明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

恋し焦がれてユニコーン 05 司つく 

ドッキンドクドク ドッキンドクドク
静まれ心臓
破裂しそうな程の心臓の音。
口から心臓が出そうになっちゃって、慌てて両手で押さえたら、道明寺の掌があたしの手を包みこんだ。
「ひゃっ」
道明寺の目が優しく微笑んで。
「ひゃっ!てなんだよ ひゃって」
「だって‥びっくりしたんだもん」
「だもんじゃねぇよ。だもんじゃよぉ」
「えへへっ」

精悍で美しい野獣が、あたしの目の前にいる。
道明寺の大きな掌があたしの髪を撫でる。
あたしの心の中に、温かいものが、じんわりじんわりと広がっていく。
好き。好き。好き。
待ってた。待ってた。待ってた。
会いたかった‥‥ 

「道明寺‥」
「あぁ?」
「好き‥です」
「ぷっ、です‥って、なんだよ?ですって」
「えへへっ」
「なぁ、牧野」
「っん?」
「すげぇー好きだわ。すげぇー可愛い。すげぇー惚れてる」
「‥ぅん。」

道明寺の腕が、あたしの肩を抱き締める。
目を合わせ、啄むようなキスをする。小鳥のようなキスをする。

「好き」‥たった2文字の言葉で、こんなんにも俺の気持ちを有頂天にさせるのは、牧野しかいやしない、
マジ、好きだわ。
コイツがいるから、頑張れる。コイツがいるから、俺が俺でいられる。
コイツのためなら、何でも出来る。コイツが微笑めば、全てが「まぁ、いいかっ」って思えんだ。

牧野の肩を抱き締めて、キスをする。俺の気持ちが伝わるようにキスをする。
無意識の色っぺぇ仕草で、俺を誘いやがる。

唇に舌を射込む。牧野の力が少し抜ける。コイツの弱い所は知ってんだ。
まぁ、なんだ、いつもそれ止まりだけどな‥

焦らない。そう決めている‥こいつのペースでゆっくりゆっくりだ。
なのにだ、なのに、煽る瞳で、俺をみる。頼むから、そんな目で見ねぇでくれ
「‥いいよ‥」
って、いいのか? 本当にいいのか?
勢いで言ってねぇか?

真っ赤な顔して、牧野が俺の背中に手を回す。
だめだ‥もうそれだけで,俺クラクラだわ

牧野をギュッと抱き締める。4年分の思いを込めて。
「道明寺‥痛いよ‥」
クスリと微笑んで、俺にキスをしてくる。

プツリッ 理性の糸が切れた音がした。


牧野、覚悟しろよ 




↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

asuhana  

Re: こんにちはm(__)m

空さま
あははったしかに そう叫ばれたきがする、

2016/05/03 (Tue) 13:39 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/03 (Tue) 12:52 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

kachiさま

うふっ、こちらでは可愛くただただ幸せにね♡
いやいや、少しは波風立つ?(笑)

2016/05/03 (Tue) 09:36 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

きょんさま

ありがとうございます♪ドキドキ伝わりました?
それは嬉しい♡

2016/05/03 (Tue) 09:35 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

Re: こんばんは(*´-`*)ノ♪

yukikoさま
遠距離恋愛にもやっと終止符。

果たして?うふふっ 今晩は‥でございます。

2016/05/03 (Tue) 09:34 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/03 (Tue) 09:02 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/03 (Tue) 05:40 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/03 (Tue) 01:34 | EDIT | REPLY |   

Add your comment