明日咲く花

花より男子の2次小説になります。

バカバカばぁか…アイシテル 前編 司つく

あたしはいまモーレツに怒っている。

誰にって? そりゃー道明寺に
何をって? そりゃー用もなく呼び出してくる事に

今日…用もないのに呼び出された回数 7回。
ラッキーセブンだ。
って、ちっともラッキーじゃありゃしない。
ハハッ新記録達成だよ。
新記録。

その度に、秘書課のお綺麗方から睨まれて…
帰る時には
「あらぁー牧野さんって、秘書課でしたっけ?それとも海外事業部って秘書課になったのかしら?」
なんて、嫌味を言われ…

道明寺に文句を言えば、業務に必要だ。なんて偉そうに説教垂れてくる。

西田さんに助けを求めれば、そっと目を逸らされる。
どうやらあたしは馬にニンジン。ならぬバカにニンジンで使われてるらしく…
ノルマが達成される度に、呼び出してもOKなシステムになってるらしい。

確かに、あたしは道明寺HDの社員だ。そりゃー間違いない。専務の命令なんてのは絶対なのも間違いないだろう。

だけどだ、なんで、海外事業部のあたしが、専務秘書を差し置いて、あんたのコーヒーを煎れなきゃいけない?
あん? 文句を言えば、
「美味いコーヒー飲めば士気があがって、交渉も上手くいく」
なんて言いながら 悠然と笑っている。

しかも道明寺の癖に、美味いと上手くいく を合わせて 韻を踏みやがる。
バカがバカいってんじゃないっつーの。

はぁっーーー 
あいつ一体いつ仕事してるんだろうか?
1時間に一度呼び出すなんて…狂ってる。
ところがどっこい、すこぶる順調に仕事をこなしてるらしい。
バカにニンジンはとてつもなく威力を発揮するらしい。

西田さんが
「海外事業部から専務付の秘書になりませんか?」
なんて、怖い事を真顔で聞いてくる。
いやいやこのままいくと、秘書課に辞令が出そうな勢いだ。
秘書課の綺麗方の皆さんの顔を浮かべ、それだけは勘弁とばかりに首を振る。

今度呼ばれたら、道明寺に、絶対に絶対に、文句を言ってやる。 ヨシッ!!


その前に仕事、仕事…あいつに呼び出され遅れた仕事を片付けなければ
っと、その前に~お三時の腹ごしらえ。 
むふっ 美味しいぃーーー 
専務室に届いていた高級洋菓子セット♪ 海外事業部用にせしめてきたのだ。
まぁ、このぐらいの役得がなきゃね。

「つくし~コレ美味しいぃ♪GJだよ。」 同期のエリカと、由香里先輩からお褒めの言葉。
親指を突き出して二カッと笑ってみた。

さてさて、張り切って、仕事仕事っと♪ 

ふぅっーーー 疲れた。朝からの遅れを取り戻すためにノンストップで頑張ちゃったよ。あたし。
時計を見るとあと5分で帰宅時間だ。

この仕事が終われば、目下の所急ぐ仕事も無かった筈。

むふっ♪ 道明寺は、既に社内には居ない筈。ではでは羽根を伸ばすとしましょうか♡
「エリカーーー昨日言ってた、イタリアンあたしも行くぅ〜」
「OK!!あっ、でも吉井なんかも来る事になったけど大丈夫?」
一瞬、ちょっと不味い?なんて頭をよぎったけど、まぁ道明寺が行くようなお店でもないし、今日は朝から嫌な思いをして鬱憤をはらしたかったので‥…気にしない事にした。

「大丈夫。大丈夫。」

あたしはこの後、自分の安易な行動に死ぬ程後悔する事になる。


*****

イタリアンのお店は小洒落た感じの可愛いお店。
女子の気持ちをいい感じに刺激して、テンションが上がる。
いやーん可愛い♪ 今度優紀を誘って来ようっと。
暢気な自分に、今のあたしは、こそっと教えてあげたいよ。
あんた、帰った方が身の為だよって‥…

「牧野も一緒なんて珍しいんでないの?」
おどけながら、吉井が言ってくる。
そりゃーそうだ。異常に嫉妬深い道明寺は、
孔子の教え
男女七歳にして席を同じうせず をあたしに課してくる。
ついこないだ迄、孔子を子牛
君子を きみこ と勘違いしてたバカ男がだ。

ったく、いい迷惑だったらありゃしない。
だったら、あんたも実行してあたしを呼び出すなっつーの。

「あははっ、そうかな?」
「まぁまぁ 今日は飲んで飲んで〜」

あたしは自慢じゃないが滅法お酒に弱い。
これは自分でも知っている。
だけど、お酒は嫌いじゃないから始末が悪い‥…
何度か失敗してから、道明寺と約束させられたのが、
一緒の時でなければ飲んではいけない。って事。

約束を破ったら、然るべきペナルティが課せられるって事。


この時のあたしは、昼間の鬱憤やら、明日休みだー、道明寺がこんな所に来るわけないなんて言う開放感もあって、調子に乗ってしまったのだ。
ついつい禁断の実をいいや、禁断のワインに口を付けてしまったのだ。
一杯のんだら、ちょうど良く気分が良くなって来た。

ココで止めといて電車に乗って真っ直ぐに家に帰れば良かったんだ。
あぁーーー今のあたしだったら間違いなくそうする。
でも、あたしはバカだったんだ。バカの事バカっていえない位バカだったんだ。

「2次会行く人〜」の誘いに、ついつい気が大きくなってたあたしは手を挙げていたんだ。
はぁーっ 後悔先に立たず?いいや、後の祭り の状態だ。

タクシーに分乗して向かった先が悪かった。
まさかまさか2次会の場所がメープルだなんて誰が想像する?

