明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

はじめてみよう 7

沈黙を破ったのは、ビー玉色した瞳をもった、
ナメクジラ‥いやいや、類。

「へぇー匠、宣誓布告?じゃ、やっぱり付き合ってないって事だね」

クククッと楽し気に笑ったあとに、
掴まれた腕を、グイッと引かれ、抱き締められて、口づけを‥‥されって、って?

「って‥な、な、なに?」

「ククッ、匠とお揃い」

妖しく光る綺麗な瞳‥‥昔、この瞳に恋をした。
いやいや、今はそんな事じゃなくって‥
えっ えっ えっ  

匠が、あたしんの手を掴み、引っ張る。

「つくしさんは、どっちがいいですか?」

えっ、カエルと、ナメクジラ? いやいや、どちらもあたしの興味じゃないよ。と手を振りながら

「あぁーいやーどちらも‥」

って、いうか?あたし‥この二人にキスされた?って事だよね‥
頬が火照る。多分いま、耳まで真っ赤っかだ。

「あ、あ、あの‥ご、ご、ごめん‥あたし帰ってもいいかな?」

両方から、手を掴まれて‥って‥あたし、囚われた宇宙人状態だ。
二人の間に挟まれて、ソファーに腰掛ける。
ゆったり3人がけのそソファーなのに、何故かキツキツ状態になっていて、窒息状態だ。
こんな事なら、匠に頼むんじゃなかった‥やり過ぎだよ。やり過ぎ。
“あっ、もしかして、これもお芝居?そうか、そうか。うんうん。”

「つくしさん、俺マジですから。芝居じゃないですよ」
スマイルキラーここにありの笑顔を投げて来る。

「俺も、牧野に本気だよ?」
ビー玉王子の微笑みだ。思わず見惚れてしまう美しさ。

見惚れてそうになった瞬間、匠から手を引っ張られる。
「つくしさん、帰ろう‥送ってく」

「匠、牧野は俺のだよ」

「いや、つくしさんは俺のもんです」

へっ?はっ? なにをあんた達は話しているの?
あたしは、誰の物にもならないし、誰の物でもない。
二人の視線があたしに注がれる。

「あんた達2人ともバカなワケ?あたしはあんた達とは付き合うつもりも、あんた達の物にもなるつもりは無いよ」

あたしの剣幕に、一瞬たじろいだ2人の手を払い、あたしは立ち上がり

「そういうワケだから、先帰る‥」

脱兎の如く、バーを出て、タクシーに乗込む。

今度の社宅‥匠はまだ知らないけれど、類は知っている。
このまま、自宅に来られたら大変だ‥
しばし悩んで、電話をかける。

RRRRR
「はーい。あれー牧野—どうした?」
「茜さん、飲みに付き合って下さい」
「何かあった?」
「えぇ‥なんせ人身御供ですから‥」
「‥‥OK‥今、アルズで飲んでるからお出で〜待ってるから」

タクシーに揺られて、アルズに向う。
もとはと言えば、茜さんのせいでもあるんだ。
うん。今日は飲んで飲んで、飲みまくるぞーーーーーー

オォーー




ポチっとお願い致します。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

7 Comments

asuhana  

Re

空色さま
類と匠はどのように過ごすんだろう
そうそう着々とで‥目が点状態ですぅ

2016/05/09 (Mon) 15:08 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/08 (Sun) 20:09 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

Re

yukikoさま
そうそう、そうなるんですw
匠‥いまじゃないと思うよ。告白するのです。
残された類と匠‥どうしてたんでしょうね〜
うーーん気になる。

2016/05/08 (Sun) 16:54 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

ノエノエさま

あはっ。嬉しい♪
私は、よく‥泣いたり、笑ったりで。パンダに突っ込まれてます。
見事に不審人物です。w

2016/05/08 (Sun) 16:52 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

まあやさま(拍手返信)

はじめまして♡
コメント大変ありがとうございます。
あっ、全然フォローして下さーい。
って、なんの情報も流してないですが(笑)
asuのおうちの類つくは、つく類で、類の出番は如何せん少ないですが
これからもどうぞお付き合い下さいね。

2016/05/08 (Sun) 16:50 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/08 (Sun) 02:13 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/07 (Sat) 22:22 | EDIT | REPLY |   

Add your comment