明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

さ、く、ら 舞い落ちる

「うーーーーーん、良く寝た。良く寝た。」
大きく大きく背伸びする。

滋さんがくれた、ファーストクラスのチケット。
非情に良い寝心地とお食事で。

半個室に、部屋着まで出るってどういう事?アメニティまできちんとついていて、もう感謝感謝だよ。

速攻寝落ちして、食事をとって、また寝て‥ うーーんと背伸びした。

うーーん。幸せと背伸びしたら、通路を挟んだ美しいご婦人と目があった。
ニコッと笑って微笑む姿は、どこか類を彷彿させて、類に会いたいなぁ。そう思わせる。

あまりにも惚けて見ていたのだろう
「少しお話しません?」そう声をかけてくれた。あたしは頷く。
中央よりの席だったので、パーテションを降ろし、会話をする。出会った記念にと言って、二人でシャンパーニュサロンで乾杯する。

類にどこか似たご婦人は、万葉(かずは)さんと言うお名前で、普段はフランスを拠点に仕事をしている方らしく、話術が巧みで面白い。
シャンパーニュの酔いも手伝って、普段誰にも言わずに来た事を万葉さんに話していた。

「‥それで、つくしちゃんは素直になれなかったのね」万葉さんが綺麗な瞳であたしを見ながら、優しく微笑む。

「万葉さんは後悔した事ってありますか?」あたしが万葉さんにそう聞くと
「後悔しない人なんていないんじゃないかしら」そう話し始める。

聞けば、万葉さんには、あたしと同じくらいのお子さんがいるらしいのだけど、産後の肥立ちが悪く、ずっと人任せで育ててしまった。
体調が整い、いざ子供と向き合おうとした丁度その頃に、ご主人の経営する会社にピンチがあって、一緒に奔走するうちに、誰にも心を許さない子供が出来上がってしまった。

幸い、数人の信頼出来る友人によって、少しずつ外の世界に目を向けてくれた。でもそれが精一杯だったんだろう。そう話す。

肉親の愛情と言う土台が無い子に育ててしまった事に、死ぬ程後悔した。そう言う。でもどうしていいか解らなくて、私は逃げていたの。そう言う。

だけどね‥
「いつの頃だったかしら、その子がね劇的に変わった時期が訪れたの。」
その時の様子を思い出して嬉しそうに笑う。
万葉さんのお子さんは、恋をしたのだと言う。一度目の恋は、憧れの恋。その恋はすぐ破れてしまってね、さぞかし憔悴して、また内に引きこもってしまったらどうしよう?と心配していたら、心配を他所に、どんどんとたくましく元気になっていくお子さんを見る事が出来たのだと言う。
「嬉しかったわ。母として、心の底から喜んだわ」
親子の関係にも、少しずつ転機が訪れたと言う。

「決して仲が良いとは言えないかもしれないけど、やっと今回、結婚したいと言う相手を教えてくれるようになったのよ」そう言って笑う。
「良かったですね」あたしは、嬉しくなってそう答える。
「そうね。あとは、その方のお返事しだいかしらね。」
「万葉さんのお子さんだったら、素敵なお嬢さんでしょうから、きっと上手くいきますよ」
あたしがそう言うと、
少しだけ考えた表情をした万葉さんが
「そうね。つくしちゃんもそう祈っていてね」
「勿論です。」

「つくしちゃん、あなたもよ。何に対しても決して遅過ぎるなんてないの。少しだけ、そう少しだけ遠回りするとしてもね。」

あたしは、大きく頷きピースマークを返す。
万葉さんも、笑いながらピースマークを返してくれた。

着陸のアナウンスが流れる。
機上で仲良くなれた万葉さんと、また会う約束をして別れる。


空港への迎えは断った。
久しぶりの日本‥ あたしには、どうしても行きたい場所があったから。


タクシーから降りて、桜並木を歩く。
類と歩いた桜の下を、今日は一人で歩く。


あたしは、青空に向って手を伸ばす。両の手を広げる。

ひらりひらひら 舞い落ちる 桜の花びらに手を伸ばす。 
今度こそ掴まえようと手を広げる。


ひらりひらひら 桜が舞い落ちてくる。



空を見上げて、花びらを掴んだ。

刹那‥
懐かしい香りが薫る。懐かしい声がする。

「そんなに上ばかり見てたら、口に花びらが入っちゃうよ」

あたしは、後ろを振り向く。

大きく大きく笑う、あたしの愛おしい人がそこには立っていた。

掌に掴んだ桜の花びらを、そっと離して‥
あたしは、愛おしいあなたに飛び込んだ。

溢れ出す思いと一緒にあなたの胸に飛び込んだ。


さ、く、ら、舞い落ちる

ひらりひらひら 舞い落ちる。


桜の花びらが舞い落ちる。

あたしの心に、ひらりひらひら舞い落ちる。


↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

ブログランキング・にほんブログ村へ

♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

7 Comments

asuhana  

てるてるさま

むふっありがとうございます♡

2016/03/31 (Thu) 21:52 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

Re

yukikoさま
あははっ、実は今回一番頑張って書いたのが、このファーストクラスのシーン。
すごい調べちゃいましたw

2016/03/31 (Thu) 21:51 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

ノエノエさま

うふふっ、万葉さん‥気が付けつくしーですよね(笑)
やっとやっと会えました。うんやっと。

2016/03/31 (Thu) 21:50 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/30 (Wed) 21:53 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/30 (Wed) 17:59 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/30 (Wed) 16:47 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/30 (Wed) 16:15 | EDIT | REPLY |   

Add your comment