はぁーっ吉井何考えてんだよ。
って、海外事業部の今年度の売上げがよくて、皆の憧れメープルのバーのチケットが支給されてたらしい。

何故?場所を先に聞かなかったんだろうか? 
どう考えても気が大きくなってたんだよねあたし。

Barに入る。ここの夜景は息を呑む美しさだ。
だけど今のあたしにはそれを楽しむ余裕はない。
マネジャーと一瞬目が合い、挨拶されそうになる。
慌てて素知らぬ振りをする。向こうも察してくれたのか深追いはしてこない。流石メープルだ。

頭の中で、今日の道明寺の予定を思い出していた。
確か、料亭 なかいで会食が入ってたよね?
8時からだった筈だし、さっきのマネジャーの対応からしたら、ここにはいない。これは確かだろう。
だったら、皆に変に思われないようにノンアルコールのカクテルを1杯だけ飲んで店を後にしよう。

今、9時半だから、あいつがメープルに来る事があったとしても、間違いなくあと30分は、安全圏内だろう。
そうあたしは算段したのだ。
この算段がそもそも間違っていたのだけど。
変に思われても、メープルに着いた時点で帰れば良かったんだよね。
はぁっーーー

皆で乾杯をする。
有ろう事かあたしは、ノンアルコールじゃなくて、
アルコールの入ったカクテルをもう一杯飲んでしまった。
気が付けあたし。そりゃーヤバいって。

一杯ならどうだか解んないけど、でもきっとまだ許された筈だ。
だけど、2杯目は固く固く禁じられてた筈。それを破ってしまったのだ。

約束は守るもんだって、小さい頃から教えられてきた筈なのにも関わらず
道明寺との約束を破ってしまったのだ。

2杯のアルコールを飲んだあたしは、もの凄ーく気分が良くなった。
浮かれ気分で、もう一杯飲んでしまった。はぁーーー
で、気が付けば、5杯目のグラスを重ねてた。
どう考えても飲み過ぎだ。2杯目を禁じられてるあたしが5杯だもんね。
そりゃー道明寺が彼氏じゃなくても、怒るだろう。
あたしが彼氏だとしても怒るな。うん。

いい気分になってたあたしは、もう一つ重要なミスをしていた。
バックの中のスマホの存在。後から見たら無数の着歴。
いやいや、もう一つ‥あたしのスマホにはGPSが付いてたって事を忘れてたのだ。

あいつは、繋がらない電話に嫌気がさしてGPSであたしを捜したのだ。
で、メープルに居るのが判明した。
メープルに居るのが解ればあとは容易い事だ。
あっという間に、あたしの消息なんて知れる‥…

で、コメカミをピク付かせながら、眉間に皺をよせてる男が出来上がってるのだ。
そして、突然の専務来訪に蜘蛛の子散らすように帰って行った皆‥…取り残されたあたし。

非常にご機嫌斜めな道明寺に腕を掴まれ、いつものスウィートに連れ込まれる。
「お前、解ってんだろうな?」
こんな言葉と共に‥…

はい充分に解っております。
でも‥…解りたくありません。

はぁっーー


☆バカバカばぁか‥アイシテル 後編は 28日6時にUP予定。

↓ランキングのご協力よろしくお願い致します♥

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 


♥ありがとうございます。とっても嬉しいです♥

関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

asuhana  

Re: タイトルなし

あ*ままさま

コメントありがとうございます♡ とっても嬉しいです
甘く書くはずだった司つく…甘さからちょっぴり遠のいてしまいましたが、後編お待ち頂けるとは嬉しいです(#^.^#)

つくしちゃん もうアウトでしょ(爆)

2015/11/27 (Fri) 07:37 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/26 (Thu) 21:19 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

Re: 駄目だよ〜

心愛さま
王子と違って、策士にはなれないからねー
でも、お仕置きよりも怖い‥‥ ペナルティーが うふふっ

2015/11/26 (Thu) 13:45 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/26 (Thu) 08:21 | EDIT | REPLY |   

asuhana  

Re: おはようございます

凛*さま
おはようございます(#^.^#)

はいっ やっちゃいました。
凛*さんは、お酒お強いんですね~ 
私も学生時代はそこそこ飲めたのですが、日常的に飲まなくなったらとーんと弱くなって、
1杯でもうほろ酔い気分です。安上がりですよーーー 可愛くはないですが(爆)

そうそう、今回はお仕置きじゃーありません(笑)
うふふっお楽しみに~

2015/11/26 (Thu) 07:29 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/26 (Thu) 07:17 | EDIT | REPLY |   

Add your comment