明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

紅蓮 05 つかつく

2人と会話を楽しむ。
桜子が、そっとあたしに手紙を渡して来る。
あたしは、違う話題を交わしながら、そっと受け取る。

襖が開き、宗谷が入ってくる。
あたし達は、立ち上がり宗谷を迎える。


宗谷は、美しい笑みをたたえあたしの横に腰掛ける。
彼の前では、決してこの2人と必要以上に仲良さげにふるまっては、いけない。

宗谷にとって、あたしは人形。
人形は、意思も持ってはいけないから。
美しいべべを着て、横に座っているのがあたしの役目だから。


あたしの夫、宗谷凌は、宗谷グループの次期当主だ。
美しく、怜悧な人物。感情を露にする事がない人。
本人がそうであるように、美しいものを好む。人も物も、空間も。

かつてのあたしの愛した男が、目の前の友人が、そうであるように、
欲するものは何でも与えられて育ってきた男だ。

どこにいても、何をしても優遇されるのが、当たり前の男。
周りの者達が、媚びへつらってしまうような、威厳と美しさを持つ男だ。


大学を卒業したあたしは、行儀見習いとして通っていた西門の広報にそのまま就職した。
時期をみて、道明寺と結婚する予定だった。
幸せだった。だけど、暗闇はすぐ側で手招きをしていた。比例するかのように世界経済の悪化が襲って来たんだ。

ぎりぎりまで踏ん張ったし、ギリギリまで踏ん張ってくれた。2人で沢山沢山話し合った。だけど、時期が悪かった。あたしは、あいつと紡ぐ未来を諦めた。

道明寺と別れ、伽藍堂だったあたしは、西門の茶会で、宗谷に出会った。幾度となく会う要件が重なり、その内、用がなくても二人で過ごすようになった。宗谷の中の威厳と美しさに、あいつを重ねた。不思議な事に宗谷は、あたしのなりを愛した。

4年前、パパが到底返せない額の借金を抱え、時を同じくしてママが倒れた。そんなあたし達一家に手を差し伸べてくれたのが宗谷だった。
借金の返済、ママの治療費、進の学費。全てを世話になった。いいや、いまもなっている。

宗谷は、決して自分から見返りを求めてはこなかった。
ただただ、あたしの形を愛した。

伽藍堂だったあたしは、宗谷の愛を受け入れた。
宗谷に愛は返せないけれど、宗谷の愛を受け入れた。
あたしは身体を与えた。
いったん手に入れば、すぐに飽きがくるだろうと思っていた。


誤算だった‥‥

あたしは、西門の養女になり、
西門つくしとして宗谷に嫁ぐ事に、いつの間に決まっていたのだから。

「つくし、つくし‥」
「あっ、はい」
「若宗匠のお披露目が、10月に決まったそうだね」
「はい。今日連絡がありました」
宗谷の眼孔が悋気で光る。

刹那
あたしは幾つかのミスを冒した事に気が付いた。


↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ





♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

にこ  

kadhi様

こんにちは。コメント大変有り難うございます。
2人がお別れした状況で、連絡は途絶えている状態をご想像頂ければと思います。
大人つかつく。今暫く辛い状況が続きますが、宜しくお付き合い頂ければ嬉しいです。

2016/04/04 (Mon) 19:29 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/04 (Mon) 16:16 | EDIT | REPLY |   

Add your comment