明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

紅蓮 15 つかつく

宗谷があたしを抱きかかえて浴室に運び込み、全身を綺麗に洗う。
丁寧に、丁寧に、慈しむように綺麗に洗う。

手を叩いて山下と侍女を呼び、朦朧としたあたしを引き渡す。
薄衣を羽織り、椅子に腰掛けたあたしは、
化粧を施され、髪を結い上げられる。

意識がしゃんと戻った頃に、美しい着物を着せられる。
飾り立てられながら、あたしは思う‥‥

この人達は、あたしのこの身体に施されたピアスや、鞭の痕を見て、
恥丘に彫られた紅い蓮を見て、何とも思わないのだろうか?

この身体を見ても、宗谷に愛されているあたしを、羨ましいと心底思っているのだろうか?
反吐が出る。この屋敷の中のもの全てのものに、反吐が出る

皆が退き、山下と二人になる。

ふっ、笑いが漏れる。

「つくし様、どうされましたか?」
山下が問うてくる。
「山下は、あたしのこの身体どう思う?」
彼女は、身体の事には触れず
「ご主人様は、つくし様にご執心であられますから‥」
ご執心だから、こんな事は受け止めろと?愛された証だから仕方ないとでも?

「凌さんが、あたしに飽く日が来るのかしら?」
あたしは、期待を込めて山下に問う。
「ご主人様が、つくし様にでいらっしゃいますか?」
優しく笑って
「心配などなさらなくても、大丈夫でございます。ご主人様がつくし様に飽く日など来られるわけなどございません。」
あたしは、微笑んで
「飽いて頂いても、構わない。そう言ったら山下はどう思う?」
山下は、あたしを嗜めるように
「つくし様、お戯れが過ぎます。誰が聞いてるとは限りません、そのものが勘違いして、ご主人様にお伝えされないとは限りません」
「じゃぁ、あたしの身体を山下はどう思う?」
もう一度、問うてみる。

「お綺麗でございます」
「あはっ、うふっ、あははっ、お綺麗?本当にそう思う?」
「えぇ、とてもお綺麗でございます」
「ピアスに、彫り物が?」
「つくし様、宗谷の家紋は蓮の花でございます。つくし様に彫られた、紅い蓮を見て、お綺麗だと思う者は居ても、そうでないと思う不届きものは、お屋敷には、おりません。」

山下の言う事は、正しいのだろう。
宗谷家で勤めると言う事は、それだけでも名誉ある事なのだから。

「山下、あたしはあなた方と同じ庶民の出よ?お金で買われた女なのよ、そんな女の痴態の後を掃除するなんて嫌じゃないの?」
「つくし様、哀しい事はおしゃっらないで下さいませ。山下は、つくし様が心穏やかに過ごされる為に、いるのでございます」
「あたしは、嫌よ。あなた方に痴態の後を掃除されるのも、鞭で打たれ、縛られた身体を晒すのも‥」
「つくし様、お願いでございますから落ち着いて下さいまし、あまり声を荒げますと‥」
二階堂がやって来る、そう言いたいのだろう。

「‥‥」
「地下からお戻りになられた時の、お世話は、山下が全て致しますので‥どうぞお気持ちを落ち着け下さいませ」

これが、山下の精一杯なんだろうと思う。山下の精一杯の譲歩。


ここは、宗谷の帝国だから‥ 宗谷が絶対君主だから‥


↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ





♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

にこ  

さとぴょん様

松、竹‥たしかに(笑)
恥丘は、痛いらしいですよ。
麻酔クリームを塗布&染料がよくなっているので、痛いけど‥らしいです。
彫り物は、手彫りと、機械彫りがあって、手彫りは一針づつ刺して色を入れていくので
微妙な陰影が美しいらしいです。
機械彫りだと 大きさにもよるけど、30分やそこらで仕上がるみたいですよ
あははっ、蓮の花も、ピアスも服従するものの証かとww

2016/04/14 (Thu) 17:25 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/14 (Thu) 15:37 | EDIT | REPLY |   

にこ  

みかん様

そこは、永久脱毛でございます。

2016/04/14 (Thu) 14:14 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/14 (Thu) 10:42 | EDIT | REPLY |   

Add your comment