明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

紅蓮 16 つかつく

一度、蓋を開けてしまったあたしの思いは止まらない。
目から涙が溢れ出す。

「あのね、一人でお風呂に入りたいの。一人でお食事がしたいの‥」
「つくし様、お湯浴みに関しましては、山下が全てやらせて頂きますので、どうぞお気持ち落ち着け下さいませ、明日は、ごりょん様もいらっしゃいます事ですし、ご主人様も無体な事はなさりませんので、落ち着いて下さいませ」

精神を落ち着ける香蘇散を飲まされ、麝香が焚かれる。
麝香には、心を落ち着ける作用がある。

だけど‥麝香の香りは司を思い出させる。
あたしは、声を出さずに泣きながら、司への思いを口に出す。

「山下、あたし‥好きな人がいるの‥心はその人しか求めてないの」
「つくし様、そのような事は侍女に話す事では、ありませぬ」
ピシャリと言われる
だけど‥
一旦出てしまった思いは、止めようと思っても止まらない

「宗谷なんて、嫌い、嫌い、大嫌いなの‥もう自由になりたいの。自由にさせて欲しいの」
「つくし様‥お願いですから、どうぞお心を落ち着け下さいませ」

あたしは、首を振る。

「いや、いや、もう嫌なの‥宗谷が、あたしの身体を触ると身の毛がよだつの、反吐が出そうになるの‥‥」

「つくし様、お辞め下さいませ」

「それなのに、あたしは、宗谷が与えてくれる快楽を欲しがるの‥心は悲鳴をあげてるのに、身体は嬌声をあげるの」

山下が、泣いているあたしの背を撫でながら‥、宗谷はあたしに飽くる日など来ないと言う。
なんでそんな無体な返事が出来るのかと問えば、凌様は、つくし様を愛されております。お覚悟をお決め下さいませ。そう言われる。
飽くる日が来ないなら,心穏やかに生活が出来るように、地下牢に連れて行かれなくて済むように致しましょうと言う。

「山下は、あたしの味方になってくれるの?」
そう問えば、
宗谷は裏切る事は出来ないが、あたしの自由が少しでも増えるよう、心が晴れるよう努力すると言ってくれる。

「あたしね、コンビニに行きたいの。自分のお金で、お買い物がしたいの」
「それでしたら、二階堂が居ない時にでも2人で参りましょう」
「本当?約束よ」
「えぇ、お約束でございます。ですので、お気持ちを落ち着け下さいませ」

涙で剥げてしまったお化粧を、山下が手直ししてくれる。
最後に、深紅の紅が塗り直される。
ぱっくり開いたあたしのあそこみたいに、紅がひかれる。

「つくし様の、白い肌と黒髪に、深紅の紅は大変美しゅうございます」
山下が、ニコリと微笑む。

本丸の方が、騒がしくなる。宗谷の戻りを知らせる鈴が鳴り響く。

「つくし様、ご主人様がお帰りになられました。地下に‥いいえ牢に閉じ込められたくなければ、上手くやって下さいまし。お願いでございます」

山下に手をひかれ、長い長い廊下を通って、宗谷を迎えに行く。

「山下、見て‥蝶々が飛んでるわ」
季節外れの蝶が飛ぶ。空に向かって自由に。
「左様でございますね‥‥つくし様、ご主人様がご一緒のときは、呉々もそのようなお顔をしないでくださいましね」
「顔?」
「蝶を羨むお顔でございます」
「えぇ‥わかりました」

心を殺せと、山下が言う。 




↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ





♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

にこ  

Re

tama様
はじめまして にこ と申します。
コメントありがとうございます。
凌さんは、3才違いくらいの設定なんです。
つくし、ただ今27才前後なので、凌さん30才くらいの設定になる感じでしょうかね。
年寄りくさいのは(笑)
和物が好きで日本のお城のような屋敷にすんでいるからでしょうか?
司が知ったら‥うーーん怒りくるうだけで済まないですよね。多分‥
最後は、幸せに。はい。頑張ります

2016/04/15 (Fri) 21:01 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/15 (Fri) 20:23 | EDIT | REPLY |   

にこ  

みかん様

あははっ、たった一人の寵姫。ひゃー大変そうだ。

2016/04/15 (Fri) 16:01 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/15 (Fri) 06:29 | EDIT | REPLY |   

Add your comment