明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

紅蓮 22R  つかつく

メープルの総支配人が、近づいて来る。
「宗谷様、奥様、ようこそいらっしゃいませ」
カードキーを受け取る。

宗谷は、意地が悪い‥

時折、こうしてあたしが、宗谷の持ち物だと認識させる。
決定権は、全て自分が持っているのだと‥

「先に、食事に行こうか」
美しい顔で微笑む。

当たり前のように、個室に通される。
あたしは、案内係の後ろを歩く。その後ろを宗谷が歩いて付いて来る。
レディファースト‥中々慣れない習慣だといつも思う。
屋敷の中では、宗谷の前を歩く事などないから余計かもしれない。

前菜とアペリティフが出される。
目の前の美しい男は、ニコニコとご機嫌に食事を堪能していく。
メープルで頂く食事は、あたしにとって砂を噛むようだ‥

宗谷は、意地が悪い‥


あたしは、この男が嫌いだ。
だけど‥‥ 
この男に従順でいなければいけない自分の事は、もっと嫌いだ‥

あたしは、微笑みながら食事を頂く。



* *

プレジデンシャルスイート‥‥
何度、この部屋で司と抱き合っただろう‥
何度、嬉しい朝を迎えただろう‥

目の前の男は、その思い出さえも、あたしからもぎ取り、塗り替えて行く。

最高の思い出は、最悪の思い出に姿を変えて行く。

宗谷は、あたしを窓際に立たせ、服を脱がしていく。
大きな窓に、裸身が映る‥‥
豪奢な部屋に、醜い女の姿が映る。
宗谷は、全身を愛撫する。

ゆっくりとじっくりと、宗谷の手が舌が唇があたしの身体を責める。
こんこんと湧き出る泉のように汁が、溢れ出す。

「つくしのここは、淫乱だね。ほら見てご覧。こんなにも溢れているよ」

太腿を、汁が滴り落ちる。あたしのあそこは、汁を垂らして男を誘いこむ。
宗谷が、あたしに侵入してくる。
あぁ逝く‥ そう感じる一歩手前で、動きが止まる。
何度も何度も‥繰り返される。

あたしは堪えきれずに、宗谷に懇願する。

「凌さん‥お願い‥お願いします‥」

腰を振り、媚びを売り、もっと欲しいと懇願する。


「愛してます。そう言ってご覧」
宗谷が、満足げにニヤリと笑いあたしを貫く。

快楽に打ち拉がれた、醜い女の姿が映る。

あたしは、この男が憎い‥
なのに、あたしはこの男の齎(もたら)す、快楽の虜になっている。

宗谷は、あたしを抱きかかえ、バスルームに連れて行く。
優しくあたしの全身を洗う。口づけを落としながら、湯船に浸かる。

「ねぇつくし、この部屋で抱かれるのはどんな気分?」

宗谷は、意地が悪い


宗谷に抱きしめられ、あたしは眠りについた振りをする。
規則正しい寝息を聞いて、気付かれないように、宗谷の身体から抜け出す。

窓辺に腰掛け、空を見る。
夜空に浮かぶ月を見て、小指を噛む‥

そして、ふと思う‥いまなら、抜け出す事が可能だと‥

出来もしないのに…そう思う。


↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ





♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

にこ  

かおりさま

はじめまして。こんにちは。どうぞ宜しくお願い致します。
宗谷から逃げる‥一番の枷は自分の心なのかもしれませんね

2016/04/21 (Thu) 21:35 | EDIT | REPLY |   

にこ  

みかんさま

宗谷は、全てを知っている。w

2016/04/21 (Thu) 21:33 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/21 (Thu) 17:23 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/21 (Thu) 02:12 | EDIT | REPLY |   

Add your comment