明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

白線 4

喧騒を通り抜け、あたしの足はyasuに向う。
仄暗い階段を降りる。

カッツーン、カッツーン ヒールの音が響き渡る。
外の喧騒が嘘のような、ビルの中。暗証番号を押す。

「はい。」
yasuの声がする。

「リリスです。」
あたしは、yasuに名付けられた名前を告げる。

スゥッーーと扉が開く。


エレベーターに乗る。
最上階のボタンを押しながら、いつも変なの?って思う。

入り口を入って,階段下って、また上に行くんだもん。

クスッと一人で笑う。

yasuに通い出したのは、2年前‥ くくっ 初めて出会った時のyasuを思い出す。

チーンッ

エレベーターの扉が開かれる。
目の前にyasuが現れる。

「おかえり。何笑ってるの?」 あたしに聞いてくる。

「yasuと初めて会った日の事を思い出してたの。」
あたしがクスリッと笑うと、yasuが少し照れて,少し起こった口調で

「リリスは、余計な事だけは覚えてる。」と苦笑する。

鞄とコートを預ける。
yasuの中には、何も持ち込まない。それがルール。

下界のものは、全て置いて行くの。yasuが笑う。

クロークを抜け、室内に入る。いつもと変わらない室内風景が広がる。
大きなピアノに、カサブランカが飾られている。

yasuがピアノに向い マイフーリッシュハートを弾く。
あたしへのテーマ曲らしい。調べが流れる。

曲が終わる。拍手が響き渡る中、
yasuがあたしの横にきて、髪を撫でる。

「今週は2度目。何かあった?」
yasuには、隠せないなぁそう思う。

「あちら側の彼?」

あたしは、曖昧に微笑む。

カランッ‥ グラスの氷が溶ける。
琥珀色の液体をあたしは口にする

グラスが2杯目に突入して、あたしの気持ちが上向きになる頃、周りの人達が声をかけて来る。

「おっ、リリスちゃん」
「ヨッ」
「あら、また会ったわね」

様々な人々が浮き世を忘れ、yasuに集まっている。
ここでは、俗世の事は話さない。誰が何をしてるかなんて関係ない。

yasuでの一時は、あたしを癒す。

「おぉー リリスちゃん」
パートンがyasuに入ってくる。

年の頃は60近いのだろうか?
yasuに通うようになって、一番の仲良しさんだ。

あたしは、軽く手をあげ、パートンに微笑む
「ハーイ」

パートンの周りに、人が集まり出す。
またパートンの与太話が始まるのだ。
パートン劇場の始まりだ。


朝を待ちながら、夜は更けて行く。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment