明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

恋し焦がれてユニコーン 01 司つく 

飛行機が空港につく。
愛する女が待っている。
「待たせたな」そう言って俺は抱き締める筈だった‥


あのバカ女‥とんずらこきやがった。
「あたし、一般人だしね、後が大変だからねっ」
って、ねっ!ってなんだねっ!って
ったくよぉ、あのバカ女ばっかは、マジわかんねぇ
後も、何もねぇだろう?
そのまんま、俺の嫁になりゃいいだろう?

そんじゃなくても、キョトキョトして、直ぐに男を引っ掛けてくる。
ここいらできちんと、俺のもんだと周囲に解ってもらいてぇだろうよ?
なのに、なのに‥ハァッー

「コホンッ、専務、失礼ですがお声が全部漏れているかと‥」
アンドロイド西田が、何の感情も見せねぇ顔でいいやがる。
って、俺‥独り言か? げっ、牧野のがうつったんか?
かぁっーーー ったく、迎えに来いっつんだ。

「牧野様は、社屋でお迎え頂けるとのことですので‥」
はぁっーーー?なんで、俺より‥西田、お前が知ってんだよ?
シレッーとした顔で
「牧野様は、インターンシップで道明寺HDにいらっしゃいますので」
「はっ?聞いてねぇぞ」
「左様でございますか」
ってか、俺一応いや一応じゃなくても、彼氏って奴だよな? ってか、婚約者って奴じゃねぇのか?
それを何で俺が知らねぇんだ?
意味わかんねぇよな? だよな? 

ったく‥ そうだよな?
はぁっーー だからアイツの事だけは、信用できねぇんだ。
まぁ、道明寺HDに居るんだったら、当然、俺の秘書につけただな、くくっ だな。

「牧野様は、営業戦略部に配属されておりますので。呉々も目立つ行動は、なさいませんように願います」
俺の方を一瞥もせずに、言い放つ。
って、感動の再会とかはどうなんだよ?
なぁっ? オイッ
「あくまでも、一社員としてのお出迎えだと言う事、肝に銘じて下さいませ」
銀縁眼鏡をクイッと上げながら、言いやがる。
止めに
「牧野様も、それをお望みだと思いますので、どうぞ穏便にお願い致します」

空港に待ち構えていたマスコミにげんなりしながら受け答えして、迎えの車に乗り込む。

車に乗り‥
「ヨッ」
「ま、ま、牧野‥、ど、ど、どうした?」
上目遣いに俺を見て
「楓社長が、行けって」
って、って、お前、ババァの事、か、か、楓社長って言ったか? 言ったよな?
「楓社長?」
「あんた、自分の母親の名前忘れたの?」
「忘れねぇよ。ってか、いつから道明寺で働いてんだ」
牧野の身体が一瞬、ビクッとなって
「あははっ、2ヶ月くらい経つかなー」
鼻の頭を掻きながら答えてやがる。
って、2ヶ月前?2ヶ月前ってなんだ?
「なぁ、俺聞いてねぇ」
「あははっ、そっ、そうだっけ?まぁそういワケだから」
って、どういうワケだ?



↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

asuhana  

yukikoさま

うふふっ yukikoさん いいとこ読むなーあはっ

2016/04/29 (Fri) 10:08 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

kachiさま

もちろんろん 
つくしは、つくしで道明寺HDで働くことがどれだけですからね

よろしくお付き合い頂ければ

2016/04/29 (Fri) 10:06 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/29 (Fri) 08:40 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/29 (Fri) 05:51 | EDIT | REPLY |   

Add your comment