明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

紅蓮 30 つかつく

ベットで微睡みながら、天窓に映る月を見る。
綺麗な綺麗な月を見る。
宗谷は、あたしを抱き締め眠っている。
満足げな表情を浮かべて‥

虫酸が走る。
あたしは、この男が嫌いだ。だけど、身を委ねよう。
自由を得る為に‥
ベットから抜け出て、鏡を見る。
前よりも惨めじゃない‥そう思いながら鏡を見る。
「ふっふふ‥」 頬に一粒、涙が伝う。
もう泣かないと決めたのに、涙が伝う。
あたしの心に紅蓮の花が咲く。寒い寒いと心が血を流す。

「つくし」
あたしを呼ぶ声がする。

憎む男の寝間に潜り込む。
子猫のように丸くなり、宗谷に抱かれてあたしは眠る。
夢もみないで、あたしは眠る。

青い空、白い雲が天空に浮かんでいる。光が燦々と差している。
光が、宗谷の顔に降り注ぐ。美しい男だと改めて思う。サラサラな髪の毛を撫でて、瞼を鼻筋を唇をなぞる。
司の髪は巻き毛の癖毛だった、瞼も鼻筋も唇も、目の前の男とは全く違う。

宗谷は、あたしの指先を掴んで、口づけを落とす。
幸せそうに笑みを浮かべながら

「つくし、ずっとずっと傍にいるんだよ」
あたしは微笑む。

早くあたしに飽いて下さい。そう願いながらあたしは微笑む。

天使が舞い降りるような光の中で、宗谷は目を閉じている。
あたしも、もう一度目を閉じて光の中を漂う。

**

仲睦まじ気に、地上へと続く廊下を登る。
二階堂が山下が嬉し気に、あたしと宗谷を迎える。

あたしは、山下に微笑む。娼婦になりましたと。妄語を操り、精を売る娼婦になりましたと。心の中で呟きながら。

「つくし、山下が用意した服を来てみせておくれ」

山下が用意してくれた服を着てみせる。
宗谷があたしを見ながら
「つくし、その服を着るのは、屋敷の中だけだよ」
「あっはい」
屋敷の中だけでも、思いが叶う事に、安堵した瞬間
「つくし、やはり着替えなさい。山下、そこに用意したものは全て処分しなさい」

小さな願いさえ、この屋敷の中では通らないのかと、あたしは哀しくなる。
折角、抱かれてあげたのに。
「午後に、外商を呼ぶ。その中から選びなさい」
そう言い捨てて部屋を出て行く。

あたしは この男が嫌いだ。


「つくし様、大変申し訳ございません」
山下があたしに誤って来る。
涙が零れ落ちそうになる。あたしは唇を噛み締めて
「折角用意してくれたのに、ご免なさい。でもありがとう」
山下に微笑む。

洋服が、所狭しと並べられて行く。
ジーンズどころか、パンツの一枚も無い。
あたしの願いなど、一つも叶いはしない服の山。

こんな服など欲しくはない。
「ごめんなさい、ちょっと気分が優れないので‥」
言い残して、部屋を出る。

惨めで辛い想いを抱えて部屋を出る。



↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ





♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

にこ(asuhana)  

さとぴょん様

大笑いしてしまったw
よく考えるぁーとw
ジーンズやパンツがダメというよりも‥
つくしらしいのがダメなんだと思う。
服装って、ある種 立場を表したり、個人を表現するので
つくしらしい  のが ダメなんだと

2016/04/30 (Sat) 18:07 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/29 (Fri) 19:10 | EDIT | REPLY |   

にこ(asuhana)  

kachiさま

おっ、お近くを通過ですね〜
どこかですれ違ったりしてw
サラサラヘアー うふっ 司以外はみんなサラサラw

2016/04/29 (Fri) 09:50 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/29 (Fri) 08:46 | EDIT | REPLY |   

Add your comment