明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

白線 36

「あたしは、イブにはなれない。あたしは、リリスだから」
女は、美しく美しく笑って、そう言い捨てる。

「類、ドアを開けて頂戴。もうあたしを解放して」
解放?あんたはいつでも自由だった筈。それなのに何故? 俺は、何かを見落としているの?

「なんで?」
そんな陳腐なセリフを俺は吐く。
「ねぇ、昨日のパーティで類が履いていた靴の値段って知ってる?」
なんで、こんな時に靴の値段なんだ?怪訝な表情を浮かべる俺に
「知らないでしょ?ぁあはっ、そう言う事なの」
靴の値段を知らないのが、俺と別れる原因になぜなるの?
「つくし、ふざけないでくれ‥靴の値段と、俺と別れるのと、どういう関係があるかきちんと教えてくれ」
フッと小さく、女は笑う。
「類が履いていた靴ね、無理すればあたしだって手に入れられる。でもね、あたしが買うとしたら一生ものなの。大切に大切に履く靴なの」

朝陽に背を向けて,ニッコリとニッコリと女が笑う。
「だから、もうお終い」
覚悟を決めた女は、美しい。皮肉な程に美しい。
「ここから出さない」
「無理だよ」
そう笑った後に
「それとも、最後の思い出に、セックスに開け狂う?」
大きな瞳で、俺を見つめる。

女の唇が、俺の唇に触れる。両の手が俺を抱き締める。
「あたしを、愛しているなら、お願い‥もう自由にして‥」
あんたを手に入れたかった。俺の全てだから。あんたしか欲しくない。それなのに、愛しているなら自由にしてくれと、あんたは、懇願する。

つくしのスマホが鳴り響く。
「えぇ。勿論解っています。部屋の施錠を解除して下さい」
話し終えたつくしが、俺に向き直り
「最後に、教えてあげるね。あたしは、類坊ちゃんの性欲処理係だったの。もう契約解除なの。だから‥もうお別れ」

荷物を全て持ち、愛する女が部屋を出て行く。



↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

ブログランキング・にほんブログ村へ

♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

11 Comments

asuhana  

てるてるさま

むふっ、大当たり♪
どうやら大丈夫じゃないようです

2016/04/04 (Mon) 22:51 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

ノエノエさま

素敵な言葉で綴って頂いてありがとうございます♡
とっても嬉しいです。
類、そろそろ頑張って貰わねば!

2016/04/04 (Mon) 19:37 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

星香さま

宜しくお願いします♡
お手数お掛けします。
星香さん、いつも素敵な歌を引き合いに出してくれて〜
メッチャ嬉しいです。

2016/04/04 (Mon) 19:35 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

みかんさま

むふっ、まさかのバラし?
だったら嬉しいなぁー

2016/04/04 (Mon) 19:33 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

児玉さま

はじめまして。こんにちは♡
なるたけ、切なくなって頂ければ、凄く嬉しいです。
いくつか、状線になる、物語の欠片が含まれておりますので
想像して頂ければ嬉しいです。
さて、状態が明らかになった事で、膠着状態から一歩脱出といきたいです。

2016/04/04 (Mon) 19:33 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/04 (Mon) 10:26 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/04 (Mon) 09:16 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/04 (Mon) 05:54 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/04 (Mon) 05:05 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

Re

キムさま
つくしは頑ですもんね、
でも、きっと大丈夫大丈夫

2016/04/04 (Mon) 02:16 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/04 (Mon) 00:49 | EDIT | REPLY |   

Add your comment