明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

ずっとずっと 115

内診台のカーテンが開き、インディゴちゃんが、エコーを見せてくれる。

「チカチカ、動いているのが心臓。うん元気な赤ちゃん。おめでとうございます。」
ニコッと笑う。
つられてあたしも笑う。 

「インディゴちゃん、産婦人科の先生だったんだね?」
「そうとよ。こっちは母の病院。天橋立に父の経営する病院があって、ちょっとお手伝いだったとよ」
「そうだったんだ。翻訳関係がお仕事なのかと思ってた。」
「あははっ、そうとよねー あちらは、ただの趣味とよ。まぁ、いざとなれば、つくし一人くらい雇ってあげるとよ。 」
「それって、凄い趣味だね。」

「つくし、そういえばあんた、ただのヘビーじゃなくて、メガトンヘビーだったとね。」
「あははっ、そうかもね」

人との出会いは、いつでも不思議なものだと思う。
英徳に通い出し、司と出会った16のあの年から、あたしは様々な強烈な人と出会ってきた。
好ましい出会いも、好ましくない出会いも、全部引っ括めて、様々な人との出会いが、あたしを作っている。

「きちんと戻る決心は、ついたと?」
「うん。ついたよ。」

インディゴちゃんが大きく笑う。




診察室に戻ると、薫がソワソワして待っている。
そんな姿が、愛おしいなぁ‥ そう思う。 

「おめでとうございます。7週に入ったところです。」

「ありがとうございます。藍田先生には重ね重ねお世話になりますが、どうぞ宜しくお願い致します。」
薫が、丁寧に頭を下げている。

「うーん、やっぱりいい男とねー」
インディゴちゃんが、こっそり呟いていて笑ってしまう。


応接室に通され、今見せてもらった エコーの録画映像を、今度は皆で見せてもらう。
4人は、チカチカ点滅する映像を見て、「可愛い」を連発している。

インディゴちゃんが、苦笑しながら日常生活での注意点や、次回の検診について話している。
心配性な、5人のたっての希望で、結婚式当日は主治医として、インディゴちゃんが付いてくれる事になった。


**


薫に、しぃちゃんから連絡が入る。邸の中が活気づく。

「ねぇ、亜矢ちゃん、しぃちゃんは、帰って来るのよね? もう居なくなったりはしないわよね?大丈夫よね?」
雪乃ちゃんが、5分置きに同じ言葉を繰り返す。

雪乃ちゃんにとってのしぃちゃんは、由那ちゃんでもあるんだと、しみじみ感じる。雪乃ちゃんにとって、自分の命よりも大切だった存在。彼女の支え、彼女の希望、彼女の未来、彼女の全てだった 由那ちゃん。


1時間後、片倉から連絡が入る。
「薫様と共に、天橋立の別邸にお戻りになられました。今晩は、こちらにお泊まりになられるとの事でございます。」

薫から栄さんに、連絡が入ったのは、片倉から連絡がきてから何時間たった頃だろうか? 

「そうか‥そうじゃったんだな」
万感の思いがこもった声で、栄さんが返事を返し電話を切った。

嬉しそうな顔をしながら、こちらを振り向き
「コホンッ、儂等にひ孫が出来るぞ」

皆で顔を見合わせ、祝杯をあげる

「マタニティなんとやらだったのかのぉ?」
「そうです、そうに決まってますわ」
「保護してくれた方が、産婦人科の先生というのも、何かのご縁なんでしょうな」
「京都でクリニックも開いてらっしゃるとか‥」

栄さんの事だ。朝一番で柏木に連絡を入れさせ、多大な寄付の援助を持ちかける事だろう。栄さんがしなくても誰かが動くのだ。
皆、口には出さないけれど、しぃちゃんの憂いをほんの少しでも和らげられるものがあるならば、全てを与えてあげたいと思っているのだ。
いいや、全てではないから。‥一番の望みは叶えてあげれないと、誰もが知っているから。

朝を待たずに、邸を出発する。私達のミューズを迎えに行く為に。 


**

診察室で、一人待たされる。
満面の笑みを称えた、藍田先生がやってくる。
「おめでとうございます。7週に入ったところです。」

つくしが、ハニカミながら僕を見る。6月に、僕等は父と母になる。

応接室に通され、お爺様達と共に、エコーの録画画像を見る。
お爺様も、お婆様も
「可愛い」を連発している。  

僕は、チカチカ動く君をみた瞬間を、忘れない。
10ミリほどの大きさしか満たない君を見た瞬間、世の中の綺麗なもの全て、君の為に送ろうと決心した。


父さんと母さんも、僕が出来た時にそう思ってくれたんだろ。素直にそう思う。心の中が温かくなる。



更新予定、拍手コメント返信は こちら♥をご覧下さい。

↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

asuhana  

Re: こんにちはm(__)m

空色さま

一つだけふたをしてしまえば、幸せ。うん。幸せ

2016/02/11 (Thu) 18:42 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

Re: タイトルなし

てるてるさま

でも、類だったら身をひいちゃいそうじゃないですか?
それが悲しい。

2016/02/11 (Thu) 18:36 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

Re: (* ^-^)ノこんばんわぁ♪

yukikoさま

いやいや、こんな美しい方はいない。
実在の人物じゃなくて、漫画の中の人。しかもニューハーフじゃない(笑)
でも、その人をイメージしてるのだ(^_-)-☆

私ね、マタニティーハイになった記憶が...

2016/02/11 (Thu) 18:29 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

Re: タイトルなし

yakkoさま
間違いなくなる。なる(笑)
色々な意味で希望の光だからね~余計だよね

2016/02/11 (Thu) 18:24 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/11 (Thu) 11:19 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/11 (Thu) 09:33 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/11 (Thu) 01:33 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/11 (Thu) 00:40 | EDIT | REPLY |   

Add your comment