明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

シーソーゲーム 11

「ただいまーーー」
元気いっぱい帰ったあたしを待ち受けていたのは‥

角の生えた千恵子と‥

「お前大丈夫か?」
心配顔のクルクル道明寺‥


はぁっーーーー
あんたの顔見るまでは‥超元気でした。えぇ元気でした。

はぁっーーーー
なんで、来るかなぁー

あんた‥まさしく、間が悪い男だね‥


千恵子の目があたしを責めている‥


「ご、ご、ご、ごめんなさい‥」


根掘り葉掘り聞かれて‥
飛び乗った電車で、ついついうたた寝して‥ついたのが海で

お弁当もある。天気もいい。
だから、海を見てお昼寝してきたと説明した。
まぁ、間違いじゃない。
ただそれに、夏みかんと、お漬け物、徳ちゃん夫婦が追加されただけだもんね

徳ちゃんの事をナイショにしたのは、
ひったくり犯を撃退したって‥千恵子にバレるのが面倒だった。
ただ、それだけだったんだ。


「お前、電車乗り過ごして‥で、また昼寝って?すげぇ寝んのな‥」

そりゃそうだ! 昼寝こそ我が人生だ。
昼寝なくして、なにが楽しいだかだ。

あのウツラウツラしながら、眠りに落ちる瞬間‥
うーーん、幸せの瞬間だ


「‥牧野と類‥どっちが寝んだろうな?うーーん‥」

類?‥花沢類? ビー玉ん? あぁ‥静ちゃんのワンコね‥
そんな風に思った。
  ズキンッ
胸が痛くなる‥ 
えっ、なんで胸が痛むの? 
この胸の痛みの意味を考えようと思った瞬間‥

「うん。お前すげぇな‥マジすげぇわ‥回し蹴りに、昼寝‥並大抵の女じゃねぇわ」

そりゃそうよ、あたしを誰だと思ってるの! 
エヘッン‥如月つくし なんだから‥

ハッ 顔を上げたら
眉間に皺を寄せて、鬼の形相になっている千恵子と目が合った‥

ウーーン‥ 道明寺あんた、あんた、やっぱり間が悪い男だわ‥

差し入れだと言って置いて行った、スウィーツ各種‥流石メープルで、美味だった。

だけど‥
「お嬢様、あなた様は‥もう嘆かわしい‥仮にも‥」
千恵子のクドクドお説教には、何度眠りそうになった事だろうか‥

でもさぁ〜千恵子、あたし騙されたんだよ。千恵子の一押しの若と、ビー玉んに。
あたしが勢い込んで訴えたら‥

「普通に考えて下さいまし。どこの世界に回し蹴りで、落ちる殿方がいますか」
火に油を注いでしまった‥
うん。あたしもやった後に、そう思ったよ。
うん。思った‥ 

でもね、千恵子‥それがあたしだよ。

「お嬢様、それがあたしとか開き直らないで下さいましね」
ピシャリッ

流石‥千恵子
「アハハハッハ‥お爺様には?」
怖ず怖ずと聞けば
「内緒にしておきますよ。もう本当に‥もう少し‥」
クドクドクドクド話し始める‥

耳に心地よいわけないのに‥千恵子の小言に船を漕ぐ

「お嬢様!」

千恵子の叱責の声が、夢の中で聞こえた。

あははっ
寝る子は、育つんだ。 許せ千恵子‥





↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ







♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥
関連記事
スポンサーサイト

5 Comments

asuhana  

りりさま’(拍手返信)

ありがとうございまーす
そうそう、バレたらイケナイ。イケナイ。

2016/05/29 (Sun) 22:48 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

yukikoさま

千恵子の血管、ぶち切れたら、つくしのせいだよねww
私も本日、怒ってばかりなりぃーーーww

2016/05/29 (Sun) 22:03 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

ノエノエさま

娘ちゃん 偉い! 
ちゃんとお話聞いて。
うん、立派です。

2016/05/29 (Sun) 22:01 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/29 (Sun) 03:01 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/28 (Sat) 22:16 | EDIT | REPLY |   

Add your comment