明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

小っこいの 七五三 司つく

今日は俺らの宝物 結の七五三だ。

晴れ着に兵児帯を結び、被布を重ねた。
ババァは、すっかりこの小っこいのに、首ったけで何だかんだと理由をつけては日本に帰ってきやがる。
今回の晴れ着も、産まれた時にはもう既にババァが、人間国宝のうんちゃらに予約してた逸品だ。

つくしも、俺からだと「一度キリなのに無駄!無駄!もったいない」 と五月蝿いが、ババアからだと有り難く受け取ってるんで、たまにはババァも役に立つ。

「結可愛いねー。あーたん感激よ 」
さっきから結可愛い可愛いを連発してる、俺の可愛い恋女房。

「おめぇーも可愛い」

「ハァッー あんた何言っちゃってんの? 今日は結が主役なんだよーーー」

「い、い、いいだろうよ 本当の事言ったってよ」

「はぁー」

「はぁーってなんだよ。褒められたら素直に喜べ。バカ」

「バカって何?バカって???」

「バカにバカって言って何が悪い!!」

このまま喧嘩に突入しそうになった俺等に

「おーたん あたちもかわいいでちょ?」
可愛い顔して結が乱入してくる。この笑顔で俺等はたちまち相好を崩す

「あぁ 結は可愛い 結はおーたんとあーたんの宝物だ。」


結は、可愛い。そりゃそうだ つくしと俺の子だからな。まぁっ、可愛くて当たり前か。

小っこいのは、よく食うし、良く寝るし、そして良く笑う。一点の曇りも無いつくしそっくりなとびっきりな笑顔を咲かせる。俺等の一番星だ。

確かに結は可愛い。...だけどよーーー 結の七五三になんでゾロゾロと、類が、総二郎が、桜子が 滋が、で、一番真っ当なあきらまで付いてくる。しかもだあきらん家からは、お袋さん双子まで参戦だ。

今迄のババァなら、「頭が腐ります」 なんて捨て台詞を吐くのが常だったのにだ。 「結は本当に人と人とを結ぶ宝物ちゃんですねーー」 なんていいながら結の頬に自分の頬を寄せて、嬉々としている。

この頃じゃ 業界の中でも ババァの孫命は有名で、それが逆に人間味があっていいとか何とかで、結が生まれて業績も鰻登りだ。
だもんで、まだ3つにもなんねぇ結のもとに、縁談なんて代物がわんさか来るんだな。これが
誰が嫁にやるかっつーの 珍しくババァも同じ気持ちらしく、「結の将来は結自身が決めるもの」 を公言してまわりを驚かせてる。西田なんて、この科白を聞く度に片頬が、ほんの少し歪む。多分苦笑してんだろうな
まぁ、西田の結贔屓も大概なもんで、他の奴らの事は言えねぇーけどよ。

口々に、結ちゃんが一番だぁー やれ気品があるだー 可愛いだ うるさいわかってるよんな事

結はご機嫌で髪につけた飾りを揺らしてる。

「結はあたしに似てるって言うけどさぁーーー 顔かたちは、間違いなく道明寺家なんだよねーホント可愛いわ」

結の一番の魅力の人の心を吸い込むような大きな瞳と、花が咲くような笑顔は、間違いなくお前だけどな。
なぁ、つくし解ってっか? 他の奴らはみんなこの2点しか見てねェーって 他のもんは付属品だって。

だからよぉ、こんな愛おしい娘がいようが、お前の腹ん中に 次の小っこいのがいようが、俺はお前が心配で心配でたまんねぇー お前がするりと、逃げ出しちまわねぇかと心配で心配でたまんねぇ んな事ねぇし、よしんばお前が俺の前から消えちまっても俺は追いかけるのみ だってのは解ってんだけどな…

「ちょ、ちょ、ちょっと、いきなり何抱きついてんのよーー」

やべぇ 無意識に抱きついちまってた。

「おーたん あーたん なかよち あたちも いっしょ」 って、言って晴れ着のままダイブしてくる。

俺等を見て 皆が笑ってる。 西田までククッ声出して笑ってらぁーー 


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
オマケ

あたちの名前は どーみょおじ ゆい。

おーたんは、どーみょおじ つかしゃ
あーたんは、 つくち
おーたんは、つくち つくち ってあーたんを ずーーっとずーーっと よんでる。

おーたんとあーたんがケンカしたら、あたちがわらうの。そーすると2人ともいっぱいのニコニコをくれるんだ。


きょうは あたちの 七五しゃん なんだって タマしゃんが言ってた。
みんなカワイイ カワイイ って、あたちにいうんだ。

あたちは、あーたんに よくにてるんだって。 そーじろうが教えてくれた。

「結、なんか欲しいもんあったら、下から司を見上げて、欲しいのぉって言ってみろ、司なら何でも買ってくれるぞ」

あきたが
「オィオィ そ、そ、そりゃぁヤバいフレーズだろよ。 牧野に怒られるぞ」

そーじろう も あきた も よくわかんないこと ばっかり はなしてて、あーたんにいつもおこられてる

るいたん は ゆいの王子しゃま。
いつもね、
「結は可愛いねっ 」ってほっぺにチュッとしゅてくれる

おーたんは 
「おぃ、類 結から離れろ 離れろ 結も赤くなってんじゃねー」


しげるちゃんがお家にくると あーたん ゲボゲボって、なってるの。
あたちも しげるちゃんが ギュッーっとするからくるちくなるの。
でもね、しげるちゃん いいかおりがするの。だから大しゅき

桜子ちゃんはね、なんでも あたちのねつれつな ファンなんだって。
あたちね、おーたん と あーたんの いいとこどりなんだって

バァバァもジィジィも、とってもとってもエライ人 なんだって。でも結のことならなんでもきいてくれるの...結お空のお星しゃまがほしくておねがいしたら、七五しゃんのおいわいにかってくれるんだって。
お星しゃま キラキラ光るかなぁー 


↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 

♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥


オマケのオマケ

あのね、あのね やしゃちぃおねぇたんからおしえてもらったんだけど、あたちの ほしい おほしさまは あーたんがつくれるんだって。あとね、ねぇねのおはなしおしえてたら ピカピカのはね、るいたんがかってくれるって。
あじがとう ねぇね。  でもね、ねぇね バァバァとジィジィの 「折角結の欲しいものをプレゼント出来るチャンスを。。。。」って、ちょっぴりおこってたよ。 どーみょうじょ って こわいかな? えへっ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment