明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

白線 6

思いがけない所で、思いがけなくつくしに会えて、嬉しくて声をかけようとしたら‥
一睨みした後に、背を向けて出口に向うつくし。

” 怖っ ” 思わず呟いてた。
一緒に居たのは会社の後輩?
一人で店を出っていったから、何の関係でも無いよね?

あんたの番号をタップする。案の定出やしない。
ムキになって何度も掛けても、出やしない。
はぁっー 溜め息が口を出る。

なんでかな? なにをそんなに嫌がるのだろう?
つくしが嫌なら、いつでもこんな生活捨てるのに‥

俺に抱かれて身体はくれても、あんたの心はどんどん離れてく。心が離れるたびに、俺はあんたの身体をより求めてく。

はぁっー 何度目の溜め息だろう。
夜のしじまに、溜め息の音が響き渡る。

「いつもの場所まで」運転手に告げて向ったのは、つくしの部屋の前
。何度ここの部屋の前に来た事だろう。その度に、冷めた目で「ここには、来ないで」そう帰される。
なのに、何度も来てしまう。灯りを確かめる‥ 

スマホをタップする。呼び出し音だけがこだまする。つくしの部屋の呼び鈴をならす。人の気配がしない。一時間ほど、部屋の前を眺めて、帰路につく。

「はぁっー」偶然会えて嬉しかった。それだけなのに、こんなにも会いたくなって、会えない事に、傷つけられている。

ねぇ、そんなに俺が嫌い?
嫌い‥じゃないよね? 
嫌いならあんなに俺を欲しないよね?

あんた、こんな遅く迄どこに行ってんの?
他の男のとこじゃないよね?

はぁっー 


***

ベットの上で、髪を梳かれる。優しく優しく髪を梳かれる。
クスリとあたしは、笑う。

「どうした?」yasuが優しく微笑み、あたしに聞いてくる。
「yasuに出会えて良かったなって。」
「そりゃ、光栄。」

2人で目を見合わせ笑い合う。
yasuと出会ったのは、2年前。
行き倒れになっていた、目の前のこの美しい人をあたしが助けたのが2人の出会い。

「ぷっ」小さく笑う。yasuが目敏く、それをみつけ、「また思い出した?」 そう聞いてくる。

「うん。だって、まさかここ日本で、お腹が空いて行き倒れになってる人がいると思わなかったんだもん。」

「あははっ、だって久しぶりの日本だったんだもん。」
そう笑うyasuの瞳は、類の瞳に良く似てる。
透き通ったビー玉のような美しい瞳。

あたしは、yasuの瞳に魅入る。

「っん?お腹空いた?そろそろ朝ご飯にする?」
「って、あたしが作るんでしょ?」
「あははっ、バレた?」

2人で,ベットから飛び降りて、キッチンに向う。
朝陽が燦々とさしている。窓辺のハーブが揺れている。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment