明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

はじめてみよう 13

渡しはしない
そんな言葉を残して、類は帰って行った。

一度なりとも、類のものになったつもりは無い。
なのに、渡しはしないと類は言う。

「どんだけ、自信家よ‥世の中の女がみんな自分に首ったけとでも思ってる?」
あたしは、そう嘯(うそぶ)く

あたしは、傷つきたくなくて、自分の心に蓋をした。
そう‥類を好きって気持ちに、蓋をしたんだ。

時折、溢れ出そうになる思いに、蓋をして生きてきた。

進めない‥そんなことは、解ってる。

自由になりたい。この思いから。この切なさから。

何にも囚われずに、自由になりたい。

自由になど、囚われずにいられない程、類が好きなのにも関わらず‥
狡いあたしは、気持ちに蓋をした。

あたしの心から、生々しい思いを捨て去る事に成功したと思ったのに、
意地悪類は、それをこじ開けようとする‥

わかってる‥逃げないで立ち向かえって事ぐらい‥

ねぇ、でも‥類があたしと花沢を天秤にかけて、あたしを捨てたら?
あたしは、きっと立ち直れない‥

あたしは、弱い‥ 愛する人に、好きと言えない程に。

それなのに、愛するあんたに、愛し続けて欲しいと思ってる。
逃げ続けるのは、類に愛し続けて欲しいから。
あたしに囚われ続けて欲しいから。

あたしは、狡い‥ 
傷つく勇気も無い癖に。傷つけている。嘘の刃で類を傷つけている。

流されてみよう‥そう決心した筈だったのに‥
「はぁっー、なんだか変な方向に流されちゃった‥」


あっ、そうだ‥茜さんに電話しとかなきゃ‥
スマホを手に取った瞬間‥ベルが鳴る。

ディスプレイには、茜さんの名前。
っん?すごい偶然。

以心伝心? あらあら凄い‥
こんな風に思ったあたしは馬鹿だった。

スマホをタップする。

牧野!

うわっ、第一声から怒ってる

要約すると、類から連絡があったと‥
北村専務と牧野さんは、どうなってるのか?と。

えっ、でも‥そ、そ、そんなプライベートな事

プライベートって、あんたとキタはなんも関係ないでしょ

はぁ、まぁそうなんですけどね‥ 
取りあえずHANA に来いと言われて、スマホが切れる。

「はぁっー」
ため息ついて、支度をする。

マンションのロビーを出ると、HANAの運転手さんが待っている。 
「牧野様、こちらでございます」

「あのぉ、いつから?で、な、なぜ?」

「はい。10分程前に‥ 花沢社長よりのご命令でございます」

「あぁ、はぁっ」
何とも気の抜けた返事を返して、車に乗り込んだ。

車に揺られて、あたしは考える‥
なんで、茜社長にクレーム?って‥‥
それって、ちょっとおかしくない?って‥

色々考えてたら、なんか身体の中から、カッカッカッと怒りが湧いてくる。
そう、どう考えたって変だよ。変。

だってそうだよね?
あたしとキタさんが付き合ってたところで、類に文句言われる筋合いないよね。

まぁ、嘘だけど‥


だってそうだよね?うん。そうだ。そうだ。

まぁ、嘘ついてるけど‥

いやいやこの際、嘘だなんだは関係ない。うん。関係ない。
問題は、権力を傘に着て文句を言う類だ。

うん。類だ。





ポチっとお願い致します。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

asuhana  

Re

yukikoさま
大丈夫、今回は類がグイグイだからww
うふふっw やり込めるつもりが‥w

2016/05/18 (Wed) 06:43 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

ノエノエさま

むふっ、今回の類は負けちゃいない。
ぐいぐい行きますよぉー
もうね、つくしの嘘なんて、へへへんなんです(きっと)

2016/05/18 (Wed) 06:41 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

Re

空さま
うふふっ、素敵な最終おつかれさまでした♪
って、どっちもどっち?
うふふっ、今回は類いくよぉーーー

2016/05/18 (Wed) 06:40 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/18 (Wed) 02:26 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/17 (Tue) 23:35 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/17 (Tue) 22:24 | EDIT | REPLY |   

Add your comment