明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

その距離50センチ 7 あきつく

遠慮する牧野を、マンションの前まで送る。
鼻歌を唄いながら、牧野が前を歩く。
その距離50センチ‥
手を伸ばせば、届く距離。
だけど‥
手を伸ばさなければ、届かない距離。

これが、牧野と俺の距離。
縮まりそうで、なかなか縮まらないそんな距離。
もどかしいけれど、そんな曖昧な距離に甘んじているそんな距離。
いや、違うな。もしも拒絶されたら?
そんな事を考えると埋められない距離なんだろうな。

「ご機嫌だな?」
「うふふっ、夜桜は綺麗だし、ご飯もお酒も美味しかったし、明日はお休みだし、これでご機嫌じゃなかったらバチがあたるよ〜」
バチがあたるか、俺はお前と一緒にいて知ったよ。
日常のあらゆる事が幸せに繋がっているって。
牧野は、何でも幸せにする魔法使いだよな。
って、俺‥‥何メルヘン入ってんだか‥

「ねぇ美作さん」くるりと後ろを振り向いて‥
「欲しいもの何にする?」そう聞いてくる。
欲しいもの‥牧野が欲しい。
そう言えたなら、そう一歩を踏み出せたなら、なにかがかわるんだろうな、あははっ‥だけど言えない。
それが‥俺なのかな。
後ろ手で頭を掻く。
ったくなぁー、お袋達に言われなくても、自分が一番知ってる‥ヘタレだって。

「っん?タレ?っん?タレって何?あっ!さっき話した明太子たれ付き?あははっいいよーご馳走するよ。って、今から来る?」

明太子たれ付き? 俺の頭の中はクエスチョンでいっぱいになる‥
って、今から来る?って、な、な、なんだ?もしや‥
「むふふっ、佐藤酒造の白秋も、あるよ」
「マジ?」
「うん♪」
酒に釣られ、牧野に釣られ‥‥

「適当に座ってて〜」なんて、言われて、牧野の部屋で、鎮座してる‥
白秋に、明太子、酢漬け野菜に‥モツの味噌煮込みが、テーブルの上に並ぶ。
女を口説くメニューじゃないけど、日本酒にもろ合うもんばかりだ。

切り子のグラスを傾けながら、酒を呑む。
「旨い」
「美味しいね〜朝子さんのお土産なんだよ〜美作さん好物なんでしょ?」

恐るべし‥婆ちゃん




↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ





♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

10 Comments

asuhana  

Re: ほのぼのですねぇ(๑•̀ㅂ•́)و✧

れおりあさま
むふっ、あきらは、やっぱりほのぼので。って、甘い恋物語を書くつもりが はっ

2016/04/09 (Sat) 14:27 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/08 (Fri) 23:03 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

ぐみありさま

おっよいところを~(笑)
多分、酔っぱらい2名が出来上がる(笑)

2016/04/08 (Fri) 12:36 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

Re: ヽ(*´∀`*)ノおはよ~ございます♪

yukikoさま
釣られるのに、釣り上げない…
頑張れp(^-^)q

2016/04/08 (Fri) 12:35 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

Re: こんにちは(*^^*)

空色さま
つられたら一気に押しきれ~
なんだけど…それができないから好き

2016/04/08 (Fri) 12:32 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/08 (Fri) 10:35 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/08 (Fri) 10:28 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/08 (Fri) 09:58 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

えみりんさま

花散らし‥淫美な響き
日本語って、美しいですよね〜と感じる瞬間。

一生、友達‥ 男女間だと中々難しいんですけどね〜
同士、同僚 は、可能だけど、友達‥なかなかねぇー

けっぱれ あきら!

2016/04/08 (Fri) 08:41 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/08 (Fri) 08:29 | EDIT | REPLY |   

Add your comment