明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

星に願いをかけるなら 2 類つく 空色様から

使用人頭の幸恵が準備してくれた、モコモコのケットに二人して包まり、
流れる星を待つ。


先程から、一つ二つと流れる星を見付けては笑顔が溢れる彼女を見て、
俺の笑顔も溢れる。


「今日は、寝ちゃったら勿体無いもん。」と、言って煎れてくれた濃い目の珈琲を啜りながら、
ずっと気になっていた事を聞いてみる。


「ねえ、牧野の願い事って、何?」


「え?……ふふ、ひ・み・つ。」


「じゃあ、一般的には、どんな事を願うの?」


何時になく、しつこく食い下がる俺に、
呆れ顔で、「一般的な願い事だからね。」と、前置きをして、
物語を語るように、教えてくれる。



宝くじが、当たります様に…。
美味しいものが、沢山食べられます様に…。
毎日、健康で過ごせます様に…。

素敵な彼が出来ます様に…。



!はっ?何それ!!



「説教、半日ね!!」


「だから、一般的な話しだってばっ!」


「ホントかな?」


「ふふ…、ホント、ホント。」


「じゃあさ。一つだけ、必ず願いが叶うなら。あんたは、何を願う?」


「……必ず?」


「うん。必ず。」


「一つ?」


「うん。一つ。」



……………つづく
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment