよ。」

「あの優雅なテーブルマナーにダンスの腕前は、あきら君ですわ。」

「誰にでも、向っていく鼻っ柱の強さは、司ですわね。まぁ、このまま決まりですかしらね?」

「「「と・こ・ろ・で、総二郎さんは何かございましたかしら?」」」

3人に同時にそう問われ、
憤慨して、触発されたのが、負けず嫌いの 笙子さん。

つくしちゃんは、絶対に絶対に 西門の嫁にする。
そう、この日から‥虎視眈々と策略を立て始めた 笙子さん。


総二郎さんに任せてばかりじゃダメだってことで、ある人物に力を貸してもらう事にしたのだ。
「うふふっ、見てらっしゃいな。」

***

「大宗匠、御裏様、笙子です。」
斯々然々‥説明をする。
「それは、総二郎一人には、任せとけんな。」

大宗匠の目が燃えてらっしゃる。うふふっ、これで西門の中の問題は一丁上がり。

次は、ここ一番肝心。チラッと御裏さんを見る。
「笙子さん、先ずはお稽古をきちんとつけなきゃね。」
流石、御裏さん。

次にしたのが、敵撲滅大作戦。 

楓さんは、つくしちゃんの心が司君にあると信じて疑わないのか、余裕綽々で、つくしちゃんを餌に司君をこき使っている。うふふっ、男女の愛なんて案外もろいものですわよ。
まぁ、司君には悪いけど、つくしちゃん頂かせていただきます。

相変わらず夢見る少女の夢子ちゃん、あなたにはいつまでも、夢見て頂きましょうかしらね。
あきら君ですもんね〜 

一番の敵は、策士の母は、やはり策士。玲奈さんかしらね。ここは死活問題よね〜
なんせ類君ですもん。つくしちゃんがお嫁ちゃんに来てくれなきゃ、結婚しないとか言い出しそうよね。 
うふふっ、いい気味♪いい気味♪

手始めに‥
「あらっ望月の奥様〜」

ヨッシャー、これで類君のお父さんが出て来る筈。 うふふっ、来月辺りから玲奈さんご自慢の類君は、フランスかしらねん♪ おほほっ


***

「こんにちは〜」
「あら、つくしちゃん〜」
「百瀬さん、こんにちは。西門さんはいらっしゃいますか?」
「うふふっ、全員、西門さんですけど〜」
「えへへっ、若宗匠でお願い致します。」

なんて、話しをしていると‥ 奥から 品の良い美しい女性が出て来て‥
「牧野さんでしたかしら?」
「あっ、はい。いつもお世話になっております。」
「いいえ。こちらこそ。」
聞けば、西門さんどうやら急用が出来たようで、出掛けてしまったようで‥

「ごめんなさいね。」
丁寧に謝られて、ちょっぴりラッキーなんて思って帰ろうとすると‥

手を、むんずと掴まれて
「今日のお稽古は、私で宜しいかしら?」
家元夫人のお稽古を、断れる訳もなく‥ 渋々あとを付いていく。
ひょぉーー 噂によると、こ、こ、怖いんだよね?
西門めぇー 休むなら連絡しろぉー なんて心の中で愚痴る。

ところがどっこいぎっちょんちょん

「えっ〜 そうなんですか? あははっ えぇえぇ」
家元夫人は、とってもとっても楽しい女性で、2時間ほどのお稽古ですっかり意気投合してしまった。この日を境に、あたしと家元夫人もとい笙子さんに、お茶のお稽古諸々をつけて頂く事になった。

でもって、連れて来られたのは、西門の後援会事務局。夏休みの間、こちらでバイトする事になったのだ。

水を得た魚とばかりに、仕事が楽しくて仕方がない。茶道の歴史を紐解くと共に、お茶のお稽古にも力が入る。集中してお稽古すると、上達する自分を感じる。上達するとお稽古が楽しくなる。楽しくなれば、上達する。あたしは、いつの間にか茶道にのめり込む。
夏が過ぎ、秋が過ぎ、ぐるっと季節が一回りする頃には、事務局の仕事だけではなく、お茶会の準備からなにやらを、御裏さんに付き添って、お手伝いするようになっていて、いつの間にやら、御裏さんの家で修行中の身になっていたのだ。

