明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

Tea for Two 14  司つく

管巻きながら、寝ちまった女。
普通だったらよぉー そんな女願い下げだろ?

それがよぉーそれがよぉー すげぇ可愛いんだわ。

マジか。
俺‥ やべぇな。もしかして まどか?あれ窓? イヤイヤ、マゾか?

うーーーん。それなりに、俺モテル筈だ。
巷じゃイケメン専務だの、カリスマ専務だの言われてる筈だ。‥‥よ‥な???
うーーん。それすらも自身がなくなってくらぁ。
ったく、マイッタ。うーんマイッタ。

に、しても‥隠密行動って?なんじゃそりゃ。
普通に考えてありえねぇだろうよ。
まったくもって、ありえねぇだろうよ。

ったく、難儀な女だよなぁー 
こいつの頭って何で出来てんだ?


だけど、可愛いんだよなーコイツ。俺の隣で眠る女の顔を見る。眠りこける女の顔。安

小ちゃく小ちゃく
「‥つか‥さ‥さん」なんて事を寝ながら呟いてやがる。

こんな、ガキみたいな寝顔しやがって‥
チィッ、俺を惑わしてんじゃねぇよ。ッタク

ちげぇか、俺が勝手にコイツに惹かれてんだよな。ったくなぁー。

寝酒を浴びる程飲むか、ぶっ倒れるまで働くかしねぇと中々寝れねぇ俺。今日は、悶々としながらコイツの顔でも拝んでるかって思いつつ、牧野の隣に腰掛ける‥ 

ドンッ、杖の音がして、シャーシャー‥ カーテンを開ける音がする。
タマが、コッチ向いて笑ってやがる。
「坊ちゃん、おはようございますねー。」ケケッケっと今にも言いそうな顔してやがる。
マジ食えねぇーー。

「よう、寝ていらっしゃいましたね。ようございました。」
なんて事を抜かして去って行きやがる。

牧野を抱きかかえ、隣室のベットルームに運ぶ。
お姫さんは、スヤスヤと眠りました。なーんて表現がぴったりな感じで、スゥースゥーと規則正しい寝息を立てて寝てやがる。

そっと、布団をかけて、ドアを閉める。


**

あたしは、幸せな夢をみる。夢の中には司さんが出て来る。
司さんは、優しくあたしの話しを聞いてくれて、時折相槌なんてうってくれる。

うわっ、うわっ やっぱり‥優しい うーん


パチリッ、目が覚める。
アレッ?ここどこだっけ? 隣を見る。アレレ?専務?なんか可愛いらし顔して寝てる。そんな訳ないね。
「ふわぁっ〜 夢か。」うーん 寝ようっと。


深い深い眠りに落ちていく。


再び目覚めたのは、太陽がすっかり上がった頃。

「うーーーーん」 良く寝た〜 って、えっ、ここどこ?



↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ






♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

asuhana  

Re: こんばんはヾ(●´ω`●)

yukikoさま
アハハっ、果たして自然に気が付く日がくるのか?
謎のところですよ~(*^^*)

2016/03/26 (Sat) 07:34 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/26 (Sat) 01:37 | EDIT | REPLY |   

Add your comment