明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

君の天使  02 司つく

オレのしたイタズラは、些細な事だ。
彼女が見る時計の針、全てが1時間早くなる。ただ、それだけだ。
なんでそんな事したかって? 
あははっ、それがミラクルを起こす小さなイタズラさ。

カチコチカチコチッ カチリッ


* **
ジリジリジリッ ベルがなる‥
「うぅーーーー眠いぃー」
つくしは、ベッドの上で暫くボォーッとなりながら、頭を目覚めさせている。
今日の算段を頭の中で立てているのだろうか、ブツブツと独り言を言いながら、起き上がる。

ガチャッ 
冷蔵庫のドアを開け、水素水を取り出す。
お疲れの身体の隅々に、水素を取り入れよう‥先月彼女が手掛けた仕事だ。
ゴクゴクッ‥
「ふぅっーー身体に水素、取り入れたかな?脳までリフレッシュ。あははっ」
つくしは、クスクス笑いながら、ボトルをキッチンに置いて、バスルームに向かう。

熱いシャワーを浴びて目を覚まし、バスローブを身に纏い、トワレをつける。
ドライヤーで髪を乾かしながら、鏡の中の自分を見ながら自分に声をかけている。
「うん。今日も牧野つくしだ。おはよう、つくし。今日も一日元気で行こう」
この6年のつくしの不思議な習慣だ。

ボトルに残った水素水を飲む。ゴクゴクゴクゴクと音を立て、彼女の喉を通過する。

音楽を聴きながら、メイクを始める。
化粧水を丹念につけ、あずき粒大のクリームと化粧水を混ぜ合わせ、顔に叩き込む。
薄く薄く、ベースメイクを施していく。大きな刷毛でフェイスパウダーをのせていく。
綺麗に整えた眉毛に薄らと色をのせる。
チークを施し顔色を明るく見せたら、アイラインを細く細くひく。マスカラを目尻にたっぷりつけて、紅をひく。

あどけない表情は陰を潜めて、妙齢な女性が出来上がる。

つくしの戦闘体制が出来上がっていく。

今日のクライアントを頭で思い出しながら、クローゼットから、スーツを出して
「うーん、やっぱり、あっちよりこっちだよね‥」
うんうんそうよね‥なんて頷きながら、服を選んでいる。

ヒールを履いて
「ヨシッ」
自分自身にかけ声を掛けて、出て行った。

駅まで5分。中々好条件の物件につくしは住んでいる。
あんまり駅から遠いと危ないからね、これはオレがちょっとだけ手を貸した。

いつものように列に並びながら
「あれ〜、いつもの女子高生いないなぁ?今日はお休みかな〜」
時計を確かめながら、首を傾げている。

女子高生‥痴漢騒ぎの時に、知り合った女の子だ。
昔のつくしに良く似てるらしく、その子と会って、二言三言話すのを楽しみにしているようだ。

女子高生もつくしに会うと、ニッコリと微笑んで、嬉しそうに近づいて来るんだ。
男女だったら、恋が芽生えたかもね。

キョロキョロと周りを見回しては、首を傾げる。そりゃそうさ、いつものメンバーとは会わないさ。
牛乳兄ちゃんに、チョビン親父、プリマドンナさんに、背高のっぽ君‥‥ 
彼らはきっかり一時間後に、いつものようにココから、電車に乗るよ。

電車に揺られて、駅に着く‥‥いつものように、改札口を出る。
見慣れた風景なのに、見慣れない風景が目に入る。
たった一時間の差で、こんな大きな街でも様相を変えるんだ。

さぁ、そろそろ戻すよ。


カチコチカチコチ カチリッ


雑踏に混じり、つくしはもう一度時計を見る。
「えっ?えっ?なんで?えっ、なんで?あれぇーー」





↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ





♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥




関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

asuhana  

ぐみありさま

うふっ、ご名答♪

もう帰ってきたかな?
いっぱいハグして~

2016/06/01 (Wed) 18:09 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

yukikoさま

そうなんですよね~いつもいる街がいつもの町じゃなくなる!
まさしくなんです

2016/06/01 (Wed) 18:08 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/01 (Wed) 09:28 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/01 (Wed) 08:23 | EDIT | REPLY |   

Add your comment