明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

ずっとずっと 26

RRRRR...
いつの間にか寝入っていたようで、あいつのベルの音に起こされる。
ふわぁっーーー
ディスプレイには 道明寺 の名前。
慌てて、現実に意識を戻す。
「‥…もしもし」
「おぉー元気か?」
久しぶりの愛する人からの懐かしい声。

NY以来だから、2週間ぶりになるのだろうか? 久しぶりに聞くあいつの声に気分が弾む。
あぁー好きだなぁ この声も 素直にそう思う。

「帰り送ってやれねぇで悪かったな…」

「ううん大丈夫だよ。…それにね、出迎えは嬉しいけど、送りは淋しくなるからいらないよ。‥…実はね帰り少し観光して帰ったんだよ。だからね大丈夫。これからも折角だから行ってみた事ない所に行くかもしれないしね。」

全部は話せなかったけど、少しだけでも話しておきたくて...
帰りに寄り道をした事を話した。

「そっか... 大丈夫だったか? 一人で心細くなんなかったか?」
優しく聞いてくる道明寺。変な嫉妬さえ発動されなければもの凄く優しくあたしを包み込む男だ。

「うん。かおるちゃんから語学はばっちり訓練受けてるから大丈夫だよーー結構通じるようになったんだよ。今はフランス語とイタリア語を勉強中」

「お前、すげぇ頑張ってんな 牧野のダチ かおるっていったけ? そいつすげぇなーー」

「うん。すごく刺激を受けてるよ。何か国語も喋れるから、たまに魔法の呪文って思うくらい不思議な言葉も話してたりするよ。」

「魔法の呪文かーー ククッ どんな呪文だよ。」 

「俺よーー最初お前が、英徳辞める、京都に行くって聞いた時は、俺から離れていっちまいそうで心配だったんだけどよぉ、京都行って良かったよな。お前すげぇイキイキしてるしよー」

「それにによぉ‥…休み毎に俺に会いにNYまで来てくれるしな」 

秘書さんに「司様」 と、声を掛けられたようで慌てて

「じゃっ また連絡っすから」
そう言って電話が切れた。

電話のきれた後は淋しいけど、忙しい合間に電話をくれたと思うと嬉しくて嬉しくて胸がいっぱいになる。



さぁて今日も頑張りまっしょかっ!!

嬉しさは隠せないかったようで、つぅ爺に
「しぃちゃんや、今日は随分とニコヤカですなぁーーー」
なんて何度もからかわれた。

「つぅ爺、仕事!仕事!仕事しましょっ」

「そうそう、ご機嫌しぃちゃんにもう一つご機嫌になる連絡かな?」

「辻庵のどら焼きですか?それとマピエのロールケーキですか?」

「いやいや...そんなもんじゃないぞ」

「えっ”” もしやもしや青葉の限定モンブラン??」

「アハハッ それくらいなら、食べたきゃ幾らでも取り寄せるぞ。しぃちゃんのいい事は食べ物ばっかりじゃなぁー」

「えへっ どれも皆美味しいですよ〜 って、じゃあ一体なんなんですかぁ?」

「実はな、亜矢さんが今月半ばに遊びに来るんじゃよ。」

「‥…つぅ爺なんでもったいぶってるんですか?すぐに教えて下さい。すぐに!!」

「いやいや...しぃちゃんもメールチェックしてご覧。きっと連絡が入ってるぞ〜」

慌ててメーラーを立ち上げると 亜矢さんからのメールが  

しぃちゃん
元気ですか?
先日はお電話ありがとうね。とっても嬉しくって、一日中ご機嫌で
棗さんに笑われたわ。
「君は嬉しい事があるとすぐに顔にでますね〜」
ですって。

しぃちゃんに、お電話しようかと思ったのだけど、メールに初挑戦してみました。
うふっ これで時間を気にせずにしぃちゃんに連絡出来るわね♡

約束の桜を一緒に愛でましょう。雪月庵に買い物があるので
私だけ半月程早めにそちらに行くつもりです。
ぜひご一緒に過ごさせてね

しぃちゃんに愛をこめて 宝珠 亜矢



亜矢さんに会えると思うと嬉しくて嬉しくて、満面な笑顔になる。

「我が家に泊まる予定でおるから、しぃちゃんもその間は我が家に泊まりに来なさい。」
なんて、つぅ爺が嬉しい事を言ってくれる。

「つぅ爺ーー よろしくお願い致します。うふっ嬉しいぃーーー」

「アハハッ しぃちゃんは亜矢さんがほんに好きなんじゃのぉ...雪乃が淋しがるから雪乃の事も相手にしてやっておくれな」

「何言ってるんですか? 亜矢さん雪乃さんどっちも大好きで大切な人ですよ。ムフッ...ついでにつぅ爺も大好きで大切な人ですよ。」

「アハハッ 柏木に青葉の限定モンブラン買って来て貰おうかのぉー」

繊細でそれでいて大胆に自己を主張する青葉のモンブランに舌鼓を打つ。
「美味しぃ~~~~」



窓から差し込む日の光さえキラキラと美しく感じる昼下がりの午後‥… 
嬉しい電話に、嬉しい知らせ、美味しいケーキを食べて、しみじみと今日は朝からいい一日だなぁーーと思う。




↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 

♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥

関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

asuhana  

Re: こんにちわ

心愛さま
寒いですよねーー
朝起きるの嫌でしたもん。


昼ドラを想像して頂けると嬉しいかも(笑)

2015/11/14 (Sat) 15:01 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/14 (Sat) 13:49 | EDIT | REPLY |   

Add your comment