明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

紅蓮 32 つかつく

シャラーン シャラーン 鈴の音が鳴る。
宗谷の帰りを告げる鈴が鳴る。

「つくし様、ご主人様が、お戻りになられました」
あたしつきの侍女が声をかけてくる。
山下が、2言、3言返事を返しているのが、聞こえる。

あたしは、布団を被り目を瞑る。
目を瞑れば、何も考えなくてもいいとばかりに、目を瞑る。

スーっと 襖が開き、宗谷が入ってくる。
傍らに来て、あたしを見下ろしている。表情は見えない。
宗谷が小さな声であたしを呼ぶ。
「つくし、つくし‥」
まるで、今気が付いたかのように目を覚ます。起き上がろうとすると
「そのまま寝ていなさい。これからおさじの先生がいらっしゃる」
「凪子先生ですか?」
今日もお会い出来るのかと嬉しくなったあたしは次の瞬間、地獄に突き落とされる。

「新しい先生に、来て頂く事にしたよ」
「‥‥‥何故でいらっしゃいますか?」
泣きそうになるのを堪え、問いかける。
もう決まってしまった事を、覆す事など不可能な事は知っている。だけど‥他に術がないから、あたしは問いかける。

「それは、つくしが一番知っていることじゃないかな?」
薄く美しい唇が、楽しそうに歪んでいる。

あたしは、首をふる。幼子がイヤイヤをするように首をふる。
「つくし、リングは、そろそろ外さないとけないね」
「そうそう、お義母様には、病院を移って頂いた」

言葉の刃が、あたしの心に突き刺さる。

宗谷は、全て知っていたのだ‥
知っていて、あたしは泳がされていたのだ。
宗谷の掌で。

次の瞬間、あたしは言葉を放つ
「‥‥嫌い‥嫌い‥嫌い‥あなたなど嫌いです」

後ろに控えていた山下が、宗谷に必死に弁解しているのが目に入る。
「つくし様は、熱がございまして普通の状態ではございませんので‥何卒、何卒‥‥」
宗谷に、必死に言っている。

「ははっ、せん妄だというわけかね?」
「左様でございます」

「‥ち‥う‥ちが‥う‥違う‥あたしは、あなたなど大嫌いです」

宗谷の笑い声が聞こえ
「嫌いでも構いはしない。つくしは一生ここから自由になどならないよ。一生私の手許にいるのだからね」
宗谷の手が、あたしを抱き締める。

「つくしは、蝶が大好きのようだから、裏庭に蝶の温室を作る事にしたよ」
薄い唇が、愉快そうに笑う。
「つくしが、私を愛そうが愛さまいが、そんなのは構わない。つくしは、私の子を孕み、ここに留まるしかないのだからね」

宗谷が笑う。可笑しそうに声をたて‥

全身から血の気が引いて行き、喉が張り付き、声が出ない。


宗谷が、さも楽しそうに胸元にあたしを引き寄せる。
あたしの首筋を宗谷の舌が這う。

チロリチロリと舌が這う。

あたしに残されたのは、絶望しかない



↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ





♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

にこ(asuhana)  

さとぴょん様

気持ち悪い。有り難うございますぅ♡
うふふっ きんとん雲‥今日は悟空に良く会います。

2016/05/04 (Wed) 21:06 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/04 (Wed) 15:58 | EDIT | REPLY |   

にこ(asuhana)  

kachiさま

はい。結構えぐいかなと思います。
つくし‥頑張れです。

2016/05/02 (Mon) 00:25 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/01 (Sun) 21:57 | EDIT | REPLY |   

Add your comment