御裏さんと、大宗匠と共に、様々な所に行く。季節が2回りする頃には、道明寺とはすれ違いが多くなって、いつの間にか別れていた。

西門さんが、修行に旅立つ。
大宗匠が、修行について色々語って下さる。西門さんに対して、見る目が変わる。あの男、ただの女たらしじゃなかったのだ。それが理解できた頃、修行から帰って来る。
凛々しさを身に付けた、若宗匠は、とても綺麗で思わず見惚れてしまう。

季節が5つ回る頃、あたしは半東さんを努めるようになる。
あたしは、若宗匠を尊敬するようになっていた。そして恋をした。


***

最初は、道明寺家から行儀見習いを頼まれて教えていた。
ちっとも上達しねぇ牧野、一通り出来りゃ−いいやなくらいの感覚だった。

いつの間にか、牧野が俺の世界に入って来る。じわりじわりと、入ってくる。
一番最初に、所作が綺麗になったなぁと感心した。久しぶりに付けた稽古で、感嘆した。
真剣に茶に取り組む姿勢。メキメキと上達する腕前に。

牧野が、司と別れたと聞いたのは、俺が修行に旅立つ少し前。何だかホッとする俺がいた。
修行を終え、帰ってきた俺を出迎えてくれたのは、妙齢の女。
美しい所作の中に、上品な色気を身に付けた牧野だった。

牧野が、半東を努めるようになる。俺の茶にとって欠かせない存在。
いや、俺の人生にとって欠かせない存在になる。
俺は、牧野に恋をした。

茶室で片付けをしている牧野を押し倒して、口づけをした。
掛け軸を探しにきた、大宗匠に見られて‥

「総二郎、嫁入り前のお嬢さんになんて事をする。」
と怒られて、御裏さんにはなじられて

「牧野と結婚したいと思っています。」
なんて、宣言をしていた。

あのそのしていた牧野だけど、御裏さんから
「つくし、その気がないのに接吻したんやか?」
なんて怒られて、首をブンブン振ったあとに
「好きだからです。」
その一言を聞いた、御裏さんは、大仰に一つ頷いて、大宗匠に耳打ちして
俺と牧野の婚礼の日取りが決まった。


いや、いや、牧野は庶民の出だ。すんなり上手くいく訳ないと懸念したのだが、
重鎮達に、諸手を上げて大賛成された。

そして、今日、俺の嫁さんになる。
綿帽子姿の牧野が、はにかんで俺を見ている。

くぅっー 可愛いなぁ。


***

つくしちゃんが欲しい。
相談しよう。そうしよう。


うふふっ、私は、遂に手に入れた。
可愛い可愛いお嫁ちゃん。
可愛い可愛いつくしちゃん。


うふふっ、楓さん、夢子ちゃん、玲奈さんの 悔しそうな顔。
うふふっ、次は孫自慢かしらねぇ〜




笙子さんの顔には、満面の笑みが広がる。




更新予定、拍手コメント返信は こちら♥をご覧下さい。

↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥










リクを頂いた。F4の母親みんながつくしを欲しがったら‥
家元夫人一人の活躍になってしまいました。(ごめんね〜)
関連記事
スポンサーサイト



12 Comments

asuhana  

Re: タイトルなし

hiroさま

いつもありがとうございます♪
笙子さん、怒らせちゃいましたからね(笑)
結婚後 おほほっ ですね〜 ぐふふっ ちょっと面白そう。

2016/02/08 (Mon) 08:06 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/07 (Sun) 23:16 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

Re: こんにちは(´ψψ`)

空色さま
最強の味方。負けん気強いからね~笙子まま

2016/02/07 (Sun) 16:03 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

Re: おはようございます\(´O`)/

yukikoさま
大丈夫だった?
うふふっ、なら良かった~(*^^*)

2016/02/07 (Sun) 15:58 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

Re: さすが

miumiuさま
安泰安泰、安泰ですな~(*^^*)

2016/02/07 (Sun) 15:57 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

Re: 次は誰?ん

yakkoさま
いやいや、家族9割りだね(笑)
えっ、他の三家?あははっ、

2016/02/07 (Sun) 15:38 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/07 (Sun) 11:09 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/07 (Sun) 10:07 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/07 (Sun) 10:03 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/07 (Sun) 08:30 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

Re: 総つく?

えみりんさま
笙つく(爆)確かに

花いちもんめ 微妙に違うのかな?
ってか,私のが違ってるだけかも(笑)

2016/02/07 (Sun) 08:15 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/07 (Sun) 07:07 | EDIT | REPLY |   

Add your comment